小説&文庫&ラノベポイント2倍(~9/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 帰らざる街、小樽よ 長編トラベル・ミステリー
帰らざる街、小樽よ 長編トラベル・ミステリー(ジョイ・ノベルス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: 有楽出版社
  • レーベル: ジョイ・ノベルス
  • サイズ:18cm/207p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-408-60652-1
  • 国内送料無料
新書

紙の本

帰らざる街、小樽よ 長編トラベル・ミステリー (JOY NOVELS)

著者 西村 京太郎 (著)

最初の被害者は、新小樽新聞の東京支局長だった。捜査を開始した十津川警部は、事件の真相を探るため、小樽におもむいた。しかし、犯人の手掛かりがつかめぬうちに、次の殺人事件が起...

もっと見る

帰らざる街、小樽よ 長編トラベル・ミステリー (JOY NOVELS)

885(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

最初の被害者は、新小樽新聞の東京支局長だった。捜査を開始した十津川警部は、事件の真相を探るため、小樽におもむいた。しかし、犯人の手掛かりがつかめぬうちに、次の殺人事件が起きた。東京の下町の飲み屋に勤める若い女性が殺されたのだ。彼女もまた、小樽の女と思われた。二つの殺人事件に繋がりはあるのか?十津川警部の捜査は続く…。【「BOOK」データベースの商品解説】

新小樽新聞の東京支局長が殺された。捜査を開始した十津川警部は、事件の真相を探るため、小樽におもむいた。しかし、犯人の手掛かりがつかめぬうちに、次の殺人事件が起きた。2つの殺人事件に繫がりはあるのか?【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

西村 京太郎

略歴
〈西村京太郎〉昭和5年東京生まれ。公務員生活ののち、数々の職業を経ながら、創作活動を続ける。40年「天使の傷痕」で江戸川乱歩賞、56年「終着駅殺人事件」で日本推理作家協会賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2012/07/22 05:21

投稿元:ブクログ

小樽を舞台にした5年前の事件。
東京の下町の鐘ケ淵の居酒屋での物語。

2つの話しが、鐘ケ淵の居酒屋から行方不明になった女性と、新小樽新聞の東京支社長の殺人事件で結びつく。

小樽を賑わせた小豆相場の裏にうごめく事象。
西村の美学なのだろうが、主人公が亡くなるのはつらいかも。

2014/06/27 23:48

投稿元:ブクログ

寒い所で小豆なんかが育つのかなと思ったが、
北海道で国内生産の3/4を占めているらしい。
ただ、こんなに利権騒ぎになるものなのか、
ちょっと現実味が薄かった。