詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

全品ポイント2倍(0620-30)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 文庫
  4. 瑠璃色の海に誓って

瑠璃色の海に誓って(ライムブックス)

  • 発行年月:2011.6
  • 出版社:原書房
  • レーベル:ライムブックス
  • サイズ:15cm/511p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-562-04411-5

文庫

  • 国内送料無料

瑠璃色の海に誓って (ライムブックス)

ニコール・ジョーダン (著), 水野 凛 (訳)

紙書籍

987 ポイント:9pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

19世紀、地中海のキュレネ島。画家のダイアナは長い船旅の末、島におりたった。いとこの社交界デビューについて、後見人であるソーン子爵に相談するためだ。ところが放蕩者のソーン...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

19世紀、地中海のキュレネ島。画家のダイアナは長い船旅の末、島におりたった。いとこの社交界デビューについて、後見人であるソーン子爵に相談するためだ。ところが放蕩者のソーンを相手に、ダイアナは出ばなをくじかれてしまう。出会ってすぐにキスを奪われたばかりか、後見人の役割を果たす代わりに、自分の婚約者を装ってほしいと持ちかけられたのだ。意に添わぬ縁談から逃れるためだという。ダイアナは戸惑いながらも申し出を受け入れ、婚約者としてロンドンに戻ることに。だがそこに待ち受けていたのは、容赦ない好奇の目。子爵の電撃的な婚約は世間の注目を集め、新聞はダイアナの過去のことまでこぞって書き立てた。そんな彼女を優しく守ろうとするソーンに、ダイアナはかりそめの関係と承知しながらいつしか心を奪われ…。美しい楽園の島を舞台に描くパラダイス・シリーズ第2弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

ユーザーレビュー

全体の評価 4
4.0
評価内訳 全て(3件)
★★★★★(1件)
★★★★☆(2件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価4 投稿元:ブクログ

2011/06/12 16:48

〈パラダイスシリーズ 2〉画家ヒロイン。剣の騎士団メンバーで子爵のヒーロー。過去の出来事で社交界から遠ざかっていたヒロインだが ヒーローとの偽装婚約で社交界へ復活。画家の目線で色々なものを視て感じる彼女が新鮮だ。偽装だったはずの婚約が・・・って話なんだが ヒロインの従妹の我がままぶりや子供じみた行いにイラッ。剣の騎士団への復讐を模索する輩が姿を現すがやや小粒な感じがしたなぁ。一癖ありそうな人物を吸収した騎士団は今後どうなるんだろか。

評価5 投稿元:ブクログ

2011/07/17 11:35

図書館の本 

内容(「BOOK」データベースより)
19世紀、地中海のキュレネ島。画家のダイアナは長い船旅の末、島におりたった。いとこの社交界デビューについて、後見人であるソーン子爵に相談するためだ。ところが放蕩者のソーンを相手に、ダイアナは出ばなをくじかれてしまう。出会ってすぐにキスを奪われたばかりか、後見人の役割を果たす代わりに、自分の婚約者を装ってほしいと持ちかけられたのだ。意に添わぬ縁談から逃れるためだという。ダイアナは戸惑いながらも申し出を受け入れ、婚約者としてロンドンに戻ることに。だがそこに待ち受けていたのは、容赦ない好奇の目。子爵の電撃的な婚約は世間の注目を集め、新聞はダイアナの過去のことまでこぞって書き立てた。そんな彼女を優しく守ろうとするソーンに、ダイアナはかりそめの関係と承知しながらいつしか心を奪われ…。美しい楽園の島を舞台に描くパラダイス・シリーズ第2弾。

エイミーのわがままさ加減がイラッとすることもあったけど、往々にして女性は魅力的でした。
ヴィーナスの不思議な雰囲気も物語が終わってみればなるほど、のキャラクター設定でした。
ソーンとダイアナ、似た二人のハッピーエンドが幸せでした。
ダイアナの書いた肖像画みてみたいな。

Lord of seductionby Nicole Jordan

評価4 投稿元:ブクログ

2011/07/28 00:35

偽装婚約が本当の恋愛へ…という良くあるパターンに陰謀をからめた話。だが、陰謀の出番がほとんど無しの上、結局ひとりよがりな復讐でしか無かったで、小さくまとまりすぎ。
ロマンスの方も盛り上がりに欠けてたみたい。★3にしようかと迷いました。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.