詳細検索

全品ポイント2倍(0620-30)

名画絶世の美女

  • 発行年月:2011.8
  • 出版社:新人物往来社
  • サイズ:19cm/127p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-404-04056-5

  • 国内送料無料

名画絶世の美女

平松 洋 (著)

紙書籍

1,836 ポイント:17pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

ボッティチェリのヴィーナス、ラファエロの聖母マリア、ブーシェのポンパドゥール夫人、クリムトのダナエ…。15世紀初期ルネサンスから20世紀初頭のエコール・ド・パリまで、珠玉...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

ボッティチェリのヴィーナス、ラファエロの聖母マリア、ブーシェのポンパドゥール夫人、クリムトのダナエ…。15世紀初期ルネサンスから20世紀初頭のエコール・ド・パリまで、珠玉の名画に登場した美女たちを紹介する。〔「名画絶世の美女130人」(中経の文庫 KADOKAWA 2013年刊)に改題,加筆〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

平松 洋

略歴
〈平松洋〉1962年岡山生まれ。早大文卒。作家、美術キュレーター。展覧会の企画・運営やプランニングとともに執筆活動を行う。著書に「ヒーローの修辞学」「ドラキュラ100年の幻想」など。

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 3.8
3.8
評価内訳 全て(9件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(4件)
★★★☆☆(2件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価0 投稿元:ブクログ

2012/06/27 15:03

ルネサンス期からエコール・ド・パリまでのさまざまな画家が描いた美女の絵画が紹介されている、眼福の一冊。
日本では、浮世絵に美人画がありましたが、西洋では美人画としての独立したジャンルにならなかったというのが意外です。

「この絵が気に入った人のためにもう一つの美女の絵」と、似ている他の絵もあわせて紹介されている点が、わかりやすく興味もつながっていく、いい構成だと思いました。
ボッティチェリの『ヴィーナスの誕生』へのオマージュ作が続々と生み出されていたことに気付きます。
アングルの『泉』も、その一つだったことを知りました。

ジャン・フーケ作『ムランの聖母』など、今の感覚からすると、美女とは思えない絵もあります。
当時の美女画ということなのでしょうか。

大原美術館所蔵のモローの『雅歌』も紹介されていました。
これは私が好きな作品。しかし、タイトルの由来についてはずっとわからないままでした。
ソロモン王時代のエルサレムが舞台となっている愛の歌集で、絵はその一場面を描いたものだそうです。

男の首を抱え持つという共通点から、サロメとユーディットが混同されてきたことについても言及されていました。
私もときどき混乱してしまいます。
また、美女と骸骨が向き合っている、印象的なウィールツの『麗しのロジーヌ』は、ロジーヌという名前なのは美女ではなく、骸骨の方だったと知って驚きました。
しっかり頭骸骨に、名前が描かれていました。

自分が好きで、部屋に飾っているアーサー・ヒューズの『オフィーリア』も載っていました。

モネは、妻カミーユを失くしてからは、人物画を封印して描かなかったとのこと。

たくさん美女の絵が紹介されており、見ていて楽しいですが、どの作品もコンパクトにまとめられており、説明が短すぎる点が物足りなく感じます。
全編を通じて軽い導入編といった感じで、作品の本質を知るというよりは、美女を愛でる一冊になっています。

評価0 投稿元:ブクログ

2011/09/19 13:13

立ち読み:2011/9/18

解説はごく簡単だが、いろんな絵を見られる。画質も良い方だと思う。

評価4 投稿元:ブクログ

2011/12/23 22:36

ボッティチェリが描いたヴィーナスから、ラファエロが描いた聖母マリア、ブーシェが描いたポンパドゥール夫人、クリムトが描いたダナエまで。美しき女性たちの華麗なる競演が幕を開ける――。

評価4 投稿元:ブクログ

2011/10/06 02:49

恥ずかしながら、美術にはあまり詳しくないし人よりは格段に美術館へも行っていない。
でもこの本はとてもとても楽しく読んだ。
文字数が少なく、絵についての解説がまとまりよく
なにより絵が美しい。
思わず美術館へ行ってみたいなと思わせてしまう本。
美しい女性ばかりで男性にはたまらないだろう。

評価3 投稿元:ブクログ

2012/09/24 00:04

私が今まで見た中で最も美人だと思ったのは「ベアトリーチェ・チェンチ」(伝レーニ)で、それが載ってるかしら?と期待して手に取ってしまった。
まるでオリコンランキングを気にするような気持ちでおかしい。
結局載ってなかった。
けども並べられた美女は見ていて楽しい。
冒頭で、西洋では美人画というジャンルはない。とあったのが印象的。

評価4 投稿元:ブクログ

2013/07/03 11:55

宗教画から肖像画まで、美女を描いた絵画を紹介した本。
女性をモデルに描かれた絵は本当に美しい。
同じテーマで描かれた絵を何枚か比較して紹介し、解説も簡潔に描かれていて、美術に興味がない人もこれを読んだら絵を見てみようという気になるのではないか?

個人的にはオフィーリアと、サロメやオルフェウスのような「首」の絵が好き。
同じテーマなのに、画家によって全く違う絵になるのは面白い。


※「サン・ジョルディの日」に親友から贈られた本。
さすが、好みをよくわかってる。

評価0 投稿元:ブクログ

2012/11/08 17:46

やはり、美人画は、素敵だなと思う。
こんな風に描ければ いいな~。
鼻筋の通った所、見つめる眼、愛らしい唇、ピンクに染められた頬、ス~と伸びた首、つやのある髪、陰影の仕方など、見飽きないね。

評価3 投稿元:ブクログ

2013/12/21 19:59

おっぱいの話をしていたら美女が見たくなったので読んだ本。
期待していたより説明が少ない。美女解説も、絵の解説も。絵画は全くの素人なのでそれでもよいけれど、もう少し長めにストーリーを書いてくださればなぁ。という感じ。
10分程度で読み終わるのでヒマつぶしに。美人が見たくなった時に。
個人的にはラファエロの描く女一択でした。表紙は奥菜惠じゃなかったです(TT)

評価4 投稿元:ブクログ

2012/04/04 21:21

女神に貴婦人、娼婦まで様々な画家が描いた様々な美女をまとめた一冊。
ダ・ヴィンチの「モナリザ」、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」、ラファエロの「小椅子の聖母」、ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」など有名すぎるほど有名な作品が数多く収録されています。

解説が短いのが少し残念ですがそのぶん簡潔でわかりやすいし、絵は顔をクローズアップしてくれているものもあるので見やすく画質も綺麗です。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.