サイト内検索

詳細検索

全品ポイント2倍(~8/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 雲のカタログ 空がわかる全種分類図鑑
雲のカタログ 空がわかる全種分類図鑑
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.5
  • 出版社: 草思社
  • サイズ:20×22cm/143p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7942-1823-0
  • 国内送料無料

紙の本

雲のカタログ 空がわかる全種分類図鑑

著者 村井 昭夫 (文と写真),鵜山 義晃 (文と写真)

いま、空で何が起きているか? 雲の名前がわかれば知ることができる! 世界気象機関(WMO)による100種類近い分類をすべて網羅し、雲の写真と学術的名称を紹介。雲観察にすぐ...

もっと見る

雲のカタログ 空がわかる全種分類図鑑

2,052(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

いま、空で何が起きているか? 雲の名前がわかれば知ることができる! 世界気象機関(WMO)による100種類近い分類をすべて網羅し、雲の写真と学術的名称を紹介。雲観察にすぐ役立つ基本的な知識やワザも解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

村井 昭夫

略歴
〈村井昭夫〉石川県生まれ。信州大学卒。気象予報士。Murai式人工雪結晶生成装置で日本雪氷学会北信越支部雪氷技術賞受賞。
〈鵜山義晃〉三重県生まれ。京都大学卒。気象予報士。科学・天文関係の講師、指導歴多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/25 07:51

投稿元:ブクログ

ときどき見ていて怖くなる雲。どこまでその実体を人類がとらえられているのかはわからないが、全部見てみたい。

2011/10/08 06:33

投稿元:ブクログ

ぼんやりとみてるだけじゃなくて自然科学者の一員として少しまじめに空を観察して見ようと思って。写真もきれいだし説明もわかりやすい。でもやっぱり空を見上げるときはぼんやりしてしまいそうだ。

2011/06/21 17:17

投稿元:ブクログ

雲の写真と学名を示してある図鑑。世界気象機関による分類をすべて網羅してある。意外と情報量の多い本。写真が多用されていて非常にわかりやすい。

2014/11/20 14:14

投稿元:ブクログ

図書館に入ってくるとき、空にどんな雲が浮かんでいたか覚えていますか?
入道雲、うろこ雲、飛行機雲、いろんな呼び方の雲がありますが、実はもっともっと細かい分類があります。大学に来るとき帰るとき、毎日空を見上げていると、思いがけない形の雲に出会えるかもしれません。
(知能システム科学専攻 M1)

2014/02/28 20:50

投稿元:ブクログ

http://www.soshisha.com/book_search/detail/1_1823.html ,
http://blogs.yahoo.co.jp/akinokos ,
http://kokoten.raindrop.jp/

2011/11/13 19:43

投稿元:ブクログ

楽しい~。最初にくものしくみと、分類の説明がある。多様な雲の写真にはレア度の☆☆☆☆☆があり。見分けにくい雲もかなりあるので、むずかしいけれど、眺めているだけで癒される。

2012/06/21 21:00

投稿元:ブクログ

ず〜と分からなかった巻積雲と高積雲の見分け方が、やっと分かりました。
雲の名称は似たような名前が多く、その違いも分かりにくいです。
よく「巻積雲と高積雲との違いは、高さの違いである」と解説されていますが、実際に空に浮かんでいる雲は、2種類の雲が浮かんでいるわけではないので、高さの違いではよく分かりません。
このあたりの分かりにくい雲の見分け方のポイントも分かりやすく解説されています。
空を眺めて観察を続けてきた筆者ならでは視点で、すぐに今日から見分けられるようになります。
写真も大きくきれいで、掲載されている種類も豊富です。

空を眺める時には必ずそばに置いておきたい一冊です。

2014/12/16 19:55

投稿元:ブクログ

推薦者 社会環境工学科 白川 龍生 先生

*図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50093627&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

2012/09/04 20:27

投稿元:ブクログ

その名の通り雲のカタログ。雲を分類して写真つきで簡単に紹介している。
雲の区分やその名前のつけ方や。写真つきだしわかりやすかった。
と言ってもこれを読んだから即見上げた空に浮かぶ雲を分類できるというわけではないのだけれど(^^;
空を見上げるのが楽しくなる一冊だと思う。

2013/01/29 18:31

投稿元:ブクログ

今まで何となく眺めるのが好きだっただけの雲が、これまでとは違って見えそう。
ただ、頭上に珍しい雲を見付けても、知らずニヤニヤすることだけは避けたいと思う。

2013/06/02 22:12

投稿元:ブクログ

なんとなく見ていた雲。こんなにも種類があったとは。高層、中層、下層でそれぞれに積状、層状などで大別して10種類あり、そこからまた分類され様々な表情を見せる。十人十色ならぬ十雲十色といった感じでどれもみな個性があって美しい。どれが良いとか決めらんない。空を見上げる事の楽しさをより高めてくれる一冊。

2014/10/27 01:05

投稿元:ブクログ

眺めて癒されようと思い購入。空の表情が色々と楽しめて、尚且 解説や小話までついてくるなんて嬉し過ぎます。

2016/05/31 00:53

投稿元:ブクログ

私は思う。風は自然界一の芸術家であると。

草木を揺らせば美しい音を奏でる。

砂上を走れば美しい砂紋を作り出す。

そして、空を走れば青いキャンパスに表情豊かな雲たちを生み出し、彼らと共に駆け抜ける。

この本は芸術家、風の、画家としての作品をカタログとしてまとめたものである。

気象 ランキング

気象のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む