詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 会津に恋して 幕末を戦い、明治を生きた25人の「最後の武士」

会津に恋して 幕末を戦い、明治を生きた25人の「最後の武士」

  • 取扱開始日:2012/10/22
  • 出版社:新人物往来社
  • サイズ:19cm/207p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-404-04262-0

読割50

  • 国内送料無料

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

会津に恋して 幕末を戦い、明治を生きた25人の「最後の武士」

小日向 えり (著)

紙書籍

1,512 ポイント:14pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

1,512(14pt) 会津に恋して

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

会津に恋した歴ドル・小日向えりが、新島八重をはじめとする「会津の士風を持ち、美しく生きた人びと」25人を、独自の目線で紹介する。『歴史読本』連載に書きおろしを加えて単行本...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

会津に恋した歴ドル・小日向えりが、新島八重をはじめとする「会津の士風を持ち、美しく生きた人びと」25人を、独自の目線で紹介する。『歴史読本』連載に書きおろしを加えて単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

小日向 えり

略歴
〈小日向えり〉1988年生まれ。奈良県出身。横浜国立大学教育人間科学部卒業。元祖歴史アイドル(歴ドル)として活躍。2012年、会津親善大使に任命される。著書に「恋する三国志」など。

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 4.4
4.4
評価内訳 全て(3件)
★★★★★(1件)
★★★★☆(2件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価4 投稿元:ブクログ

2015/01/16 13:47

いつもながら小日向えりさんの本は読みやすいのでありがたい。私のように微妙にわかっててわかってないひとにも読めるように書いてくれています。さらに、「イケメン幕末史」にも掲載されていた方でも、取り上げられているエピソードのダブリがほとんどなかったので単純に「すごいな!」と思いました。
この本は、会津戦争を中心にかかわっていた幕末の人々が25人とりあげられています。
山本八重はもちろん、兄の覚馬に元夫の川崎尚之助、その他名前を聞けば「八重の桜」の時のキャスティングで頭に浮かぶような方々がずらり。久しぶりに「八重の桜」が楽しめたような気分です。
ちなみに、大河ドラマの放送に合わせて出版されたのかと思っていたらそうでもなかったみたいですねw

評価4 投稿元:ブクログ

2013/05/22 13:01

「会津に恋して」。
このタイトルに惹かれて読み始める。
福島は隣県、小学校時分から「白虎隊」のことも
知っていたし、小学校時、そこの歴史探訪(飯盛山を含む)をした記憶も
残っている。(「記憶の書き換え」ではないと、思うが・・)

読んで一番心に残った人は、山本覚馬。
目を患いながらも、過酷な試練を乗り越えて、後世に残る学問の
礎を成したからだ。高校時代、進学を考えた大学の一つでもある
「同志社」がこの人の尽力が大だったとは・・・。

次に松平容保(かたもり)
「孝明天皇に忠誠を尽くした悲劇の会津藩主」と本にあるが、
凄絶な一生に言葉を失ってしまう。

中野竹子はこの本で初めて知った。
「江戸生まれの垢抜けた美で文武両道 (略) 幼少の頃から頭が良く、
五歳で「百人一首」を暗唱して、一字も誤らなかったそうです」。

会津藩関係で活躍した人達は、男女を問わず、文武両道の人達が
多かったという印象を持つ。

覚えておきたい人物
柴五郎
義和団の乱で多くの人びとを救出、世界に尊敬された会津人。

新島八重、父・権八 母・佐久
新島  襄

川崎尚之助
最後まで会津藩とともに生きた八重の最初の夫。

西郷頼母(たのも)
容保の京都行に最後まで反対した悲劇の宰相。

萱野権兵衛
「反逆の首謀者」として会津藩の罪を一身に背負い切腹。

佐川官兵衛
鬼と呼ばれた会津随一の猛将。

大山捨松
鹿鳴館の花と謳われた貴婦人。

照姫
籠城戦の象徴として女性たちを指揮した容保の義姉。

斉藤一(はじめ)
会津藩に殉じた新撰組随一の剣の使い手。

土方歳三
武士より武士らしい「ラスト・サムライ」。

秩父宮妃勢津子
会津復権の架け橋となったプリンセス。

評価5 投稿元:ブクログ

2012/11/26 10:10

幕末の会津藩に関わる25人の人物群像。
著者の思い入れが伝わって来る。
来年の大河ドラマ「八重の桜」を見る前に読んでおくといいと思う。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.