サイト内検索

詳細検索

送料無料

カレンダーポイント5倍キャンペーン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ブラックアフリカ紀行 サハラ砂漠を縦断せよ
ブラックアフリカ紀行 サハラ砂漠を縦断せよ
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/05/13
  • 出版社: 彩図社
  • サイズ:15cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-88392-839-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ブラックアフリカ紀行 サハラ砂漠を縦断せよ

著者 平間 康人 (著)

“ブラックアフリカ”という言葉の響きに魅せられて出た旅。言葉も常識も通じない大陸で、何が待ち受けているのか? セネガルの首都ダカールからスペインのマドリードまで、サハラ砂...

もっと見る

ブラックアフリカ紀行 サハラ砂漠を縦断せよ

669(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

“ブラックアフリカ”という言葉の響きに魅せられて出た旅。言葉も常識も通じない大陸で、何が待ち受けているのか? セネガルの首都ダカールからスペインのマドリードまで、サハラ砂漠縦断の旅を綴る。〔「アフリカ「裏」旅行」(2008年刊)の改題,再編集〕

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2012/10/23 22:43

投稿元:ブクログ

最近、彩図社の海外旅行物を好んで読んでいます。

現地でのえげつないボッタクリや強盗エピソードなどは国内の旅行では殆ど淘汰され、まず聞く事がありませんが、国外ではまだまだあるというのがゲスな言い方ではありますが非常に楽しく読めます。

あくどい人もいれば、掛け値なしのいい奴もいる。日本とは全く異なる国でのこういう出会いというのが旅の醍醐味なんでしょう。

モーリタニアのヌアディブ行き列車内での足蹴と懐中電灯ビーム席取り攻防の一戦を終え、夜が明けた車内で和やかなムードになるエピソード。一晩中競り合っておきながら何和気あいあいしとるのと思いながらも、そういう思い出も悪くはなさそうに見えるから困る。

アフリカという大陸を一括りにして認識しがちな自分ではありますが、実際にはそれぞれの国により気候や民族も異なっているというのを忘れてはいけない。
最近は日本や中国の企業もどんどん進出してきているので、今後は無視・無関心ではいられない。21世紀というのはアフリカがまた大きく変わる時代になるのでしょう。

とりあえず著者の平間さんは頑張って旅をしてください、友人の川島さんがパイロットになれる、その日まで。

追記
最後に本書を象徴する、宿のオーナーからの素敵な言葉を紹介してレビューの締めとしましょう。
「どうなるか分からない。なぜならここはアフリカだから。」

ぶんりき文庫 ランキング

ぶんりき文庫のランキングをご紹介します一覧を見る