詳細検索

全品ポイント2倍(0620-30)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 韓国人が書いた韓国が「反日国家」である本当の理由

韓国人が書いた韓国が「反日国家」である本当の理由

  • 取扱開始日:2012/10/04
  • 出版社:彩図社
  • サイズ:19cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-88392-888-0

読割50

  • 国内送料無料

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

韓国人が書いた韓国が「反日国家」である本当の理由

崔 碩栄 (著)

  • 全体の評価 未評価
  • あなたの評価 この商品を評価して本棚に反映 評価しました! ×

紙書籍

1,404 ポイント:13pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

1,193(11pt) 韓国人が書いた 韓国が「反日国家」である本当の理由

紙書籍より:211円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

竹島、慰安婦、サッカー日韓戦…。韓国人はなぜ過剰に反応するのか? 韓国の過激な反日感情は、「反日型人間」として成長せざるを得ないシステムによって作り上げられた。韓国人の著...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

竹島、慰安婦、サッカー日韓戦…。韓国人はなぜ過剰に反応するのか? 韓国の過激な反日感情は、「反日型人間」として成長せざるを得ないシステムによって作り上げられた。韓国人の著者が「反日システム」の全てを解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

崔 碩栄

略歴
〈崔碩栄〉1972年韓国生まれ。韓国の大学で日本学を専攻し、99年渡日。関東地方の国立大学で教育学修士号を取得。2009年韓国へ帰国し著作活動を開始。フリーライターとして雑誌などに連載を持つ。

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 未評価
0.0
評価内訳 全て(0件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

韓国人の思考

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2013/01/12 23:21

評価5 投稿者:サマンサ - この投稿者のレビュー一覧を見る

韓国人の立場に立った物事の考え方を日本向けにわかりやすく書かれているため、韓国という国を理解するには良いきっかけになる本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍 具体的な状況が分かる

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/02/01 07:30

評価4 投稿者:delphoi - この投稿者のレビュー一覧を見る

おおまかなところは何となく想像できていたことだが、具体的なことが分かって興味深かった。本書が執筆されてから数年経過しているが、韓国も日本もほとんど変わっていないように感じる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価4 投稿元:ブクログ

2013/04/14 23:35

韓国は何故反日なのか知りたくて購入。
読んでて笑ってしまったり、気分が悪くなったり……。
隣国がこんなに異常とは知らなかったし、同時に日本も気持ち悪いなぁと思えた。韓国もだが、日本もおかしい。
いかにプロバガンダ?に踊らされているかよくわかったし、ニュースを見る目を変えるきっかけにもなった。著者さんに感謝。
ベトナムの学生の言葉がよかった。

評価3 投稿元:ブクログ

2012/11/05 18:17

韓国は面倒くさい国家だなぁと改めて感じた。都合の悪いことは聞こえないようにしてると、友達を失う。韓国、日本に対する提言は妥当。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/09/08 15:55

元々こういう類の本は読まないようにしているのだが(偏見に満ちている可能性が高いから)、Twitterでこの本の著者のTweetを見て、信用に足る人物だと信じられたので購入したのが本書。

韓国人がなぜ不可解なまでの反日的行動をとるのか。それは単純に「過去の歴史」とは言えない、憎しみを増幅(それも常軌を逸したほどに)させるいわば"仕掛け"のようなものが社会や教育の中にごく当たり前に組み込まれていること原因だということが分かる。

◼️p89 慰安婦問題は終戦直後から80年代まではまったく問題視されていなかったが、40年近く経った1980年代に突然話題となった問題である。

慰安婦問題にしても不思議な話だ。そんなに重大視する問題だとするならば、なぜそれまで大々的に問題視してこなかったのか?なぜ今になって銅像なのか?

こういう国家間の歴史問題はこじれると本当にややこしい。誰もが想像だけで語るようになれば、もはや史実なんてものは必要なくなってしまう。果たしてそれで本当にいいのか?少し話はズレるが、日韓にしても日中にしても、目先のことだけに捉われて大局的な解決を後世に丸投げしてきた今の老人たちの罪は重いと私は思う。彼らの戦後の努力を敬えというのなら、同時にこの負の遺産の責任にも言及しなければフェアではないのではないだろうか?

最初に「この本の著者が信用に足りる人物だと思えたから」この本を買ったと書いたが、それほどまでに日韓関係を語る人物には何か曰く付きを感じてしまうのだ。それほどまでにこじれてしまったこの関係性を正す方法があるのだとしたら、両国民が双方にとっての真実ではなく事実を真摯に見つめるほかないと思う。そして、時が過ぎれば過ぎるほどそれは困難になっていくように思えてしまう。

評価5 投稿元:ブクログ

2013/05/19 09:36

日本の慰安婦問題が取り上げられる前はずーっとアメリカ兵向けの慰安婦問題がメディアに取りあがられていたが、日本の問題で消えたというのが衝撃的だった、ひどい話だ。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.