サイト内検索

詳細検索

送料無料

全品ポイント2倍(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 旅行・地図
  4. いちばん行きたい世界遺産 ベストセレクション88
いちばん行きたい世界遺産 ベストセレクション88
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.4
  • 出版社: 新人物往来社
  • サイズ:21cm/231p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-404-04009-1
  • 国内送料無料

紙の本

いちばん行きたい世界遺産 ベストセレクション88

著者 平川 陽一 (編)

宮殿、聖地、大自然…お気に入りを探して、旅にでよう。ケルン大聖堂、アンコール、マチュ・ピチュの歴史保護区など、88の世界遺産をエリア別に紹介。地域別リスト付き。【「TRC...

もっと見る

いちばん行きたい世界遺産 ベストセレクション88

1,944(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

宮殿、聖地、大自然…お気に入りを探して、旅にでよう。ケルン大聖堂、アンコール、マチュ・ピチュの歴史保護区など、88の世界遺産をエリア別に紹介。地域別リスト付き。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

平川 陽一

略歴
〈平川陽一〉1946年東京生まれ。早稲田大学文学部仏文学科卒。出版社勤務を経て、幸運社代表。歴史ミステリーの分野で活躍。著書に「世界遺産ミステリー紀行」「日本の城・封印されたミステリー」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2011/08/23 16:02

投稿元:ブクログ

世界遺産は、世界中で年々増え続けていますが、この本は4月の発刊なので、まだ最新情報が載っています。
全ての場所が紹介されているわけではなく、ピックアップされたとびきりの場所ばかり。

著者は歴史ミステリーを得意とする作家とのことで、確かにストーンヘンジやマチュピチュ、ティオティワカンやアンコールワットなど、古代遺跡を多く紹介しています。
目下、世界遺産の登録は、ヨーロッパが圧倒的に多く、一番多い国はイタリアの45件だそう。
ちなみに日本は16件とのこと。小笠原と平泉を加えて、18件となったのでしょう。

世界遺産は世界中全てを対象にしているわけではなく、世界遺産条約締結国内での選定だと知りました。
締結国は187か国ある中で、1件も認定されていない国が36か国もあるとのこと。
理由は、締結にあたっての法的整備が整っていない、紛争地域がある、貧困などのさまざまな要因で、登録条件を満たせないからだそうです。
せっかく対象国になっているのに、残念ですね。
国の事情で、遺産保護などまだどうにもならない、緊迫した国がそれほどあるということに、衝撃を受けました。

自分が行ったところも行っていないところも多々紹介されており、写真の美しさに心を奪われます。
マチュピチュといったら、空中遺跡にくつろぐラマの姿が名物となっていますが、彼らはもとよりいたわけではなく、観光撮影用に連れてこられたものがそのまま居ついたという裏話も書かれていました。

これまで知らず、写真から行きたいと思ったのは、マダガスカルのチンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区の針のようにそそりたつ岩岩群。
そして、チリのラパ・ヌイ国立公園でした。

世界遺産に認定され、それを守る使命を負った国は恵まれているということを知り、国が遺産を保護できる力を持つ日本の環境のありがたさを思います。

プロの写真家による写真はどれもすばらしくて迫力がありますが、やはりこうした類のものは、20cmサイズではなく、もっと大判で写真集として出した方が、臨場感が出て良いと思いました。

2011/10/25 08:10

投稿元:ブクログ

世界遺産全部を紹介しているわけではないが、世界遺産の基準や選定の仕組みなどもしっかりと説明してあるのでわかりやすい。
何より写真が綺麗で丁寧だ。

2011/10/30 23:51

投稿元:ブクログ

各地域の遺産がまんべんなく載っていて、こだわりのものには写真や説明もたくさんあって良かった。“こだわりじゃないもの”にももう少し説明を載せてほしい。。。

2012/01/27 12:03

投稿元:ブクログ

本屋さんで風景の写真集を探していたのですが、本書は写真・説明書きもあったので手にとって見ました。すごくモンサンミシェルに行きたくなる一冊(笑)
遺産はヨーロッパがやはり登録数からしても多く紹介されていますが、5大陸満遍なく掲載されてます。写真のサイズはそれほど大きくないですが、最低限の見やすさはあります。他の方も仰っていますが欲を言えば、紹介している場所については全てなんらかのスクリプトを付けて欲しかったです。
この本を読んでコルコバードの景観が世界遺産ではないことを知りました。巻末に世界遺産リスト(2010時点)付きです。

2015/06/01 00:00

投稿元:ブクログ

DOORSはこちら→http://doors.doshisha.ac.jp/webopac/ctlsrh.do?bibid=BB12600205