詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 男性向けコミック
  4. いつか、菜の花畑で 東日本大震災をわすれない

いつか、菜の花畑で 東日本大震災をわすれない

  • 発行年月:2011.9
  • 出版社:扶桑社
  • サイズ:21cm/158p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-06484-6

コミック

  • 国内送料無料

いつか、菜の花畑で 東日本大震災をわすれない

みすこそ (著)

紙書籍

1,028 ポイント:9pt

発送可能日: 7~21日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

町を守ったおまわりさん、老夫婦の決断、自衛隊員の見た空…。東日本大震災に関するニュース記事や見聞をもとに、被災者の人たちの人生に思いを馳せて創作した、喪失と再生の物語。ツ...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

町を守ったおまわりさん、老夫婦の決断、自衛隊員の見た空…。東日本大震災に関するニュース記事や見聞をもとに、被災者の人たちの人生に思いを馳せて創作した、喪失と再生の物語。ツイッターで反響を呼んだコミック。【「TRC MARC」の商品解説】

ユーザーレビュー

全体の評価 4.7
4.7
評価内訳 全て(7件)
★★★★★(3件)
★★★★☆(2件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価5 投稿元:ブクログ

2011/09/12 10:37

こんなにも泣いたのは久しぶり。
読んでいて、自分の中で震災のことが風化していたことにも気づかされてしまった。
本を読み終わった後、心も体も動かされた。
ベタもトーンもない落書きのようなゆるい絵ながら、人間の感情や空気感を絶妙に表現する作者の画力にも驚愕!

あえて言おう。【拡散希望!】

評価5 投稿元:ブクログ

2011/10/13 21:51

忘却との戦い。被災した方にとって一番の懸念。

震災があったこと。日常が戻るにつれて色あせていくが当事者以外も忘れちゃいけねい・

読み始めて最初から最後まで涙が止まらなく、目が赤くなった。

自分にとって身近な菜の花プロジェクト。大槌川が綺麗な黄色の菜の花で彩り来春たくさんの人の笑顔が戻ってきて欲しい。

評価0 投稿元:ブクログ

2012/06/10 16:36

あの時までは、確かにそこにはごく普通の日常が流れていた。おばあちゃんとお孫さん、中学生の女の子とお母さん、おじいさんと犬、看護婦さんとおじいちゃん・・・。

あの日あの時を境に、肉親や愛する人とのつながりが一瞬にして引き裂かれてしまった。何の前触れもなく。一瞬にして失くしてしまうことほどつらいものはない。その日の朝までは、いや、その日の午後のあの時までは、確かに一緒だったのに。あまりに不条理な・・・。

今日、12月11日であの日から9ヶ月。涙無くしては読むことができない一冊。合掌・・・。

評価4 投稿元:ブクログ

2011/09/23 13:53

ニュースなどの報道では伝わらない被災者の心境、心情がリアルに伝わってくる。被災された方の数だけの思いがある。

評価4 投稿元:ブクログ

2011/09/18 19:59

最初、ページを開いて、「絵が好きじゃないな」と思ったけど、読んで行くうちに、引き込まれて、涙が止まらなくなりました。3・11のこと、3・11で感じたこと、考えたことを忘れないようにしなくては

評価5 投稿元:ブクログ

2011/11/30 05:56

最後に出てくる中学生の答辞は圧巻。
死者行方不明者約20,000人という数ではなく、1人ひとりにそれぞれの人生ストーリーがあったこと、そこにいたのは自分だったかもしれないこと、そこをかみしめずに復興は語れないのではと思う。そのことを、改めて思わせてくれる本。
当たり前の日常を前触れもなく暴力的に奪った3.11。自分の隣りで起きたこのできごとを、本書と共に一生記憶と心に刻みたい。

評価0 投稿元:ブクログ

2014/09/25 20:14

☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです☆http://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB07019562

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

  • 買い物カゴに入れる

    発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

    納期・配送の目安について

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.