詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. ことばの力学 応用言語学への招待

ことばの力学 応用言語学への招待(岩波新書 新赤版)

ことばの力学 応用言語学への招待(岩波新書 新赤版) ことばの力学 応用言語学への招待(岩波新書 新赤版)
  • 取扱開始日:2013/03/20
  • 出版社:岩波書店
  • レーベル:岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/199,8p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-431419-6

新書

  • 国内送料無料

ことばの力学 応用言語学への招待 (岩波新書 新赤版)

白井 恭弘 (著)

紙書籍

778 ポイント:7pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

778(7pt) ことばの力学-応用言語学への招待

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

知らない間に人間の行動を左右することば。問題を科学的に解決する応用言語学の最新研究から、外国語教育、バイリンガリズム、異文化との接し方、法言語学、手話、言語障害まで、こと...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

知らない間に人間の行動を左右することば。問題を科学的に解決する応用言語学の最新研究から、外国語教育、バイリンガリズム、異文化との接し方、法言語学、手話、言語障害まで、ことばがからむ幅広い話題を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

白井 恭弘

略歴
〈白井恭弘〉東京生まれ。カリフォルニア大学ロサンゼルス校博士課程修了。Ph.D.(応用言語学)。ピッツバーグ大学言語学科教授、国立国語研究所客員教授、上智大学海外招聘客員教授、言語科学会会長。

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 4
4.0
評価内訳 全て(16件)
★★★★★(2件)
★★★★☆(5件)
★★★☆☆(4件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価0 投稿元:ブクログ

2013/12/15 09:54

社会言語学、手話、言語障害、法言語学、自然言語処理など多岐にわたる応用言語学のトピックが扱われている。新書なので一般向け。無意識・無自覚に言語に影響を受けている、という点はもっと一般に認知されてほしい。

評価5 投稿元:ブクログ

2013/08/19 14:53

ことばの持つ力、それが無意識のうちにも様々な影響を及ぼし合いながら社会は動いている。ことばの孕む諸々の社会的な問題を俯瞰した知見を得るのに良い本。

評価3 投稿元:ブクログ

2013/04/13 09:19

たくさん勉強させていただいた。
思い込んでいたこと、勘違いしていたことも、しっかり訂正してもらった。
特に「手話」が自然言語であったことは知らなかったし、日本語対応手話とは違うこともはじめて知った。

評価0 投稿元:ブクログ

2013/07/31 22:53

言語学の世界では、ある言語の方が他の言語よりも本質的に優れているということはない。
ピッツバーグにはピッツバーグ語があるが、ウェストバージニアにはない。ピッツバーグの人は地元に誇りを持っているから。
差別されないようにできるだけ標準語に近い英語を身に着けるように努力する必要がある。

評価4 投稿元:ブクログ

2013/05/09 22:40

[図書館]
読了:2013/5/9

面白くて、2時間くらいで読み切ってしまった。

前作より、説明なしに「~するべきだ」と断定しているところが多くて気になった。反原発なんだな、ってことも伝わってきたし。もちろん、マスコミの民主党政権への中身についての議論をわざと無視させるようなネガティブキャンペーンは叩かれてしかるべきなんだけど、それも根拠がちゃんと書いてなくて、もやもやが残る。


AAE話者が被る二重の差別。

法と言語。

推測が多く必要な日本語を話す子供は、「心の理論」(他人の心の状態を意識できること)の発達が早い。

長尾真先生の名前が!自然言語処理の章は、うんうん、と言いたくなるところがいっぱい。いま出てる成果も、「表面的なものであり、人間のように考えて話すにはまだまだ程遠い。機械翻訳、通訳の精度もまだまだで、人間の翻訳、通訳がいらなくなることはないだろう。」
てか、この分野全然進化してないなぁ。

評価0 投稿元:ブクログ

2013/04/24 00:49

「ことばをめぐる権力の問題、たとえば差別や情報操作を、科学の力で解決しよう」というのが一貫したスタンス。
そのスタンスはまったくぶれていない。ブレがないからこそ、上記のアプローチ以外の、様々な「権力をめぐる応用言語学的アプローチ」については割愛されている。

たとえば、「言語と権力」をテーマとした応用言語学の代表選手と言えば、ポストモダン系やマルクス主義系の批判的応用言語学(Critical Applied Linguistics)だろうが、これらへの言及はない。しかし、だからこそ総花的にならず、入門書として読みやすくしあがっている(のかもしれない)。

あとがきを見ると、著者は、批判的応用言語学もできれば取り上げたかったようなので、より包括的な見取り図は次回作で明らかにされるのかもしれない。

評価3 投稿元:ブクログ

2013/05/15 23:06

白井恭弘『ことばの力学 応用言語学への招待』岩波新書、読了。「ことばは知らない間に人間の行動を左右する」。本来順列や排他的有為の存在しない各言語になぜ優劣を見出し、それを元に他者を判断するのか。応用言語学の知見を元に生活の盲点をつく。言語政策から震災言説まで--新しい言語文化論。

評価3 投稿元:ブクログ

2013/08/22 08:15

言葉というのが社会にも、自分の行動にもずいぶん大きな作用をするのは当然なのだけど、それが何故かということを、剥がしていくような本。方言のこと、バイアス・推測のこと、そしてまさか手話が出てくるとは思わなかったし、コンピュータ処理のことまで。応用言語学への招待、というサブタイトルですが、まさにウマいこと招待された感じです。

評価4 投稿元:ブクログ

2013/04/06 23:14

・「証拠に基づいた社会」という著者の表現が面白い。おそらく、エビデンス・ベイスド・メディスンのもじりだろう。
・ある研究では、アメリカ人の生後10か月の赤ちゃんは、フランス語を話すフランス人の白人よりも、英語を話す国人から食べ物をもらう。人種よりも言語である。
・アメリカの映画に字幕をつけるとき、英語の方言に対して日本語の、たとえば東北の方言をつけることがある。これにより、特定の方言に対する差別的思考が助長されている。
・また、黒人のボルト選手には「おれ」、白人のフェルプス選手には「ぼく」を字幕であてていた。
・イスラエルの一部ではアラビア語教育がなされている。言語を学んでいる人たちはアラビア人に好感を持つ傾向がある。平和教育としても言語教育が生かされる。
・メタファーの用い方には気をつけろ。また単語そのものに含まれているニュアンスにも気をつけろ。たとえば「ごたごた」はネガティブニュアンスである。

評価0 投稿元:ブクログ

2013/04/26 00:00

配架場所 : 新書
請求記号 : SHIN@801@S100@1
Book ID : 80100454682

http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002350699&CON_LNG=JPN&

評価4 投稿元:ブクログ

2015/12/30 10:30

社会において言語が果たしている様々な役割や言語が人間に与える様々な影響を、これまで言語学が積み重ねてきた研究や議論をもとに、わかりやすく説いてくれている。2章の「言語政策」、4章の「平和のための外国語教育」、5章の「手話」の話などを特に面白く読んだ。

評価5 投稿元:ブクログ

2013/10/26 10:25

大学の講義で使った教科書。
言葉にどう私たちが無意識のレベルで影響されているのかなど、言葉に関することを考えさせられた一冊。
外国語だけではなく、言語障害や手話など多岐にわたったジャンルについて書かれているので、一読する価値あり。

評価4 投稿元:ブクログ

2013/03/30 19:10

読み始めたところだけど、面白い。

日常話したり聞いたりしている言葉が自分の意識や行動に影響しているんだね。

評価0 投稿元:ブクログ

2013/04/18 21:43

一言にことばと言っても実に様々なテーマ、問題があることを知りました。ことばで人は動かされるし、今や機械もことばを操ろうとしている。言語学にとても興味がわきました。

評価4 投稿元:ブクログ

2013/03/25 20:54

著者によれば、現実社会の問題解決に直接貢献するような言語学のことを「応用言語学」というのだそうです。取り扱っているテーマは、「標準語と方言」、「国家と言語」といった今となってはオーソドックスなテーマから、「手話」、「法と言語」、「言語障害」、「言語情報処理」など、比較的新しいテーマまで広く扱っています。これらのテーマの背後にあるのは「言語と権力の関係」だと著者は言っていますが、社会学的なアプローチではなく、認知科学や、認知心理科学などからのアプローチが前面にでており、あくまでも科学的なスタンスに固執する姿勢がよくわかります。著者自身が「あとがき」で述べているとおり、全般にわかりやすい説明ですが、その一方でもう少し踏み込んだ記述が欲しかった気もします。岩波新書でなく、岩波ジュニア新書でもよかったかもしれません。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

  • 買い物カゴに入れる

    発送可能日: 1~3日 納期・配送の目安について

  • 買い物カゴに入れる

    ギフト購入する

    購入前にご利用中のデバイスが
    対応しているかご確認ください。

    PC iPhone iPad Android

    電子書籍版を立ち読みする

    hontoアプリの確認

    立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

    • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

    最新の「honto」アプリをご利用の方

    立ち読みする

    最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

    hontoビューアアプリ

    ビューアアプリについて

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.