紙の本 コミック・ライトノベル本ポイント2倍キャンペーン

詐騎士 5(レジーナブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料

紙の本

詐騎士 5 (レジーナブックス)

著者 かいとーこ (著)

腹黒女騎士、聖女のために大暴走!?念願かない、聖女を守る女騎士になった少女ルゼ。剣と魔法、腹の黒さに磨きをかけて、暗殺者らをたたっ斬り、聖騎士達には再教育。その一方で、王...

もっと見る

詐騎士 5 (レジーナブックス)

1,296(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「詐騎士 5」が含まれるセット商品

詐騎士 (レジーナブックス) 8巻セット(レジーナブックス)

詐騎士 (レジーナブックス) 8巻セット

商品説明

腹黒女騎士、聖女のために大暴走!?念願かない、聖女を守る女騎士になった少女ルゼ。剣と魔法、腹の黒さに磨きをかけて、暗殺者らをたたっ斬り、聖騎士達には再教育。その一方で、王子様との恋っぽい何かにもついに進展が―?詐騎士ルゼの新感覚ファンタジー第5巻。【「BOOK」データベースの商品解説】

念願かない、聖女を守る女騎士になった少女ルゼ。剣と魔法、腹の黒さに磨きをかけて、暗殺者らをたたっ斬り、聖騎士達には再教育! その一方で、王子様との恋っぽい何かにもついに進展が…?【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

かいとーこ

略歴
〈かいとーこ〉2003年よりwebにて小説を発表。「詐騎士」にて「アルファポリス第2回ファンタジー小説大賞」読者賞を受賞し、デビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2013/08/18 23:39

投稿元:ブクログ

新しい聖女・エリネが見つかり、彼女のためにルゼが国内初の女性聖騎士になる。
聖騎士になったので、もはや詐騎士ではないのですが(笑)そこはそこww身分やら年齢やらを詐称してますから。面白ければ問題なし!

5巻から新章突入。ルゼは聖女エリネを守るため、聖騎士となり彼女の側に仕えます。登場人物も一気に増え、たくさんの名前が出てくるのでちょっと迷います。名前も何か似てるし(笑)前の巻をチラリと見てから読んだ方が良かったかな?

エリネは元庶民ですごく純粋で良い子ですね。詐騎士に登場する女性キャラクターはけっこう個性的で色んな意味で強い人が多いので、エリネのような純朴なキャラは何か逆に新鮮(笑)けれど大人しかったカリンがあんなに強くなるのだから、エリネも良い意味で変わっていくのかもしれませんね。6巻ではさらに女性キャラが増えているみたいだし、本当にこの話の女性たちは強いww頑張れ、男性陣ww

そんな男性陣の筆頭・ギル様。「恋っぽい何か」は確かに恋っぽい何かでしたね(笑)ルゼが鈍いにも程があるので是非ギル様にグイグイ押していってもらいたいです。頑張れ、ギル様!腹黒で大概いつも冷静なルゼが恋愛で動揺したり、焦ったりする姿も見てみたい。戦う姿もカッコよくてスカッとするのですが。

6巻ではルゼの指輪の宝石を求めて北に向かうのかな?手元に6巻はもうあるので続きを読み始めよう♪

2013/03/09 23:00

投稿元:ブクログ

 う、うーん、色々悩んで試行錯誤して書き直されたのだろう作者様には申し訳ないのですが、冒頭から聖女発覚までの下りはエリネ視点のほうが面白かったんじゃないかなあ。巻をまたいでるから違和感も少ないだろうし、そのほうがエリネの不安や可憐さ、わけのわからない状況からのカタルシス、ルゼの凛々しさも映えたと思う。書籍版はルゼ視点で統一してるとはいえ、元々はエリネが主人公の話だったそうですしね。
 あと襲撃での瞬殺シーンは馬車内での会話のフォローが必要だったと思う。ルゼは自分にも嘘を吐くから、他者視点のほうが悔恨(というか後味の悪さ)を感じてるのが伝わりやすい。
 ブログ連載で最初はエリネ視点で等身大の少女を描き、第三者視点で立派に聖女として成長したエリネを描くという構図が好きだったのでちょっと残念でした。

 他は後々存在感の出てくるハワーズやウィシュニアの出番が増えてホクホク。ティタンのフラグも何気に増量してますね。あとカリンのあのシーンはやっぱり格好いい(笑) ゼクセンと並んで一番成長したキャラだなあ。

2013/02/28 00:54

投稿元:ブクログ

プロポーズ予告キターーーーーーーーーーーーーーー!!!
独特なトーンがあいかわらずでうれしいです。
ちょうどこのへんからネットで読み出したんだよな…

2014/10/16 08:54

投稿元:ブクログ

国で初の聖女に使える聖騎士、しかも女性騎士として勤め始めたルゼ。幼友達も殿下の従騎士として出世、姫やら孤児だったのにいつの間にか王族御用達の商人になったカルパやら、彼女の周りにはいつの間にか大物揃いに。ふがいない他の聖騎士を叩きのめし、また聖女を狙う謎の暗殺集団。彼らはなぜ聖女を狙うのか。
ルゼの恋愛への興味はますます遠退きそうな所に殿下からのプロポーズ予告(笑)
流れが面白い。

2013/06/04 22:10

投稿元:ブクログ

ルゼは髪を切り男装して騎士に…。ノリノリの展開で面白さアップ。新しい聖女エリネ登場で、ルゼは1巻の時みたいに遠慮なく戦闘シーンに参加して楽しかった。

2013/02/27 12:32

投稿元:ブクログ

本当に恋っぽい何かだった
恋ではないな

カリンの精神はいつの間にか誰よりも太くなって…
3巻との違いが大きすぎるなw

2013/06/10 23:13

投稿元:ブクログ

あまり動きのなかった前巻と打って変わって、晴れて正式に騎士となったルゼが胸のすくような大活躍。

やっかみも恋愛感情も力でねじ伏せるルゼ最高!

でも、正式に騎士になっちゃったから、もう詐騎士ではないし、いつ女とばれるかハラハラすることもないのが少し残念。

聖女や侍女や聖騎士など新たに登場人物も増えて、人間関係も複雑になる一方。

陰謀の黒幕もわかりかけてきたということで、まだまだルゼの活躍が期待できそう。