サイト内検索

キーワードを入力

詳細検索

送料無料

TAC_『おとな旅プレミアムシリーズ 発売記念フェア』

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ラブロマンス
  4. 子爵探偵 甘い口づけは謎解きのあとで
子爵探偵 甘い口づけは謎解きのあとで(ティアラ文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: プランタン出版
  • レーベル: ティアラ文庫
  • サイズ:15cm/296p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8296-6594-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

子爵探偵 甘い口づけは謎解きのあとで (ティアラ文庫)

著者 館山 緑 (著)

私が殺人事件の濡れ衣を着せられてしまうなんて。天才的な推理を駆使し、助けてくれたのは自称「名探偵」の貴族イアン。唯我独尊な変人なのに、私のために一生懸命になるのはなぜ?真...

もっと見る

子爵探偵 甘い口づけは謎解きのあとで (ティアラ文庫)

596(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

子爵探偵甘い口づけは謎解きのあとで【イラスト付】

596(税込)

子爵探偵甘い口づけは謎解きのあとで【イラスト付】

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • PC
  • iPhone
  • iPad
  • Android

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
PC XMDF 無制限
iPhone XMDF 無制限
iPad XMDF 無制限
Android XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

私が殺人事件の濡れ衣を着せられてしまうなんて。天才的な推理を駆使し、助けてくれたのは自称「名探偵」の貴族イアン。唯我独尊な変人なのに、私のために一生懸命になるのはなぜ?真犯人の罠にかかり殺されそうになった私を、優しく抱きしめてくれたイアンは「ずっと側にいて欲しい」と囁き、蕩けるような甘い夜を。探偵と被疑者から始まった関係が、恋人同士になるなんて…。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/06/13 20:52

投稿元:ブクログ

諸事情で豪華客船で旅をする事に。
その船内で出会った子爵令息と、殺人事件。

とりあえず、犯人は分かりやすいです。
消去法で分かります。
トリックうんぬんはおいておいても分かります。
なので、きっと人間関係の方を楽しめば?

名前に付いている『D』も一体何なのか。
最後まで読めば分かりますが、言われて納得。
話としては最後の方がスリリング?
しかし物語が出会って恋愛して…なので
結局届けられたかが謎。
まぁそこは気にしなくてもよいのでしょうが。
何せ、ものは皆様が欲しいものでなさそうですし。

2012/02/18 01:14

投稿元:ブクログ

ミステリーとしては弱いかなぁ。定番というか、犯人も最初に予想が付くし。というか、結局秘密は解明されてないような。
ティアラだからなんだろうけど、別にえろなくても良かったような・・・むしろ無い方が良かったような・・・。

2014/02/28 20:16

投稿元:ブクログ

推理物を期待して読むと肩すかしがひどい。名探偵が出てくるんだから謎解きの方ももうちょっとそれなりの物を出して欲しかった。せめてアクション。エロはもう、一応無いことも無いですよってぐらい。

2012/01/13 23:42

投稿元:ブクログ

前半はクリスティーの雰囲気にちょっと似てて良い感じ。後半のティアラ特有のエロはマジでいらないと思った。

2012/05/05 21:23

投稿元:ブクログ

話的にはいいと思うのですけど、別にティアラじゃなくてもよかったかなぁって思いました。

殺人事件の謎解きはいいのだけど、結局おばあちゃんが持っていたオレンジ色の耳飾りがなんだったのかは結局分からずじまいで終わったのは、もやもやしちゃいました。

どうせなら、ちゃんと耳飾りを届けたところとか、イギリスに戻ったあと、二人がどうなったかまで書いて欲しかったです。ちょっと残念。

2012/03/19 09:24

投稿元:ブクログ

ティアラで探偵ものは珍しい。あんまり期待はせずに読んだけど、普通に面白かった。
(但し、あくまでティアラの作品として)

2013/10/01 22:42

投稿元:ブクログ

【エロ注意】主人公が殺人事件の容疑者に!助けてくれたのは、自称名探偵の子爵だった。

あらすじは面白いし、内容も悪くないと思うけど、ラブを入れるには淡々としてて、ぶっちゃけエロがねじ込んだ感。

エロ以外のとこでも楽しませようとしてる作者の心意気は好きなんだけど、ティアラならもっとラブ寄せしてもよかったかも。
あと、殺人事件の犯人は捕まったけど、その動機になったブツの謎が残ったままなのが気になった。重要だと思うんだけどなぁ。

サイト内検索

キーワードを入力