サイト内検索

詳細検索

送料無料

エントリー限定! お店とネット利用で最大200ポイント(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 緋弾のアリア 14 招かれざる海霧
緋弾のアリア 14 招かれざる海霧(MF文庫J)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/04/22
  • 出版社: メディアファクトリー
  • レーベル: MF文庫J
  • サイズ:15cm/261p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8401-5161-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

緋弾のアリア 14 招かれざる海霧 (MF文庫J)

著者 赤松 中学 (著),こぶいち (イラスト)

東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵―通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアのパートナーに選ばれてしまった(普段は)ただの一般...

もっと見る

緋弾のアリア 14 招かれざる海霧 (MF文庫J)

626(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

緋弾のアリア XIV 招かれざる海霧

313(税込)

緋弾のアリア XIV 招かれざる海霧

ポイント :2pt / 紙の本より313おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「緋弾のアリア 14 招かれざる海霧」が含まれるセット商品

緋弾のアリア (MF文庫J) 23巻セット(MF文庫J)

緋弾のアリア (MF文庫J) 23巻セット

商品説明

東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵―通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアのパートナーに選ばれてしまった(普段は)ただの一般人・遠山キンジ。修学旅行2で香港を訪れていたキンジたちは孫と遭遇し、激闘の末に一旦は勝利を収める。そして、極東戦役の交渉につくために敵の本拠地・藍幇城を訪れる。しかしそこには甘い罠が潜んでいて…?G3を一撃で倒した孫の如意棒が、再びキンジたちを襲う!未曾有の大ピンチをキンジは乗り切ることができるのか―!?大スケールアクション&ラブコメディー第14弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

修学旅行Ⅱで香港を訪れていたキンジは、藍幇の戦士孫と遭遇する。そして、以前GⅢを一瞬で葬り去った如意棒がキンジたちを襲う。未曾有の大ピンチをキンジたちは乗り切ることができるのか!?【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

アクションシーンが良いですね

2013/05/10 15:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴかりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙のかなめちゃんで萌え。
中身を見て燃えです。
読んでいてどんどん引き込まれて行きますね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/05/21 07:39

投稿元:ブクログ

香港編 後半
戦闘あり、色仕掛けあり、修羅場ありで、このシリーズらしい巻

もう一つのアリスベルと静刀が出てくるような伏線(?)がはってあったけど、時系列的にはどうなってるんだろう?

2013/05/17 23:05

投稿元:ブクログ

表紙の彼女、本編にさっぱり登場しとらんやないですかwww最後の最後に電話かけてきただけ?
ストーリーはなかなか面白かったですねー。ただヒステリアモードのキンジの台詞がいつもにましてクサすぎて砂吐きものでしたね(笑)

2013/05/04 19:27

投稿元:ブクログ

かなめちゃん表紙なのに、なんで出番が少ないんや!
と絶叫したくなるほどに、かなめちゃんの出番がありませんでした。
とはいいつつも、テレビ電話の挿絵があったので満足。
ジーの人もどうやら回復に向かっているようで何より。

内容の方ですが、ちょっと魔女さんの服装の解説に入るところがあまり頂けないかなぁと。もう少しばれない程度な解説の入り方ががが。
それとは別に「おっ」と思ったのは、アリスベルの伏線っぽいのが入ったところですね。
同じ世界の話で、なおかつ向こうでもフラグがありましたし。
実際戦ったらどっちが強いんでしょうね。
人間やめた人と、人間の限界を超えるもの(制限時間あり)
まぁ、冷静に分析するとキンジの累乗で強くなるHSSが発動してたら、無理なんじゃないかなぁとは思います。
とはいっても、向こうはまだまだ序盤で経験浅いですし、また印象も違ってくるんじゃないんでしょうか。

それと最近『アリアっていらなくね?』みたいな感想を抱いていたのですが、最後の最後でやってくれて、汚名返上だぁとか思ったり。
次巻ではやってくれそうなので、楽しみですね。
話としても緋弾のアリアというワードがまた出てきて、魔女サイドですし、フラグの回収が入ってきそうな予感。

それ以外のところは……理子の方が役に立っている感。
ヒルダもいつ使うんだろうと思っていましたが、やっと出てきてくれましたねぇ(前にもちょっと出て来ましたが
理子好き過ぎて、そういう本がいずれ出るんでしょうか(もうありそう

スクラマ・サクスさんがご臨終なさいましたが、次にまた武器増えるのかなぁ。

2013/05/20 20:34

投稿元:ブクログ

なんぼなんでもヒロインが多すぎるんだよね。
アリア、白雪、理子、レキといったバスカービルのメンバーに加えて、猴/孫、ユアン、狙姐、炮娘、猛娘、機娘と・・ついでにヒルダ。女キャラが多すぎる。
だから、一人一人の扱いが軽いし、イベントで掘り下げることが出来ない。
特に、ココ4姉妹はひどい。完全に個人としての個性が抜けて、4人で同一人格扱いになってる。
しかも、外見がアリアにそっくりということで、外見上の特長すらないときてる。
まあ、もうココはしょうがない。せっかくのステレオタイプ中国娘で大変惜しいとは思うが、あそこまでグダッたキャラはもう賑やかしにしかならんだろう。
中国娘なら、新キャラの猴やユアンもいることだし。そういう意味でも、ココのヒロインとしての劣化っぷりが酷い。
で、そのユアンと猴なんだけど、新キャラのユアン、猴、孫で出番とイベントを食い合ってる。
どこに力が入ってるのか曖昧で、ここでもまたヒロインの多さがネックになっている。
この香港編のメインヒロインは、やはり猴/孫だろう。なら、なんでユアンは出てきたんだ?
下町の赤貧中国少女なんていいキャラクターなのに、無駄打ちするのは惜しい。
いっそ、「下町の赤貧中国少女」=猴としてキャラをまとめてしまった方が、もっと掘り下げたイベントを作れたんじゃないかと思う。
とにかく、エピソードごとのヒロインはきっちり絞って、そのヒロインとのイベントをもっと大事に作って欲しいと思った。
これまでは、メインヒロインのアリアの登場すら大胆に削って、サブヒロインとの親交を深めてきたというのに。
今回は、なんぼなんでも、ヒロイン級の女キャラが多すぎた。
せめて、13巻でユアン、14巻で猴/孫とのもうちょっと美味しいイベントを用意しておいて欲しかった。
猴/孫との戦いは決着し、お次はカツェ・グラッセとパトラですよ、というところで14巻はおしまい。
もうね、12巻以降に登場したヒロインキャラの扱いの軽いこと軽いこと。
ワトソンとかにあれだけ力を入れてたのはなんだったんだろうね。
キャラを増やすのは大歓迎だけど、もうちょっとイベントを大事にしようよ・・。
猴にしても、ユアンにしても、萌えイベントが全然足りない。
ただでさえ、キャラが多すぎて渋滞を起こしてるってのに・・・別作品「やがて魔剣のアリスベル」から「妖刀」と「魔剣」が参戦してくるようなことも言い出してるし。
この「妖刀」と「魔剣」が、静刃とアリスベルのことなのか、それとも先代のことなのか、名前だけ語った偽者なのか、やりようはまあいくらでもあるだろうけど・・・キャラを増やすのはいいんだけど・・・もうちょっと既存キャラを活かそうよ!もったいないよ!
とぼやいたところで、1巻から読み直して14巻まで読み進めたレビューはおーしまい。
惰性で、このままキャストオフも読もうかな、とはちょっと思っている。

2013/05/14 14:26

投稿元:ブクログ

う〜ん…
伏線とかフラグとかいろいろあって面白かったんだけど、
バトル面がインフレし過ぎてもう無理が生じてきてるww
好きな小説なだけに立て直して欲しい

MF文庫J ランキング

MF文庫Jのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む