詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 文庫
  4. はじめての愛を知るとき

はじめての愛を知るとき(二見文庫)

  • 発行年月:2011.2
  • 出版社:二見書房
  • レーベル:二見文庫
  • サイズ:15cm/493p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-576-11004-2

文庫

  • 国内送料無料

はじめての愛を知るとき (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

ジェニファー・アシュリー (著), 村山 美雪 (訳)

紙書籍

967 ポイント:8pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

1881年、ロンドン。歌劇場でベスはいきなり見知らぬ男から求婚される。莫大な遺産を相続し、先立って婚約したばかりだというのに—。男の正体は公爵家の四男イアン・マッケンジー...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

1881年、ロンドン。歌劇場でベスはいきなり見知らぬ男から求婚される。莫大な遺産を相続し、先立って婚約したばかりだというのに—。男の正体は公爵家の四男イアン・マッケンジー。逞しい容姿と天才的な頭脳をもちながら、感情をうまく表現できないゆえに変わり者といわれていた。婚約を破棄したベスはパリへ傷心の旅に出るが、そこでイアンと再会し、ふたりは急速に近づいていく。ところが、イアンに殺人の容疑がかけられていることを知り、ベスは真相の究明にのりだすことに…。【「BOOK」データベースの商品解説】

【『ロマンティック・タイムズ』誌書評家賞(2009年度)】【「TRC MARC」の商品解説】

ユーザーレビュー

全体の評価 4.7
4.7
評価内訳 全て(3件)
★★★★★(3件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

お嬢様育ちでないヒロインだからこそ良い!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2012/07/16 12:09

評価5 投稿者:田舎娘 - この投稿者のレビュー一覧を見る

自閉症?(多分)で、施設で成長したヒーローのイアン。一度見た事は決して忘れる事のない天才。そして、誰にも理解されず自分も人を愛する事がない(と思っている)。かたやヒロインは、貧民街で育ち苦労しながら生きてきてたまたま相続人となり裕福になったベス。娼婦だろうが公爵だろうが区別無くつきあうことのできる優しい女性。甘いも粋も知っているベスだからイアンの変わったところもすべて理解し包み込む事が出来る。障害を持つヒーローを救うヒロインに(風に舞う花びら)があったが、こちらの方が片意地でなくいい。とても優しい気持ちになるいい作品だと思う。続編が出るのならぜひ読みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価5 投稿元:ブクログ

2011/07/02 23:33

〈マッケンジー四部作 1〉遺産相続人のヒロイン。キルモーガン公爵家の四男ヒーロー。彼は嘘をつけない。天才だが感情というものをもたない。明の器を集めている。彼の言葉が素直すぎて時々大丈夫か? と思いながらもヒロインが彼を愛するようになっていく過程を楽しんだ。彼は純粋で痛みを知っている人なのだが その痛みすら彼にとっては意味を成さないことに悲しくなった。ヒーローを追う警部から 彼を守ろうとする兄達3人も変わり者だが兄弟愛は偉大だ。長男との関係は異質なものが含まれて後半は本当に悲しい展開になって・・・。ヒロインも優しくて愛情深い人。四兄弟とある人物との繋がりには驚かされたなぁ。

評価5 投稿元:ブクログ

2011/02/10 12:37

人にお勧めしたい本です。アメリカのロマンスサイトで各賞を総なめにするのもわかります。苦悩するヒーロー賞ももっともですが、次点に入ったというベストヒロイン賞にも拍手です。
べスは自分でも『世なれた女性』と言ってますが、辛い過去や現実を見ても人の明るい面を見るやさしくて強いヒロインです。
殺人事件の解決を縦糸に、個性豊かな登場人物(自作に期待)とロマンス、読後感のいい作品です。ぜひ、読んでください。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.