サイト内検索

詳細検索

送料無料

小説&文庫&ラノベポイント2倍(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 日本経済「余命3年」 〈徹底討論〉財政危機をどう乗り越えるか
日本経済「余命3年」 〈徹底討論〉財政危機をどう乗り越えるか

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.12
  • 出版社: PHP研究所
  • サイズ:19cm/219p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-569-79291-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

日本経済「余命3年」 〈徹底討論〉財政危機をどう乗り越えるか

著者 竹中 平蔵 (著),池田 信夫 (著),鈴木 亘 (著),土居 丈朗 (著)

「国家破綻」に至るシナリオ、税と世代間の負担をどうするか、社会保障をどうすべきかなど、財政学と社会保障の専門家を招いて日本経済の中での財政のあり方を論じた座談会の記録。【...

もっと見る

日本経済「余命3年」 〈徹底討論〉財政危機をどう乗り越えるか

1,404(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

日本経済「余命3年」

1,101(税込)

日本経済「余命3年」

ポイント :10pt / 紙の本より303おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「国家破綻」に至るシナリオ、税と世代間の負担をどうするか、社会保障をどうすべきかなど、財政学と社会保障の専門家を招いて日本経済の中での財政のあり方を論じた座談会の記録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

竹中 平蔵

略歴
〈竹中平蔵〉1951年和歌山県生まれ。慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所所長・大学院メディアデザイン研究科教授。
〈池田信夫〉1953年京都府生まれ。上武大学経営情報学部教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2011/06/19 02:05

投稿元:ブクログ

竹中平蔵, 池田信夫, 土居丈朗(財政), 鈴木亘(社会保障)という経済問題で気が合う面々の座談会を書籍化したもの。こういう固めのテーマは書き下ろしの方がよい。意見の相違がないのだから、ますますそう思う。

議論のテーマは、日本の財政問題、社会保障、労働市場、など。語られていることは大枠で正しいように思う。震災前に出版された本だが、この上さらに震災によるマイナスを乗り越えて世界の中心に日本が躍り出ることは不可能ではないかと思えてくる。
とにかく小泉・竹中の改革を何の検証もなく悪政のように語らせてはいけない。政治的にその方が受けると認識している政治家も多くいるようではあるが。

それにしても最近のドタバタを見ても議会制民主主義はもう機能しないのかもしれないと思う。特に日本では。著者らは真の政治主導をと言うが、果たして可能性が少しでもあるものなのだろうか。「民主政治は最悪の政治形態だ。これまでの他のあらゆる政治形態を除けば」というチャーチルの言葉が分かるような気がする。事態に対して投げやりなわけではないのだが。

2011/01/21 00:55

投稿元:ブクログ

経済の視点からの政治批判。
なんでそうなっちゃうの?と思ってたことが普通の感覚でも理解しやすくて読みやすかったです。

2010/12/31 16:50

投稿元:ブクログ

(2010/12/26読了)対談で面白くなることもあるが、やはり著者それぞれの本を読んだほうが首尾一貫していて良いなあと感じた。 それぞれ専門分野をお持ちの先生方なので、この本で興味を持ったらそれぞれの著書を読むべし、ってことかな。『いまの民主党政権のやり方は尊王攘夷運動』(P205)そのうち立ち行かなくなって開国せざるを得なくなるとして、それって何年後なんだろう。あのくらいどっかーんと社会が変わるのねーすごい節目に立ち会えそう?!

2011/12/28 12:52

投稿元:ブクログ

徹底討論と銘打っているものの、それぞれ意見がぶつかり合うようなことはなく、ほぼみんなが同じような改革を望んでいる。
経済学者からすれば当たり前の事ができずに陥るべくして陥ってしまったというのが現状らしい。
なぜ当たり前のことができないのか、
人口1億以上もの大国で権力の集中を嫌う空気の中、純粋に民主的な方法で多くの改革を進めるのは無理なんだろう。

2011/05/31 16:54

投稿元:ブクログ

民主党政権を含め、日本経済の5つの問題について、4人の経済学者が議論している作品。標準的な経済政策のパッケージとして読んでおく必要のある本。ただし、経済政策の主流派についてブレが起きつつあることを勘案する必要がある。

2011/01/03 13:47

投稿元:ブクログ

テレビを見なくなって経済・財政・政策の専門書をガンガン読むようになってからは、竹中さんが言ってることは経済学的にはかなりまっとうなんだって思えるようになった。

小泉・竹中改革の害悪とかいっていつもテレビで垂れ流していれば洗脳されちゃう。テレビの害悪ってほんとひどいなって思う。

池田信夫さんとかもすごく勢いのある経済学者で、これからの日本を変革できる逸材であるとすごく期待している。榊原さんとの共著である「! 絶対こうなる!日本経済」に続きいい本だった。

2011/08/19 17:08

投稿元:ブクログ

池田信夫氏が司会を務め、竹中平蔵氏などが日本経済について語る。
世代間格差や社会保障、成長戦略や政争の内情など、興味深い内容を分かりやすく書かれている。

2010年の本なので震災の影響は反映されていないが、経済を様々な角度から眺めてみたい時にオススメ。

2010/12/26 15:59

投稿元:ブクログ

最短で日本の余命はあと3年か。
確かに個人資産の総額に国債発行額が近付いていることから、そんな感じはしてた。

粛々と準備をしておかないと。

そうならないことがもちろん良いのだけれど、
そうなってしまったときにでも大丈夫なように。

---気になった言葉---
子ども手当(年間5.6兆円)を諦めれば、現在、実効税率40%の法人税を、香港並みの17%にすることが数字上可能です。(P77)
「圧力団体は一つで頑張ると資源配分によくないことが起こるが、利権グループ同士を競わせると、よい均衡に到達できる」(P196)
社会や国家は、「幸せ」という概念について立ち入らないほうがいいと思うのです。(中略)国民の幸せまで追求すると、先ほどのコレクティビズム(集産主義)になってしまいます。(P215)

2013/03/03 04:40

投稿元:ブクログ

池田さん、鈴木さん、土居さん、竹中さんと好きな経済学者が勢ぞろいしてたので読んでみた。それぞれ専門分野が違うのでおもしろい。
竹中さんの"規制仕分け"のアイディアは本書で知った。
「この規制はホントに必要なんですか!?」みたくやっていくモノらしい。

2013/08/28 04:40

投稿元:ブクログ

2/14からの確変フィーバーが終わった後
自分の資産についての今後の扱いを
どうしようかを考えています。

<前書き>

9月17日に日本銀行が発表した統計によると、6月末の段階での国と地方の債務残高が1035兆円と、初めて民間企業の債務残高を上回りました。これは政府予算が膨張する一方、民間の経済活動が停滞し、債務が減ったためです。政府債務はGDP(国内総生産)の2倍を超えるという先進国では最悪の水準に達しましたが、2011年度予算の概算要求も96.7兆円と昨年より膨張し、財政再建のめどは立ちません。



私が就職する以前から「日本は破綻する」 「ハイパーインフレがやってくる」と
ずっと言われてきました。

しかし、世の中にはリフレ派という経済学者達がいます。
彼らは日本の債務残高がさらに大きくなったとしても、財政危機にはならないと主張しています。
実際にこの20年間は日本には財政危機は来なかった。


<引用>
欧州ではギリシャを初めとして各国で財政危機が表面化し、日本でも同様の事態が起こるのではないかと憂慮する声が強まっています。しかし債券市場では長期金利が1%を切る水準まで低下し、外為市場では円が買われて15年ぶりの高値をつけるなど、市場は財政リスクをあまり意識していないようにみえます。
 
このように潜在的なリスクの高い債券が高い価格(低金利)で取引される現象は、2000年代前半の欧米にもみられた現象で、一種のバブルになっている可能性があります。しかしバブルのむずかしいところは、その最中には誰もが正しい価格だと信じて取引していることです。特に日本国債のドル建て価格は、ここ20年近く上がり続けており、これがバブルだとすると、史上最長のバブルだということになります。このため「財政危機論は狼少年だ」と嘲笑する向きもあります。
 
政府・与党の中にも、楽観論があります。亀井静香・前財政金融担当相は「財政危機はフィクションだ」と公言し、「政府の借金は税金を取ればいくらでも返せるんだから、財政危機はありえない。不況のときは財政赤字を恐れずに公共事業を増やせ」と主張しました。税制調査会の専門家委員長である神野直彦氏は「政府債務を元利すべて返す必要はない。政府債務は借り換えられるのだから、ずっと借り続ければよい」と主張し、社会保障支出の増額を主張しています。



でもね~ いよいよ来ると思うんですよ。
私は自分を「遅めのアーリーアダプター」 「早めのアーリーマジョリティ」だと思っています。

<引用>
なお書名に「余命3年」と入れたのは、61ページで竹中氏が「全治3年」という楽観論に対する皮肉としておっしゃったものです。これは、あと3年で日本経済が絶命するという意味ではなく、今のような奇妙に安定した状態はあと三年ぐらいしか続かず、それまでに何もしないと、それ以降はどういう不測の事態が起こるかわからないという意味です。


私のアンテナが最近ピリピリと反応しているのです。
資産だけでもひとまず��本から逃げるのだと。                 

   ・・・  やはりスイス銀行だな