詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

全品ポイント2倍(0620-30)

ジャカランダ 新装版

  • 発行年月:2011.11
  • 出版社:青林工藝舎
  • サイズ:21cm/287p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-88379-354-9

コミック

  • 国内送料無料

ジャカランダ 新装版

しりあがり 寿 (著)

紙書籍

1,728 ポイント:16pt

発送可能日: 7~21日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

ユーザーレビュー

全体の評価 5
5.0
評価内訳 全て(1件)
★★★★★(1件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価5 投稿元:ブクログ

2011/11/19 18:37

崩壊する世界の話なので『方舟』と似ているが、人々の所作も、描かれる結末も大きく異なる。

『方舟』はもっと演劇的に多種の人物がいて、世界の終わりに対峙するいろんな姿が見られたが、『ジャカランダ』にそれはない。

人間の意志がどうあれ、終わるものは終わるという、社会の隅々まで行き渡ったあきらめと放棄の共通認識は、昨今のそれに似て不気味だ。

『ジャカランダ』の巨大な樹木は、街を破壊しあらゆるものの命を奪って巨大化してゆく。

巨大化しきったその先、樹木のある「意識」に人々はまばゆさを覚え、ひざまずくのである。

旧あとがきで、ラストをギャグにできなかったことを反省するしりあがり寿氏だが、ギャグにしなかったことで、新あとがきで言う「僕たちが手に入れないといけない欠乏」を照らす答えになった。

結果オーライ。ナイス復刊。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

  • 買い物カゴに入れる

    発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

    納期・配送の目安について

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.