サイト内検索

詳細検索

送料無料

経済・ビジネス・コンピュータ ポイント2倍(~7/31)

潜入捜査(実業之日本社文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.2
  • 出版社: 実業之日本社
  • レーベル: 実業之日本社文庫
  • サイズ:16cm/332p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-408-55026-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

潜入捜査 (実業之日本社文庫 潜入捜査)

著者 今野 敏 (著)

非情な手段でヤクザを叩きのめす、マル暴刑事・佐伯涼は突如、警視庁から異動を告げられる。拳銃も手帳も取り上げられた佐伯の行先は「環境犯罪研究所」。所長の内村は、産廃不法投棄...

もっと見る

潜入捜査 (実業之日本社文庫 潜入捜査)

648(税込)

潜入捜査

518(税込)

潜入捜査

ポイント :4pt / 紙の本より130おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

非情な手段でヤクザを叩きのめす、マル暴刑事・佐伯涼は突如、警視庁から異動を告げられる。拳銃も手帳も取り上げられた佐伯の行先は「環境犯罪研究所」。所長の内村は、産廃不法投棄に暴力団が関わる事例を説明、佐伯の力を必要とする。佐伯家の祖先に始まり、佐伯自身も身につけている武術「佐伯流活法」を生かし、暴力団が支配する運送会社への潜入が命じられた—。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価3.3

評価内訳

2011/03/24 02:46

投稿元:ブクログ

アウトローヒーローもの、多分ハードボイルド?
1991年の作品だそうで。なるほど。かなり色々ツッコミどころはあるが、アクションヒーローものとしては楽しく読めた。

キャラ立ちもはっきりしている。設定は厨二。
でもそこがいいとおもう。
ファンタジー小説を読む感覚でどうぞ(富士見ファンタジー文庫くらいのかんじで

2011/02/10 22:21

投稿元:ブクログ

2011/2/10 Amazonより届く
2012/1/19〜1/20
マル暴担当刑事の佐伯凉は、突然「環境犯罪研究所」に出向を命ぜられる。暴力団相手に無茶をしていた佐伯に対し、暴力団側は復讐を狙う。それを返り撃ちにしながら、研究所の職務を遂行する佐伯。その仕事も暴力団がからむものであった。
 今野氏の初期作品の文庫化。初期作品によく見られる設定の暴力、武道、伝奇に加えて、警察小説の要素も見られ、今野氏の転機ともなった作品。
 相変わらず主人公の佐伯は格好良すぎるし、白石景子、ミツコら美女も登場して楽しませてくれる。続編も楽しみである。

2012/12/09 19:25

投稿元:ブクログ

佐伯涼が出向先で暴力団相手に自分の武道で立ち向かう。
強いとはこういうことかと思う。
シリーズ物・

2014/08/09 06:41

投稿元:ブクログ

勢いのある小説
途中から主人公が特殊技能を持つ設定が出て
単純乱暴刑事がヤクザをボッコボコにする
作品という印象がガラリと変わる!

2013/03/10 16:46

投稿元:ブクログ

 クール&ハードボイルドな刑事小説のつもりで読み始めたら、少年漫画だった……(いや小説なんだけど)。真面目な刑事ものとして読もうとすると、突っ込みどころ満載というか、「おいおいおい……」という気持ちになってかなりアレのだけれど、途中で頭を切り替えて少年漫画を読むノリで読むと、けっこう面白かったです。ライトノベルではなく、少年漫画。それも最近のじゃなくて、二十年くらい前のやつ。「気を込めることで、突きの威力は数倍から十倍になるといわれている。」とか出てきて、なんていうか、ものすごく懐かしい気持ちに……。
 それにしても、たしかこの方はものすごく多作な作家さんではなかったかと思うのに、それにしては文章がなんだかちょっと……?(大失礼)とか思っていたのだけれど、あとがきを読んでみれば、かなり初期の作品のようです。しかももともとは伝奇アクションとして発行されたということ。諸々納得。
 そういう事情を思えば、この一本だけを読んで判断するのはアンフェアかなという気がするので、そのうち後年の作品をひとつふたつ読んでみようかなと考え中。

2014/07/08 10:53

投稿元:ブクログ

マル暴刑事の佐伯が主人公の軽快サスペンス。テレビの刑事ドラマシリーズ物の第1話、という印象。古来から伝わる体術を身につけた佐伯は、暴力団との戦いではレベル100の安心してみてられる男。でも、微妙にヌケてるところがあったり(苦笑)。

じっくり読む警察小説ではなく、うん、人気テレビシリーズ的な感じ。レギュラー出演者の謎があまり解明されないままおわったなーと思ったら、以降、シリーズ物としてたくさん刊行されているらしい。

暴力の描写がちょっとグロいのでどうしようかな…と思ったけど、なんか、ノリで続きも読んでみよう。

2011/11/10 20:22

投稿元:ブクログ

ヤクザと戦う公務員のお話.

時代もあるのだろうが,設定やら何やら結構ひっかかりが多い.
その割には最後まで読んでいけた.

アクション小説として読むのが一番.

2014/04/16 22:04

投稿元:ブクログ

パッケージはすごく現代的だけど、一昔前の作品。何考えてるのかわからん短絡的な暴力とやたらと詳しい古武術描写が癖のある小説にしちゃってる。けど、なんというかハイペースで勢いはすごく感じた。

2011/09/03 11:58

投稿元:ブクログ

習作だよ,やっぱり。

まあヤクザを殲滅するためにはこれくらいの警官がいないとダメだろうけど。設定がむちゃくちゃだ。

でもまあ楽しめるからいいか。

2013/08/22 22:11

投稿元:ブクログ

佐伯デビューを観る

 テンポがいいからあっと言う間に読める。今月は読書量が少ないからうれしい。小遣いかせぎの感覚。

 荒さが残る作品だけれど、シンプルでわかりやすいからいいかな。シリーズ読んでみようっと。

2012/09/29 22:04

投稿元:ブクログ

1991年に発表されたもの。
状況に古さを感じるが、ストーリーは弾けてる!
本のタイトル通り、おとり捜査に従事する刑事が主人公。

続きのシリーズも読んでみたくなった。

2012/07/19 17:40

投稿元:ブクログ

今野敏の初期作。
警察小説というよりは、どちらかというと活劇もの。

突飛な設定に面喰らったが、慣れてくると読みやすくなり、後半は割りとのめり込めた。

“拳法”、好きなのね、今野さん……。
それと、車もね。

リアリティは無いが、エンタテイメントとしては十分に楽しめた。続編も読むつもり。

白石さんが魅力的(^-^)v。

★4つ、7ポイント半。

2012.07.19.了。

2013/10/29 15:11

投稿元:ブクログ

#読了。捜査4課の刑事である佐伯は、相手がやぐさとなると、非合法な手段を用いても叩きのめす。やり過ぎのレッテルを張られた佐伯は、環境犯罪研究所に出向へ。そこで担当するのは、やくざが産廃不法投棄にからむ事件。そこでも佐伯は。。。

2012/02/08 13:08

投稿元:ブクログ

会社の帰りに読むものがなかったので、近くの部下がもってた本書を借りて帰った。さすがに時代を感じますね。携帯電話のくだりとか。解説にもある通り、作者が警察小説を本格的に書き始める前に
版元から伝奇アクションを要望されて書いたもの。初刊時のタイトルが「聖王獣拳伝」ですもの。しかし、読みなれた感じのストーリー、結構今後に引きずる設定、突っ込みところも沢山あるが、面白く読めました。大藪晴彦とか好きならこれもいける。「隠蔽捜査」から今野敏を知った人は違和感あるかも、ですが。

2012/02/07 22:53

投稿元:ブクログ

うーん、かるーく読めたけど…なんか物足りない感じです。

続編も購入してるんですが、だんだん面白くなってくるのかなー?

色々と謎を残したまま終りましたが、どーなんだろ?

今後に期待ですね