サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. モリーの言えない秘密

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

モリーの言えない秘密(MIRA文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

モリーの言えない秘密 (MIRA文庫)

著者 ヴィクトリア・ダール (著),琴葉 かいら (訳)

モリーが10年ぶりに故郷に帰ってきたのには訳がある。亡きおばが遺した家に住むため、というのは表向きの理由で、本当は兄の親友ベンに会うためだ。寡黙ながらハンサムで頼もしいベ...

もっと見る

モリーの言えない秘密 (MIRA文庫)

916(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

モリーの言えない秘密

756(税込)

モリーの言えない秘密

ポイント :7pt / 紙の本より160おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

モリーが10年ぶりに故郷に帰ってきたのには訳がある。亡きおばが遺した家に住むため、というのは表向きの理由で、本当は兄の親友ベンに会うためだ。寡黙ながらハンサムで頼もしいベンに、モリーは昔から憧れていた。ほのかな想いが情熱的なものへと形を変えたのは、モリーが故郷を出る直前のこと。あの日、偶然見てしまったのだ—快感に浸るベンの淫らな姿を。以来、彼に抱かれる日を密かに夢見てきたモリーは、今こそその夢を叶えようとするが、ベンは相変わらずモリーのことなど妹扱い。そこでモリーは、大胆な作戦に出た。【「BOOK」データベースの商品解説】

昔から憧れていたハンサムで頼もしいベンに会うため、故郷に帰ってきたモリー。かつて快感に浸るベンの淫らな姿を偶然見てしまったモリーは、以来、彼に抱かれる日を密かに夢見てきたのだが…。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2012/04/09 16:07

投稿元:ブクログ

10年ぶりに故郷に帰ってきたヒロイン。警察署長ヒーロー。
少女時代の淡い恋の相手の淫らな姿が忘れられないヒロインだったけどヒーローのほうも少女時代から美しかったヒロインを想いえがくぐらい惹かれていたわけで 過去の燃えかすに火が着いたような二人の関係。
周囲で不気味な出来事が重なってストーカーまで出現して彼らの関係に横やりが入ったけれど 犯人達の荒んだ想いは二人には届かないと思うのよ。

2012/07/07 15:15

投稿元:ブクログ

10年前に見てしまったヒーローのみだらな姿、とかいう扇情的なあおりのとおりとってもホットな話でした、前半は。
がしかし、やっと二人がうまくいきかけたところで、ヒロインが隠していたとある秘密が明るみに出て二人の仲が怪しくなったり、ヒロインの昔の彼氏が現れたりと、後半の展開がかなりきつい。こわい。
素人創作をたしなむ身としては、書いたもの=自分の経験・願望だと思われるあたりが一番怖かった。殺人事件を書いてるミステリ作家がリアルで人を殺したがってるとは誰も思わないでしょ。

2012/05/16 16:09

投稿元:ブクログ

官能小説家をしてるのが秘密のモリー・ジェニングスが10年ぶりに故郷に帰り、再会した警察署長のベン・ローソンとの物語。好みじゃない。

2015/04/24 22:18

投稿元:ブクログ

亡くなった叔母の家に越してきたモリー。10年振りに戻った町には昔好きだったベンがいて、彼とはとある因縁があった……あらすじだけを読むと、単なる官能小説家と思ったら、結構サスペンスだった。ヒロインはちょっと隙がありすぎだろうと思うし、ヘタすると死んでるよ! とベンじゃなくてもハラハラする。でも憎めない。それ以上に警察署長であるはずのベンがかわいい。モリーの職業を邪推して悶々する場面は、シットコムの海外ドラマを見てるみたいに映像として浮かんでくる。
コミカルなタッチが楽しく、登場人物の背景が細かく描かれていて、日本じゃ到底考えられないぶっ飛んでいる登場人物にも感情移入できる。
そして時に切ない。ベンがモリーの写真を撮って、置いておくところ、すごくよかった。死刑台のエレベーターのラストシーンみたいな。映像がはっきりと浮かんでくる情景描写がうまいなあと思う。
ただ、いくら官能小説家と言っても、警察署長ともホットシーンだというのにちょっとやり過ぎ感があり、その辺が星ひとつ減。
でもこれもスピンオフのお楽しみが有り、ローリ、ジェーンと話は続く。勿論読みますとも。

2016/10/08 15:49

投稿元:ブクログ

モリーは亡くなったおばが遺した家に住む為に、10年ぶりに故郷に帰ってきた。が、それは表向きの理由で、本当は兄の親友ベンに逢うためだった。
ずっと憧れてきたベンに、今こそ抱かれたい。だがベンはモリーを妹扱い。
そこでモリーは大胆な作戦に出ることにした。


面白かった。
つか、小さい街って嫌だね。街の普通の人の事が新聞に載るなんて。

ヒロインのモリーとベンは昔からお互い好意を持ち合ってて、やっとくっついたわけで。
しかしモリーは、自分の仕事内容を完全黙秘。これ、ここまで頑なじゃなくても…と思った。
「本書いてるけど、先入観を持たれたくないし、身近な人が読んでると思うと落ち着かないから、内緒にしておきたい」くらい言えば、ここまで興味を惹かれないのでは。
まぁ、話を面白くするにはこういう「ちょっとやり過ぎでは」な部分がないとダメなのかもね。

ところで、最近読んだロマンス本はみんなそうなんだけど、家庭を持ちたいって思うことは愚かなことなのかね?
みんな最初は「大人としてセックスする関係でいましょう。面倒くさいことはなし」みたいなスタンスを出すんだけど、真面目に結婚前提でお付き合いするってのは大人としておかしいのでしょうか。

んー、まぁ☆は3つ。