サイト内検索

キーワードを入力

詳細検索

送料無料

全品ポイント2倍

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 物語のルミナリエ
物語のルミナリエ(光文社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/498p
  • 利用対象:一般
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

物語のルミナリエ (光文社文庫 異形コレクション)

著者 蒼井 上鷹 (ほか著),井上 雅彦 (監修)

全篇新作書下ろしショートショート78篇。小さな物語の光を集めて、人々に元気を与える。そんなコンセプトを立てて原稿を集めた。【「BOOK」データベースの商品解説】

物語のルミナリエ (光文社文庫 異形コレクション)

967(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

平谷美樹 著 17
幽霊に関する一考察 飛鳥部勝則 著 21−26
オレオレ 草上仁 著 27−32

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2012/02/09 00:22

投稿元:ブクログ

今回は昨年3月11日の東日本大震災への追悼、チャリティー色が濃く、「異形コレクション」というアンソロジー・シリーズ中の1冊としてはかなり異色。
何より慰霊、鎮魂、追悼というイメージが強く、また構成的に似たカラーの作品が続くので、正直なところ読み進めるのが辛くなるというかいたたまれなくなることも。
単純に読んで愉しむという代物ではないような。

詳細はこちらに。
http://rene-tennis.blog.so-net.ne.jp/2012-02-08

2012/02/11 23:04

投稿元:ブクログ

ショートショート集。震災を意識されたものもありますが、基本的にはさまざまなテイストで描かれています。幻想あり、SFあり、心温まる物語あり。誰にとっても、きっとひとつはお気に入りが見つかるはず。
お気に入りは新井素子「林檎」。……いえ、猫好きのえこひいきなのかもしれませんが(苦笑)。なんともいい話だなあ。微笑ましくって温かくって。だけど一番大切なのは、自分なりの幸せを見つけ出すことなのかも。

2012/03/13 02:56

投稿元:ブクログ

 神戸で毎年12月に開催される「神戸ルミナリエ」は、多くの電飾が夜の街を彩る幻想的な催しだ(東京で開催されていた「東京ミレナリオ」と語感が良く似ていることでも有名である)。例年数百万人が訪れるというこの催しは、今では冬の神戸を美しく照らし出すイベントとしてすっかり定着し、そこには商業主義的な華やかさが色濃い。しかし、そこには何処か厳粛さが漂っている事に観光客らは気づいているだろうか。
 ルミナリエは阪神・淡路大震災が発生した1995年に、その記憶を次代に受け継ぐためのイベントとして始まったのだ。その華麗なイルミネーションの中に、鎮魂の祈りが込められている。

 そして2011年。東北地方を中心に再び巨大な災害が東日本を襲った。大地震とそれに伴う大津波、そして原発事故。「阪神・淡路」の傷も癒えようかという時期に発生した東日本大震災は多くの人の命を奪い日本の社会に大きな衝撃を与えた。
 あまりにも理不尽な悲劇の中で、多くの人たちが助け合いの心で自分にできる事を考えていた。それは募金であったりボランティアであったりしただろう。それが苦しんでいる人たちを救う少しでも手助けになれば、という気持だったに違いない。

 そんな時、僕は一つの事を考えていた。直接的に「モノ」を製造しているわけではない、いわゆるアーティストやクリエイター、広義の表現者らがこのような局面でできることとは何なのだろうか、と。
 そう考えたのは僕が個人的に昔から小説好きだった事によるものだ。だからもっと直截に言えば、この震災に直面して作家は一体何ができるのだろう、と思ったのだ。

 本書はその問いへの一つの答えである。井上雅彦監修により1998年から刊行が続けられているホラー・アンソロジー・シリーズ「異形コレクション」。その48巻目となるこの本は、78編の作品が収められたショートショート集である。このシリーズは殆どが短編集の形をとっているが、以前にも一度だけショートショート集が刊行された事がある。39巻の「ひとにぎりの異形」だ。しかし序文にも書かれている通り、その時とは違うもう一つの意味が本書には加えられている。大災害で失われてしまったものへの哀悼と復興への祈りだ。

 序文や巻末の「感謝の辞」に記されている通り、井上雅彦はあの災害を目の当たりにして、自分にできる事、すべき事について思い悩み抜いたようだ。自らが事務局長を務めていた「日本SF作家クラブ」で義援金を集める活動など進める内に、やがて「物語の力」へと思いが至ったそうだ。
 確かに、寝る場所や食べるものも覚束ないなかで小説を読む気力など生まれないだろう。しかし、再び歩み出すための一歩を踏みしめようとしている人に、物語は確かに強い力を与えてくれるはずだ。
 自分はどうしようもなく創作者なのだ、と語る井上雅彦の姿勢は、真摯に災害と向き合っているように思える。
 「ショートショートなら停電までの短い時間を利用して物語の世界で憩うことができる、などとそんなことまで考えてしまったのだった」という彼の言葉が印象的だ。
 計画停電という前代未聞の状況まで引き起こした原��事故の中で、果たして苦難の中にいる人たちがどれだけ物語で癒される事ができたかはわからない。中には今でも生きていくのに精一杯で、フィクションどころではないという人も少なくないだろう。
 しかし、ここに集められた作家達の作品は、決して手抜きの無い、今の時代にしか書かれえなかったものばかりだ。時間がかかっても、少しだけでも、その想いが傷を癒せればいいと思う。

 正面から震災を扱った作品もあれば、あえて馬鹿な笑いに取り組む作家もいる。それぞれのスタンスで震災に向き合い、困難に向き合っている。最も象徴的なのは、冒頭に収録されている岩手県在住の作家・平谷美樹の「猫」と題された一編。たった8行しかない、収録作の中でも群を抜いて短いこの一編の中に、破滅と新たな出発が描かれており、本書の持つ意義と作家たちの決意を高らかに表明しているようだ。

 時期柄、昨年7月に亡くなったSF作家・小松左京への哀悼が込められた作品も収められている。『日本沈没』で文明の脆さを抉り出し、阪神・淡路大震災を経験し、東日本大震災を目撃したSF作家は、復興の道を歩み始めたばかりのこの国をどう思いながら空へ旅立っていったのだろう。

 夜空を彩る燦めき(ルミナリエ)が人の心に暖かいものを灯すように、少しでも物語の力が再生へのエンジンを駆動させてくれるよう。災害の影響から遠く離れたところに暮らす僕が言うのもおこがましいかも知れないが、それでも、だからこそ、想像力は決して無駄なものではないと、僕は信じている。

サイト内検索

キーワードを入力