詳細検索

全品ポイント2倍(0620-30)

女子をこじらせて

試し読みする

  • 発行年月:2011.12
  • 出版社:ポット出版
  • サイズ:19cm/250p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7808-0172-9

読割50

  • 国内送料無料

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

女子をこじらせて

雨宮 まみ (著)

紙書籍

1,620 ポイント:15pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

1,008(9pt) 女子をこじらせて

紙書籍より:612円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

1,028(9pt) 女子をこじらせて

紙書籍より:592円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

非モテからなぜか「職業AVライター」に。「女子」という生きづらさを描き出す、平成こじらせガール漂流記。久保ミツロウとの特別対談も収録。ポット出版ウェブサイトでの連載「セッ...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

非モテからなぜか「職業AVライター」に。「女子」という生きづらさを描き出す、平成こじらせガール漂流記。久保ミツロウとの特別対談も収録。ポット出版ウェブサイトでの連載「セックスをこじらせて」に加筆修正し書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

書店員レビュー

丸善札幌北一条店

ページをめくるたびに...

丸善札幌北一条店さん

ページをめくるたびに震える指…くそう!これは私か!

全てに共感できる、というわけではありません。
そりゃそうです、「こじらせ」方は皆違いますから。

でも、一度くらい誰だって感じたことのある

「『女』って何!?『女だから』ってなんなの!?」

とか、

「すごぉい!尊敬しちゃうなぁ♪」
的なリア充女子に対する言い表せない苛立ち…(これは私だけでしょうか)

この本を読めば、そんな卑屈な感情が解決します。
いや、解決というより、自己分析が大好きなこじらせ系にとって
自分を知るための糸口が見つかる、といったほうが正しいかもしれません。

私なんか良いところ何もなくて…
そんな、もはや心が「モテない女」にとって
この本はバイブル的な存在になるでしょう。と、言ってみたり。

そんなばかな、と思って読んでみてください。視界が広がります。
自分は卑屈だと嫌でも気づかされます。

巻末に『モテキ』の作者の久保ミツロウさんとの対談も掲載されています。
この対談は、もう本当に…こじらせてるなー!って感じです。
いやいや多くは語りませんよ!というか、語れません!

一気読み間違いなし!

鎌田

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 3.6
3.6
評価内訳 全て(63件)
★★★★★(8件)
★★★★☆(21件)
★★★☆☆(16件)
★★☆☆☆(6件)
★☆☆☆☆(2件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価0 投稿元:ブクログ

2014/10/05 13:17

こじらせてるということじたいが恥ずかしいというか、こじらせてますと宣言することさえできない自意識過剰だから、この本よんで痛いこと痛いこと。最後の対談の年末決算的な告白に激しく共感した。駆け引きできる勇気がないくせに玉砕する覚悟はある。というところ。

評価2 投稿元:ブクログ

2012/10/14 21:45

仕事をするまでの下りは、いわゆる学生時代のヒエラルキーに
苦しんでいた自分としては、まるで私の心を代弁してくれているのか!と
目からウロコのようだった。

でも結局はそれって自分はこんなじゃないはず、もっと私をわかって、
周りは私のこういうところがいやなんだろうなとか、必要以上に
自意識過剰だったんだよなぁと今なら振り返ることができる。
でも、あの頃は無理だった。
そして、どっかでねじれてねじれにねじれまくって、何だか
「私何も気にしてないもん」という女になっていた。

結局、こじらせを整理できなかった結果なのか、どうなのかわからない。

仕事を始めてから、後半は彼女の心理を理解するのに疲れてしまって、理解不能になってしまった。

評価0 投稿元:ブクログ

2015/01/29 21:38

テレビでも「こじらせ女子」というのがあって先頃話題になったが、どうも本書はそのことばの発案者らしい。ぼくは読んだことがないが、まみさん(これはペンネーム)はAVの分野で批評を書いたり、映画を撮ったりしているらしい。「弟よ」というブログは弟へのAV案内だという。まみさんは今はAV批評ではそれなりに知られた人で、本も何冊か出していて、ネットを見るとサイン会もやっているようだ。そんなまみさんは、もとはと言えば、女に生まれながら、顔も胸も肌も自信がなく、ひたすら劣等感にさいなまれて育っていった。そんなまみさんに転機が訪れたのは、大学受験で九州から上京し、ホテルでアダルトビデオを見たことだ。AVというと男しか感じない、見ないと思われているかもしれないが、まみさんはそこからこの世界にはまり込む。とは言っても、まみさんにとって学生時代はずっと暗黒の時代。そんなまみさんの人生を変えたのは、大学時代の友人の彼氏と寝てしまったことである。それは友人を裏切ることではあるが、新しい世界の始まりでもあった。それをきっかけに男にはまりだす。しかし、さらに彼女を飛躍させたのはバニーガールのアルバイト。そこで彼女は女の「もて」が決して顔だけではなく、本当は性格だということを知る。さらにさらに、彼女が正式に働いたのはなんとAVの雑誌だった。そこで、彼女は編集長にほめられ、自分の才能に目覚めていくが、それもやがてマンネリ化する。やめて古里に帰った彼女が復帰するのはフリーのライターとしてであった。フリーになって気づいたのは、それまでにきびだらけだった肌がキレイになっていたことだ。人から「美人だね」などと言われるようにもなった。つまり、彼女は集団のストレスから肌荒れを起こしていたのである。そして、そして、彼女は自分をすなおに女と認め、女に自分の仲間を見つける中で自分自身のこじらせを修復していくのである。

評価3 投稿元:ブクログ

2012/05/08 23:29

大きく頷いてしまう部分もあれば首をかしげてしまう場面もあるんだけど、女性が自身の性の歴史をここまで語っていらっしゃることがすばらしい。私もあけすけに語りたい!語ってみたい!…と思ったけど語るほどの歴史はなかった。残念。

それにしても性の捉え方も様々なら、女性性・男性性の考え方もほんとうに様々だなあ、と。様々であることが肯定される世界こそが理想なのかも。そういう意味では、こうしたエッセイや女性向けのエロ媒体が広げてくれるだろう世界にとても期待している。

評価4 投稿元:ブクログ

2011/12/19 00:05

途中までは「俺がおる!」と思いましたが、最後の対談で男は仕事とモテが同時に上がるとか言われて、自分の場合もっと根が深いのかもと思いました、まだまだ頑張れってことかい!?

こじらせ系は自己分析して色んなコト改善しちゃうとか、結構努力してるとは思うんですが、一回落ちなくても良いトコまで勝手に落ちたのが悪いので、自業自得という結論に至りました。

生きることがただの懺悔にならないように小さな目標達成を少しずつやってくしかないですなー。

自分で勝手にダメになった、って言葉には首を縦に振るしかなかったっすねー。

前向きで、ちゃんと確実に前に進んでるのに「なんでまだそんなところにいるの?」って人は触れてはいけないイタい時期があった、ということで。

まわりに結構こじらせ系が多い気がするんだよな。このレビューに何か感じるものがあれば、この本読んでいただくのが吉かと思います。

評価4 投稿元:ブクログ

2012/03/22 22:10

異性を欲情させることが自分の存在価値だと信じた女子の苦闘を書いているが、「他者の価値観を内在させてしまった者の生きにくさ」という視点から見れば、男女を問わず多くの人の共感を呼ぶ本だと思う。

評価5 投稿元:ブクログ

2013/06/06 00:17

久しぶりに、人間の、というか女の、本音を書いた文章を読んだ気がする。

ここまで赤裸々に書かなくても…なくらい、女子をこじらせてしまった筆者ネガティブでどろどろとした感情とこじらせ街道を突っ走ってきた(黒)歴史がありのまま描かれている。

私だけじゃなかったんだ!という安堵感と、そこまで卑屈にならなくても…というちょっとイタい感じと、色々ごちゃまぜになったというのが素直な感想。でもそれが自然な感情なんじゃないかと思ったし、最近はあまりに綺麗な文章にばかり触れていたことに気付いて逆にすっきりした。

コンプレックスというものはなかなか困ったもので、他人からみれはたいしたことなくても、自分がそう思えばそうなってしまう。早い話が思い込みなのだけれど、気にしなければいいなんてそんな簡単なもんじゃない。それができればこじらせてなんかいない。

こじらせ方は人それぞれ、それぞれのこじれと葛藤とジレンマの中で戦っている。こじらせながら戦いつつも、自分は自分という人間からは逃れられないのだから、自分とは一生付き合っていかなければならないのだから、長所も短所もひっくるめて、自分をありのまま受け入れられるようになれたらいいなと思う。

☆5つけましたが、誰が読んでも面白いという類のものではないと思います。刺激強めなのでご注意。

評価4 投稿元:ブクログ

2012/03/05 20:20

女ながらに幼少期から過剰な性欲を抑えられず、でも厳しい両親の元に育ったため色々と抑制された思春期を過ごしてきた著者が大学受験で東京のホテルに宿泊したときに人生初のAVを鑑賞する機会に恵まれ?まんまとAVにはまってしまい、大好きなAVのライターになるのね、その著者の幼少期から今までのノンフィクションノンストップ自叙伝的な・・・
彼女のコンプレックスは半端じゃないけど、人は誰でもコンプレックス持ってるから共感できるところはあるはず。
女ながらにそこまでブッチャけてしまう勢いと根性はアッパレ!見習いたいとこだね、でも私は一般人だからそこまで突き抜けるのは無理だw
ぶっ飛んでるのにだいぶピュア(真のピュアな人が聞いたら怒るかもw)、赤裸々の極みです。
文章のテンポがいいからすぐ読めます。
嫌いな人は大嫌いな本だから気をつけてね。

評価0 投稿元:ブクログ

2012/03/01 11:49

最終章「当たり前の解放」と久保ミツロウさんとの対談でわーーーっ私のことが書いてあるーーーっとなった九州長女系こじらせ喪女(30)

評価2 投稿元:ブクログ

2015/11/26 12:18

ずっと読みたいと思っていましたが、私には合いませんでし た。途中から読むのが苦痛だった。特に著者がライターとして働き出したあたりから。愚痴のオンパレード。本には共感だけを求めているわけではありませんが、愚痴というのは共感できる内容でないと本当に疲れます。しみじみ感じた。
これはライターになる前の話だけど、自信がないのに奇抜な格好をしたりバニーガールになったり友達の男と寝たり、私には理解できません。
性差の悩みには多少は共感を覚えます。でも、私は雨宮さんほどには女であることをこじらせていないんだとわかりました。

評価2 投稿元:ブクログ

2011/12/10 23:27

絶賛こじらせ中の身につまされる思いで読了…。
巻末の久保ミツロウさんとの対談がこじらせあるあるすぎて笑い泣き。
私は「自分にはなにもない」ことがこじらせの根っこな気がしてるんですけど、「確かな何かを持ってる」人もこじらせるのねー。

こじらせてると、読むのわりとしんどい本かもしれないですが(共感しちゃってつらくなるもしくは苛々しちゃう)読んだ人の感想とか、話を聞きたいなーと思いました。
(だってレビューがぜんぜんないから…!)

評価3 投稿元:ブクログ

2013/03/28 00:26

AVライターである著者の半生が包み隠さず語られている。5w1hなんで生易しいものではなく、親が読んだら1週間は寝込んでしまうくらい曝け出されている。読了後、酒場でこれまでの人生を語られたような気分に…。こういう本を手に取るくらいですから、ワタシもいろいろこじらせているわけです。ですから、共感ポイントが多々ありまして、図書館で借りた本にも関わらず赤線をひきたくなる衝動に駆られながらも読み進めていたせいか、読むのに相当時間がかかりました。そうそう、「モテキ」の作者・久保ミツロウさん(女性)との対談もありまして、もう仲間に入れてほしいくらいでしたよ。ネタバレという名の総括ですが、著者は女性に生まれたこと自体がコンプレックス。ですから、今後もこじらせ街道を驀進してゆくに違いないのですが、こじらせ隊の一員としては本当に幸せになってほしいです。人よりも何倍も不器用で、だからこそ、自我の蟻地獄にはまってしまうわけですよ、こじらせ隊は。きっと。
最後に、久保さんの名言を。これでちょっと救われた気がしたんです…。会社員だけど一応ライター職だし。すっごい大事に育てられたのに、どこでどう歪んで今に至るのかは当人にもわかりません…座右の銘にしようかな。
「たとえ今が辛くても『あれはいつかネタとして昇華できる』っていう面白い出来事があると、文筆業はいいんじゃないかな。こじらせてない人って、あんまり表現力がない気がするんだよね。表現できることが自分の幸せだとしたら、こじらせるのは才能だと思う」

評価5 投稿元:ブクログ

2012/01/15 11:50

超こじらせてた頃を思い出した。
思いだしていたら、まだ全然こじらせ中なことに気付いた。


ワガママも矛盾も見栄もしたたかさも
宇宙より大きく抱えている女子が、それでも好き。超めんどくさいけど

評価3 投稿元:ブクログ

2012/07/07 17:23

こじらせ系女子って言葉を最近耳にするようになりましたが、この著者が発信し始めた言葉のようですね。ただ、この作品はこじらせ系女子の特徴やパターンを説明したものではなく、ひたすら自分の過去から現在までをじめじめと過度な自嘲を込めて書き連ねています。ポップな表紙と内容の暗さのギャップはかなりありますが、世の中にはこういう人もいるんだーと他人事として面白く読めました。

評価4 投稿元:ブクログ

2012/09/28 00:59

思春期以降みずからの女性性にすっかり自信を喪失した著者は、「女子をこじらせて」…つまり女性としての自分を持て余し迷走を続けた結果、AVライターなる職業に就くことになる。さらには“美人ライター”なんていう称号まで与えられ、すっかり「女性失格」の汚名を返上したはずなのに、それでもまだ逃げられない「女性とは/私とは」という問い。
巻末は漫画家久保ミツロウとの対談。

最近オンラインマガジン等で「こじらせ女子」という言葉をたまに見かけ、ちょっと気になって記事を読んでみたら…「こじらせ女子」って思いっきり私のことじゃん!!!これは何としてもこの言葉を生んだ本を読まなくては、ということで読んでみた。

結論から言うと、オンラインマガジンで「あるある」的に、つまり適度に人々からのシンパシーを獲得できる程度に懐柔された内容とは違い、著者の半生は同じ「こじらせ女子」の私から見てもかなりイタい。著者もあとがきで「私の屍を超えてもらうために書いた/こじらせたって誰も助けちゃくれないんだし、みんな頑張って」という主旨のコメントを書いており、確かにこの屍なら越えられそうという気がしてしまう(笑)。

この本の収穫は、本編以上に巻末の久保ミツロウとの対談(しかも主に久保側の発言)だった。
「こじらせて自省を重ねた人間は、自分を表現できるようになるから、こじらせるのも一つの才能(こじらせたことが無い人の文章はつまらない、とも言ってたっけ?)」っていうのが、本来、こじらせたことのある人間が辿りつくべき境地だと感じたし、著者は久保に対して随分上から目線で語ってたけど、傍から見ると久保の方が自己分析度合いは上という印象を受けた。

蛇足だが、久保が言う「なんでこの程度の女が彼氏連れて…」みたいな気持ちや「年末総決算的な恋愛幕引き」は、悲しいほど身に覚えがあるので深く反省した。。。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.