経済・ビジネス・コンピュータ・新書 ポイント2倍(~9/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. ビジネスメールの鉄則 もう他人にも時間にもふり回されない!
ビジネスメールの鉄則 もう他人にも時間にもふり回されない!
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.10
  • 出版社: マガジンハウス
  • サイズ:19cm/190p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8387-2348-5
  • 国内送料無料

紙の本

ビジネスメールの鉄則 もう他人にも時間にもふり回されない! (GOLDEN RULES)

著者 高橋 恵治 (著)

よく使われる「言い回し」や「型」さえ覚えてしまえば、ビジネスメールは難しくない。「1通5分以内で書ける」「相手に好感を持ってもらえる」を実現するビジネスメール術を数多く紹...

もっと見る

ビジネスメールの鉄則 もう他人にも時間にもふり回されない! (GOLDEN RULES)

1,404(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

よく使われる「言い回し」や「型」さえ覚えてしまえば、ビジネスメールは難しくない。「1通5分以内で書ける」「相手に好感を持ってもらえる」を実現するビジネスメール術を数多く紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

高橋 恵治

略歴
〈高橋恵治〉1970年長野県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。文章コーチ。雑誌記者・書籍編集者を経て、独立。企業・個人の文章コーチング、販促文章コンサルティングを行う。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

メール処理に追われないために、1通を処理する時間を減らすとともに、処理するメールの絶対数を減らすことも大切

2012/02/10 09:17

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:key station - この投稿者のレビュー一覧を見る

会社でのメールは英語で書くことが多いのですが、ビジネスでメールを書くときの注意事項は言語によらないと思い、この本を手に取ってみました。

私が会社に入ったころは、上司のハンコをもらった文書をFAXという時代でしたが、2000年頃を境にして電子メールにとって代わったような気がします。

電子メールになって同時に複数の人へ発信するのが楽になった反面、一人が受け取るメールの数が格段に増えてきたのも事実です。この本に書かれていることを参考にして、メールに振り回されないで、効率的に仕事を進めていきたいと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/09/09 16:03

投稿元:ブクログ

仕事の仕方(姿勢)にもつながることが多く書いてある。読みやすい。

165 宅ファイル便、データ便、ZIP
12 何を書くか決めて箇条書きにする 型にはめる チェックする時間を決める メールの絶対数を減らす(不要な質問はしない)
20はやめに返信する 確認する添付ファイルがある、自分が返事をしないと進まない、回答「メールを受け取りました、返事をします」
38 出社してすぐメールチェックしない。メールの返信は届いてから24時間以内
45 ×~してください ○~いただけますか?ご対応お願い致します。
57 短く簡潔にわかりやすく。ひとつ1テーマ
58 型、箇条書き
63 質問をナンバリングする
74 忙しいときこそ、書き方に注意(メールでは負の感情は表さない)
3大不快メールー命令、詰問、無礼
相手が投げ返しやすいメールを送る
相手を言い負かすこと、命令して無理矢理動かすことがメールの目的ではない。仕事をスムーズに進めるためにメールを送る
80 自分の都合より、相手の都合優先
転送した理由を書く
87 お客さんへのメールには、氏名+会社名
95 誤解がない、情報に漏れがない5W1H、読みやすい(1行25-30字、改行)
101
長文にお付き合いくださり有難うございました。
なにとぞ、よろしくお願い致します
ご検討のほどよろしくお願い致します
それでは、またご連絡いたします。
123 意見と事実を分ける 根拠を入れる
137 報告メール 早い、正確、箇条書き
153 相手に逃げ道を与える
相手の不義理を攻めたい気持ちをぐっとおさえる。最終的に仕事がうまくいけば、丸く収まるから。
162 単語登録@
189 相手に望む行動をしてほしいなら、上から目線や指図は避ける。メールだけでなく、人間関係全て。

2012/04/15 12:11

投稿元:ブクログ

たぶん似通った本はたくさんあると思うけれど・・・
日常仕事でメールを使う人は一読しても良いと思える一冊。
細かなテクニックはともかく、メールが相手に与える影響は少なくない、ということは覚えておかなければならないだろう。

2012/01/14 12:23

投稿元:ブクログ

会社でのメールは英語で書くことが多いのですが、ビジネスでメールを書くときの注意事項は言語によらないと思い、この本を手に取ってみました。

私が会社に入ったころは、上司のハンコをもらった文書をFAXという時代でしたが、2000年頃を境にして電子メールにとって代わったような気がします。

電子メールになって同時に複数の人へ発信するのが楽になった反面、一人が受け取るメールの数が格段に増えてきたのも事実です。この本に書かれていることを参考にして、メールに振り回されないで、効率的に仕事を進めていきたいと感じました。

以下は気になったポイントです。

・事前に「何を書くか」を決めておき、それを箇条書きにする(p12)

・メール処理に追われないために、1通を処理する時間を減らすとともに、処理するメールの絶対数を減らすことも大切、1つのメールには1つの用件を伝えるのが基本(p15)

・忙しくて返信ができない時でも「とりあえずメール」を返信する(p20)

・相手の質問には、「引用文」を活用して答えると、話の流れがわかりやすい(p37)

・メールで相手を怒らせた場合には、メールではなく電話で謝るべき(p49)

・伝わらなければ困ること以外は、思い切って捨てる、余計な文章をそぎ落とすために、1)型を決める、2)箇条書きを活用する(p59)

・良い件名は、「名字のみ+用件(xxの件)」である(p88)

・1行の文章は、およそ25-30文字、句読点や文節で適度に改行を入れる(p97)

・ビジネス文書、メールで共通している絶対ルールは、意見と事実を明確に区別すること(p121)

・意見や推測の場合、「なぜそう思ったのか」(理由)を明確にすべき(p123)

・報告メールに求められる3要素は、1)早い、2)正確(特に数値や日時、事実)、3)わかりやすい(箇条書きを活用)である(p137)

・返信メールに求められる3要素は、1)24時間以内の返信、2)引用文を活用、3)相手からの質問に全て答える、である(p139)

・企画書(提案書)のおおまかな流れは、1)提案理由、2)現状と問題点(数値も入れる)、3)改善案(改善の効果)である(p148)

2012年1月14日作成

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む