サイト内検索

詳細検索

送料無料

カレンダーポイント5倍キャンペーン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 誰が小沢一郎を殺すのか? 画策者なき陰謀
誰が小沢一郎を殺すのか? 画策者なき陰謀

立ち読みする

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 28件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.3
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:19cm/198p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-885089-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

誰が小沢一郎を殺すのか? 画策者なき陰謀

著者 カレル・ヴァン・ウォルフレン (著),井上 実 (訳)

「反小沢キャンペーン」の騒乱に、この国を支配する「非公式権力」を今こそ見抜け−。日本取材30年のオランダ人ジャーナリストが、異分子を「抹殺」する検察、メディア、日本という...

もっと見る

誰が小沢一郎を殺すのか? 画策者なき陰謀

1,728(税込)

誰が小沢一郎を殺すのか? 画策者なき陰謀

926(税込)

誰が小沢一郎を殺すのか? 画策者なき陰謀

ポイント :8pt / 紙の本より802おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「反小沢キャンペーン」の騒乱に、この国を支配する「非公式権力」を今こそ見抜け−。日本取材30年のオランダ人ジャーナリストが、異分子を「抹殺」する検察、メディア、日本というシステムを斬る。〔「人物破壊」(角川文庫 2012年刊)に改題,加筆修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

カレル・ヴァン・ウォルフレン

略歴
〈カレル・ヴァン・ウォルフレン〉1941年オランダ生まれ。アムステルダム大学教授、ジャーナリスト。著書に「日本/権力構造の謎」「人間を幸福にしない日本というシステム」「アメリカとともに沈みゆく自由世界」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

この本は、小沢一郎さ...

ジュンク堂

この本は、小沢一郎さんを擁護する本ではなく、全国民がなぜ彼を敵視するようになったかをオランダ人ジャーナリストの目から冷静に日本を見つめた本です。彼によると、日本には傑出した人物が現れると、体勢を脅かす存在として「人物破壊」と呼ぶシステムが作動すると言います。それは全国民が知らずに加担する「画策者なき陰謀」と呼ぶ特異なものです。日本がなぜリーダー不在と言われるのかを見抜く本です。

みんなのレビュー28件

みんなの評価4.1

評価内訳

日本の権力構造に挑戦するリーダーは暗殺される

2015/11/09 08:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タヌ様 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今は困難の立っている小沢一郎氏ではあるが、検察、マスコミ、役所による反小沢キャンペーンは度を越しており、基本的人権の尊重すら全く行われていない。
 検察は捏造までしておとしめようとするものであり、そこまでやっておきながらなかったかのようにふるまっている。
 人物破壊とやわらかく訳しているが資金やスキャンダルでの政治家暗殺である。
 なぜこのようなことをと、その疑問を著者はもち、推論している。概ね実感の通りであり、このようなことは日本の権力構造の破壊的リーダーにはつきまとうものだとも思う。
 小沢氏のやりかたがすべて良いとは思わないけど、このような扱いが平然と許される日本であることに無念さを禁じざるを得ない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/06/20 17:11

投稿元:ブクログ

ウォルフレン『誰が小沢一郎を殺すのか 画策者なき陰謀』(角川書店、2011年)を読んだ。

きっかけは大阪日日新聞の一面でプッシュされていたことで、小沢一郎にまつわる騒動が何なのかさっぱりわからないと思い続けていたので読むことにした。

タイトルからは小沢一郎擁護の本かのようだが、実際は官僚組織とマスメディアが日本に政治主導が根付くのを阻害し続けてきたことを指摘する本だ。

どう評価したものかわからない。多くの人に読んでもらいたい本ではある。難しいことをいっているわけではないのに、わかりやすい本でもない気がする。

ウォルフレンの本は高校生の頃から何度となく読もうとした。しかし、実際に読んだのは10年以上経った今だ。問題意識の持ちようによっては読みやすい本だと思う。しかし、読み込みすぎるとわからなくなりそうだ。

いい本かと聞かれるといい本だとも答えにくい。ただ、多くの人に読んでおいてもらいたい本ではある。政治不信とマスメディアへの懐疑が広がる中で、表面的な出来事や情報に流されないで考える姿勢を持つ必要性を教えてくれるように感じた。

この本はそういう姿勢を持つことを促す。しかし、今の状況を読み解く確かな視点をもたらす本では必ずしもないように思う。この本の議論はあまりに荒削りなので、うのみにする気になれない。

この本に警戒心を抱く部分もある。読み方によってはメディアコントロールの巧みな近年の独裁型の首長を単純に賛美することにもつながりそうだ。しかし、裏返せば独裁型の首長を支持してしまう心理を理解する手がかりにもなりそうな本だ。

ともあれ、まずはそういう姿勢を持つべきだという意識を多くの読者で共有していくことが必要だと感じさせられる。

角川書店による特集ページ http://www.kadokawa.co.jp/wolferen2011/

2011/03/21 22:05

投稿元:ブクログ

 なぜこれほどまでの小沢バッシングキャンペーンが行われているのかを日本の権力構造を抉りだして説明してくれる著作。明治時代以降、山県有朋によって構築された強固な官僚制度を脅かす存在であるものは徹底的にスキャンダルによって追い落とされることが指摘され、小沢一郎がその最も最たる例であることが本書から理解できある。
 アメリカ=高級官僚=マスコミという既存体制に対して、小沢一郎のような志のある政治家を国民が一致団結し支援し対抗していくことが必要である。

2011/05/03 15:56

投稿元:ブクログ

カレル・ヴァン・ウォルフレン『誰が小沢一郎を殺すのか?
~画策者なき陰謀』(2011/井上実訳)を読む。
「歴史の岐路に立つ日本」と題されたプロローグ冒頭にこうある。

   大地震や大災害に見舞われると、
   人間というものははたと現実に気づくのか、
   あらためてよく注意して周囲を見回すようになるものだ。
   選挙や革命といった政治事件もまた、
   こうした大きな自然災害と同じく
   人々を目覚めさせる「ビッグ・ニュース」となる。

                 (同書p.1より引用)

この本が発行されたのは2011年3月1日である。
まるで3.11を暗示していたかのような文章で本書は始まる。
キーワードは原題にある Character Assassination。
井上は「人物破壊」と訳す。

政治家・小沢一郎をめぐるメディアの報道が
どうしてこういつもヒステリックなのか、僕は疑問に思ってきた。
政治的主張の是非をほとんど問うことなく、
人格を攻撃しつづける様は異常と写る。
そこで問われる「倫理」は常にあいまいである。
なるほど、ウォルフレンが言うCharacter Assassinationが
そこで行われていると考えれば明快である。
より直訳に近い「人格破壊」「人格暗殺」と考えれば、
小沢の政治的生命を奪い暗殺する行為であることが理解しやすい。

「画策者なき陰謀」を働いているのは、
検察、メディア、官僚、アメリカ政府などの
複合体であるというのが
ウォルフレンの結論である。
3.11以降の現実の中で僕たちはもう一度注意して周囲を見回し、
自分の生き方、暮らし方を問うている。
僕もCharacter Assassinationのキーワードを使って
もう一度現実を見直してみることにしよう。
誰が誰によって殺されようとしているのか。
その「人格暗殺」で誰が利益を手にしようとしているか。

                     (文中敬称略)

2011/03/09 20:40

投稿元:ブクログ

プロローグは歴史の岐路に立つ日本ということで始まる。

第1章「人物破壊」にさらされる小沢一郎ということで、この政治家がなぜ、「人物破壊」という目に遭わなければならないのか、日本の江戸時代、明治維新政府の成り立ちまで遡って証明している。

その閉鎖的な官僚システムが、未だに霞が関システムとして生き残り、誰が「人物破壊」の主役となったいるのかは、特定できない仕組みであるという。

政治・行政情報を握って離さない官僚が、何ら国家像を示さない中、政治家を影からつぶすという日本的な現象が今後続く限り、日本の未来はないという。

こういうメカニズムは主要メディア以外の情報を知りだした日本人も増加傾向にあり、いつまでも続かないし、日本の将来のため続けてはならないと著者は警鐘をならしてくれている。

検察・メディアの暴走のメカニズムが手に取るように理解できるすばらしい分析本である。

2014/07/26 10:42

投稿元:ブクログ

1993年の政治変動こそは連綿と受け継がれてきた日本の政治システムの仕組みに大きな風穴を開けた。小沢さんの行動が単に政党政治というシステムの構造を変えるにとどまらず、日本の一般人の政治に関する間gなえ方までも一変させてしまった。

政治の本質とは権力であり、それをどう行使するかということであり、さらには個人やグループが自らの考えに従って権力を行使するために地位を獲得しようと争いあうことである。

小沢氏は政治を熟知した辣腕家なのである。

2011/04/15 23:56

投稿元:ブクログ

小沢バッシングを画策する日米高級官僚と検察とマスコミの
陰謀を暴くオランダ人ジャーナリスト渾身の一作。
マスコミに踊らされて小沢バッシングの先頭に立つ日本人は、
自分で自分の首を絞めていることをこの本で気付く必要がある。

2011/07/12 16:01

投稿元:ブクログ

10/20 再読 津市津図書館---安濃図書館。
著者の大震災後の見解を知りたいものだ。野田どじょう政権への評価も。

7/12 県立図書館。

相変わらずのウォルフレン節。

東日本大震災直前の書き下ろし。最新版を要チェック!!

2011/06/05 22:42

投稿元:ブクログ

2011.6.5読了。
小沢氏を正当化している数少ない良書。
メディアに惑わされている人が大多数の中、本質を
しっかり捉えて書かれており、植草氏の意見と通じ
るものがある。
常に世の中の本質を捉えたい人は、基礎知識として読んで
おいた方が良いと思う。
米国の奴隷の日々はいつまで続くのだろうか。
今後の執筆が楽しみな著者。オススメ。

2011/05/26 12:48

投稿元:ブクログ

学生時代以来久しぶりにカレル・ヴァン・ウォルフレン氏の著作を読む。
昔読んだ時かなりの厚みがあったので、今回も覚悟していたが思いの外薄い。

内容も薄かった…
90年代深い洞察と見識でうならせた氏も時代に追いつけないのか
政権交代前からネットに飛び交う流言飛語とデマ、或いは『日本会議』などの伏流については一切触れておらず、正直失望した。

発売前の期待が高かっただけに残念である。

2011/04/24 13:53

投稿元:ブクログ

「日本で実際に影響力を持つのは憲法規定ではなく古い慣習」
「日本のメディアが、非民主的であり悪しきふるまいだなどと非難の矛先を向けるのは、その人物が非公式な権力システムを揺るがしかねないから」(本書より抜粋)
同様なスキャンダルがあっても、長い間権力を握っていた自民党の政治家は叩かれず、小沢一郎だけメディアから叩かれるのは、そのためだと理解できる。
ただ、メディアからの情報を信じているのであれば、小沢一郎は悪い、ってなるだろうな。

2011/05/08 21:52

投稿元:ブクログ

わかりやすく、冷静な分析。イメージだけで小沢一郎を嫌いだと言っているそこのあなた等々、多くの人々に読んで欲しい本だ

2012/09/17 19:28

投稿元:ブクログ

『働く君に送る25の言葉』と内容的にさほど違いはないが、より残業をせずに帰ることの重要性、有益生を感じることができた。会社の為に働くのではなく、自分の為に働く。自分の人生の為に働くからこそ、必死になるべき。常に最短で最大の結果を出すことを考える。

2012/04/30 06:40

投稿元:ブクログ

 事実に基づかず、イメージで人を見てしまう危うさ。
 犯罪の事実が無い人を、犯罪者にみたててしまう恐ろしい印象操作。
 わざと悪いイメージの写真を多用し、わざと悪い印象の言い回しをし、
 わざと暗いイメージの音楽を流しながら、異常なまでに悪感情をむき出しに するコメンテーターたちを冷静にみつめると、一体この人たちを何なのか? と報道の仕方を疑ってしまいます。
 これは、小沢さんの報道の時だけに顕著に表れる悪質な報道の仕方です。
 その異常性を、客観的に外国人記者の目で見て書いた『誰が小沢一郎を殺す のか?』カレル・ヴァン・ウォルフレン著という本がありますから、興味が ある方は、ぜひご一読下さい。

2013/07/14 11:44

投稿元:ブクログ

日本の政治システムの特異性について、ウォルフレン氏によれば、明治の元勲・山県有朋が、選挙で選出された政治家の活動を妨害するように官僚機構を作り上げたとしています。これは天皇に滅私奉公する官僚という形で体制側を作り、その体制側の守る秩序を脅かす存在として政治家を対立させる構図にしたことによります。
日本人は、‘調和こそ至高なる善’とする民族だったので、秩序を乱そうとするものは自動的に敵視する性質があり、徹底的にパージされます(怖っ)
第2次大戦を経た今の体制側は米、官僚、既得権益者層(マスコミ、大企業)で、これが日本の政治を動かしていると解説しています。

日本の政治・行政 ランキング

日本の政治・行政のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む