2016秋 メディア化キャンペーン(~10/7)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 言語・語学・辞典
  4. モギケンの音楽を聴くように英語を楽しもう! 学生・ビジネスマンがひとりでできる!
モギケンの音楽を聴くように英語を楽しもう! 学生・ビジネスマンがひとりでできる!

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.4
  • 出版社: 朝日出版社
  • サイズ:19cm/171p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-255-00576-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

モギケンの音楽を聴くように英語を楽しもう! 学生・ビジネスマンがひとりでできる!

著者 茂木 健一郎 (著)

なぜ日本人は英語が苦手なのか。その理由を探りながら、脳科学にもとづいた「脳の仕組みを活かした英語学習法」を紹介する。『CNN English Express』連載に加筆し...

もっと見る

モギケンの音楽を聴くように英語を楽しもう! 学生・ビジネスマンがひとりでできる!

1,382(税込)

モギケンの音楽を聴くように英語を楽しもう! : 学生・ビジネスマンがひとりでできる!

968(税込)

モギケンの音楽を聴くように英語を楽しもう! : 学生・ビジネスマンがひとりでできる!

ポイント :8pt / 紙の本より414おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜ日本人は英語が苦手なのか。その理由を探りながら、脳科学にもとづいた「脳の仕組みを活かした英語学習法」を紹介する。『CNN English Express』連載に加筆し書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

茂木 健一郎

略歴
〈茂木健一郎〉1962年東京生まれ。東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。理学博士。脳科学者。ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。著書に「脳と仮想」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.7

評価内訳

2013/01/20 14:58

投稿元:ブクログ

英語は英語のままで理解すること。日本語へ変換…なんていちいちやる必要はないんだな、と思いました。日々の日常に英語を取り入れて、とにかく英語の量を増やす!

リスニング:多聴&精聴
素材は好きな音楽を選ぶ要領で興味があるものを

リーディング:小説を洋書(英語)で読む
わからない単語があっても途中で辞書を引かない

ライティング:日記(ブログ・Twitter)を英語で書く
同じ言葉の繰り返しを避けいろいろな言い換え表現を使う

はて?スピーキングはどうしよう。

2011/05/29 11:46

投稿元:ブクログ

茂木さんの講習会でサインまでもらって一気に読み終えました。
とりあえず英語ができて損はないということ。
とても勇気をもらいました、記念すべき本!!

2011/06/01 20:47

投稿元:ブクログ

モギケンの究極の野心に激しく共感した ぼくも英語を学ぶ動機はこれだからだ さあtwitterからはじめようか

2011/05/05 11:51

投稿元:ブクログ

英語を学習する目的を改めて感じさせてくれる。英語を楽しむフローの状態をどうやって作るかがKSFである。

英語を勉強するには、英語と恋に落ちないといけない。
そしてモチベーションは、危機感からも発生。

■英語に対する誤解は?
①翻訳すること=英語の理解ではない。翻訳はとても難しい。
②スピーキングは出来なくて当たり前。ブロークンでも自分なりでしゃべる。『フローの状態』(チンセントミハイ)へ。
③PRETTY GOODは“まあまあ”の意味。

■どういった勉強法が良いの?
①鶴の恩返し。『読む』『書く』『聞く』『話す』の動作を総動員。
②継続学習。
③赤毛のアンを英語で読む(茂木流)
④英語を音楽のように楽しむ(サンデル、ニュース)
⑤TWITTERを英語でやる。

2011/05/21 22:33

投稿元:ブクログ

英語は勉強?でも赤ちゃんでもしゃべっているし、みんな、お国なまりの

 英語をどうどうと話している。日本人にとっては、ほんとうに楽しくない科目である。

 ではどうするか。。。



 「いやー楽しめばいいんだよ」

 「そんなこと言ったって。。。」

 「好きな本とかないの?」

 「あるよ」

 「その英訳本を読めばいいんだよ。赤毛のアンもおもしろいよ」

 「映画は?」

 「聞きとれないよ」

 「聞きとれなくても、楽しければいいじゃん」

 「You Tubeはみないの?」

 「見るよ」

 「いっぱい。イギリスのおもしろいコメデイーあるよ」



 どうしたら、日本人が英語に本気になるか。。

 イギリスのコメデイアンは、マーケットが英語だから、世界中に売れる。

 だから、年に数本とるだけでも儲けられる。

 日本はマーケットが小さいから、毎日仕事。

 世界のマーケットに発信しないと。。。

 TEDという世界最先端の人たちが、アメリカで集まる催し物があるようですが

 日本人はひとりも出てないようです。。おいてけぼりです。



 モギケンは、10年内に、英語で日本のいっぱいいいところを発信できるように

 日々努力をしているようです。

2013/01/30 08:59

投稿元:ブクログ

"学問に王道なし"を改めて感じた。
とはいえ、普段の生活の中で英語に接する機会はなかなかないもの。自分から近づくようにしていかないと難しい。
脳科学の観点から何か有効な手段があるのかと期待していたが、そういうものはないらしい・・・書かれているエピソードは、これまでの本に書かれていることばかりで新鮮味はない。
自分は英語の基礎力が不足していると感じているので、まずは単語をある程度覚えるようにしようっと。

2011/05/21 23:47

投稿元:ブクログ

英語との付き合い方がなんとなくわかってくる本です。
英語学習といえば「単調な暗記作業を毎日根気良く続けなければならない」というイメージだったのですが、読了後は「自分の好きな英語を探すことから始めよう」という気になりました。

2011/11/02 12:34

投稿元:ブクログ

(1)洋書はとにかく辞書を引かずに読み進め、英語の感覚を直感的に身につけることが大事。まず1冊読み終えること。それが自信につながる。どこかの時点で苦痛が楽しみに変わる瞬間がある。

(2)リーディングで「エピソード記憶」を増やす。ある単語をどのような場面でどう使い分けるかは、多読によるエピソード記憶の蓄積により自然と学べる。前提として、基礎体力としての単語力はとても大切。

(3)リスニング力を伸ばすには精聴と多聴のバランスが大切だが、多聴の教材はとにかく自分の好きなこと、気分がよくなるものを選ぶことが大切。例)一時期寝る前にコメディー番組を繰り返し見ていたとか。(私の場合はアメドラか?)

(4)リスニング教材はネットに溢れている。教材との相性は「感動」出来るかどうか。読書でも「この本は面白そうだ」と分かるのは、今まで多くの本を読んだ中で、自分がどのような本に感動するかパターンが分かっているから。その感覚を磨くことが大切

(5)目に見える変化が無くても、あきらめない。現時点で目に見える劇的な変化が起こっていなかったとしても、脳の回路の中では変化が起こっている可能性が高い。4回目で聴き取れずとも、5回目では出来るかもしれない。カードが揃うまで待つ。

(6)英語自体を目的化しない。英語は目的ではなく、自分が「英語を使って何かをする」時に必要な「道具」や「手段」に過ぎない。読みたい本や知りたい情報が英語でしか書かれていない、英語でしか表現できない何かがあるから英語で話す・・・等々。

(7)ライティング力アップのコツ=とにかく沢山書くこと。日本人には圧倒的にこれが足りていない。英語によるつぶやきのススメ。最初は英語のアカウントをフォローするだけでもOK。ポイントはここでも「興味のあること」。「面白いと思うこと」を直接知る楽しさを味わうこと。

(8)まずは辞書を引かずに書くこと。次に文法を気にせずどんどん書くこと。書きあがったものが文法的に正しいかどうか、使った単語が間違っていないかなどはチェックしないこと。正しいか正しくないかチェックすることよりも、大量に書くことのほうが圧倒的に大切。

(9)茂木さんの野心・目的:百年、二百年読まれるような本を英語で書くこと。日本の最良の部分を世界に紹介するような本を書くこと。外国人が日本のことを書くと、どうしても日本人から見た日本とはズレが生じる。

(10)日本人が何を考えているのだろうということを、世界の人達は知りたがっている。岡倉天心の「The Book of Tea」は日本人の哲学や美意識西欧に伝えた。その頃の日本人の必死さに比べると、私たちは英語に対する必死さが足りないと感じる。

(採用基準としての)資格とかビジネス英語とか、なかなか狭い視野で英語を勉強していたので、茂木さんの本は刺激的だった。英語をツールとして何をしたいか、もっと追究したい。

2011/07/08 08:56

投稿元:ブクログ

私がtwitterを始めようと思ったきっかけの本。
「日本人が英語が苦手な理由の一つは、最初から大人の「秩序だった会話」から入るためではないかと思っています。」
そう茂木さんがおっしゃるとおり、うまくできないと思ってどんどんコンプレックスになっていくもの。

本の中に、英語を軽い感じで使用できる方法が書いてありますが、その方法は思いつくけどちょっと勇気のいること。
それをちょっと後押ししてくれます。

2011/12/17 13:24

投稿元:ブクログ

英語のシャワーを浴びよう。
英語でツイッターをしてみよう。
辞書を引かずに、本をどんどん読んでみよう。
自分の言葉を使って英語で表現してみよう。

2011/10/30 20:30

投稿元:ブクログ

英語は必要に迫られないとものにできない。
そういったジンクス?考え方が定着してる。
そんな中で、本書は、英語へ対する考え方ひとつで
ものにできるとのヒントを与えてくれる。

本書の中で、

 ・英語をしゃべることを「たいした事」と考えない
 ・英語を学ぶことに遅すぎることはない。

この二つだけでかなりがんばろうと思った。

一番胸に響いたのは、

 ・まずはプールに飛び込むことが大事

そう、プールに飛び込む前に泳ぎ方を考えるより
飛び込んでから、どう泳げばよいか考え、先に進むことが
大事なのだ。
英語でも同じ、どうすれば英語が出来るようになるか?どう
勉強すれば良いのかばかり考えて先に進めないより、まずは
進んでみよう!

さぁ、本から新しい扉を開いていこう!!
 

ビジネス英語 ランキング

ビジネス英語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む