詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか? 世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?

試し読みする

  • 取扱開始日:2013/08/01
  • 出版社:朝日新聞出版
  • サイズ:19cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-331221-0

読割50

  • 国内送料無料

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?

戸塚 隆将 (著)

紙書籍

1,404 ポイント:13pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

983(9pt) 世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?

紙書籍より:421円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

初対面で相手の名前を3回口に出す。引き受けた仕事は、その場で5分間だけすぐやる…。ゴールドマン・サックスとマッキンゼーで働き、ハーバードで学んだ著者が、一生成長し続けるた...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

初対面で相手の名前を3回口に出す。引き受けた仕事は、その場で5分間だけすぐやる…。ゴールドマン・サックスとマッキンゼーで働き、ハーバードで学んだ著者が、一生成長し続けるための仕事のコツを伝授する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

戸塚 隆将

略歴
〈戸塚隆将〉1974年東京都生まれ。ハーバード経営大学院(HBS)にてMBA取得後、マッキンゼー&カンパニーを経て、シーネクスト・パートナーズ株式会社を設立、代表取締役。

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 3.5
3.5
評価内訳 全て(189件)
★★★★★(12件)
★★★★☆(67件)
★★★☆☆(54件)
★★☆☆☆(21件)
★☆☆☆☆(3件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

タイトル勝ち!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2014/07/08 18:51

評価4 投稿者:wayway - この投稿者のレビュー一覧を見る

これは、もうタイトルで決まりである。
ちょっとでも、向上心のあるビジネスマンであれば手が伸びる。
書店で、見つけれるかどうか。要は出会うか出会わないかだけで
ベストセラーになること間違いのないタイトルの付け方に二重丸
なのである。

さて、そこで中身を読んでみると・・・・
基本というだけで、特に変わったことは書いていないのはあたり
まえであるが、裏返して見るとこの基本を十分にこなせているという人が
いかに少ないかということであろう。

エレベーターで他人を先に降ろす余裕があるか?
現地には10分前につけているか?
服装は個性よりも清潔感。
レスポンスの速さが自分の評価になる。
引き受けた仕事は5分固定ですぐやる。
手洗い、うがい、健康診断。
日曜の夜にオフからオンに!

どうでしょう?
やはりできていないかも?
自然にこれを出来ている人がいたら、基本的なことではあるけれど
やはり凄いと思ってしまうかもしれない。
でも思わないかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

世界のエリートはなぜ、この基本を大事にするのか?(中古書)

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/05/02 14:30

評価2 投稿者:ああ - この投稿者のレビュー一覧を見る

わかってはいても忘れがちであったことを思い出す意味では、
良い本当考える

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価3 投稿元:ブクログ

2014/01/21 16:54

なぜだろう。読んでもあまり意欲が湧いて来ない。確かに基本的な仕事術だが。効率性を重んじるあまりに自分をモノ化、している姿があまり魅力的に見えなくなっているのかもしれない。たぶん僕もこうして効率性を重んじてきた。でもその行き着く末は幸福ではなかった。行動レベルでは解決できないのだ。それはBeingだったり、Presenseと呼ばれる在り方や、大切にしたい価値観に気がつく必要がある。

評価2 投稿元:ブクログ

2015/07/20 12:53

・アフターユー
 エレベーターで他人を先に降ろす余裕を持つ
・本を読んだら3倍考える
・まずは頭に思い浮かんだことを書き出す、
 ピラミッドストラクチャーや図や表にして整理
・仕事のTodo ①優先度 ②完成までにかかる時間の2軸
・1チャート、1メッセージ

評価4 投稿元:ブクログ

2013/11/01 03:48

基本というだけあって、確かにどこかで聞いたり、見たことあるような、当たり前のことが書いてある。

新鮮味という意味では薄いが、時折こうした本を読むことで、改めて自分を顧みるのも良いかもしれない。
社会人になりたての人には特に参考になるだろう。
特に自分自身まだまだだなぁと思ったのは以下の章。

・相手との時間を印象的に共有する
・どんなに多忙でも、週1回仕事と関係のない人に会う
・読んだら3倍考える、マッキンゼー流読書術
・2週間に1度は靴を手入れする
・ハーバード卒業生が教える週末自己投資術
・引き受けた仕事は5分間限定ですぐやる
・作った資料は「自分の商品」だと心得る
・attention to detailを徹底する
・英語上達は目標を明確に短時間で成果を出す

評価5 投稿元:ブクログ

2014/02/02 20:05

世界の超エリートは、基本に忠実だった。ごく当たり前のことをさらっとあたりまえにする。でもこれがなかなか意外とできないんですよね。

ゴールドマンサックス、ハーバードビジネススクール、マッキンゼーと燦然たるキャリアを歩んだ著者が猛者たちから学んだことは、とくに常人離れしたものではありませんでした。

ただ、その当たり前の事に対して、どうやったらちゃんと出来るか、ちゃんと考えて試行錯誤してきたかの違いだけのように感じました。

普通の人にもできる。少しずつですが、実践して行きたいと思います。

評価0 投稿元:ブクログ

2014/01/12 17:14

当たり前以上のできたらかっこいいなー、と思うことばかりだった。ちゃんとしてる人はかっこいいのだ。

この本を読んで10分前にはスタンバイしていることをまず実践しようと思い、時間の有効活用も含め朝の出社時間を一時間ほど早めている。冷静な上に頭が働くので現状は非常に効果が出ている。
つくづく、信頼は一朝一夕では成らずですね。ちゃんとしてる人はたくさんのチェックポイントを習慣化している。実践にはある種の諦めと覚悟が必要なのだと思います。
最近の自分の思考テーマにメリハリにはある種の諦観を伴う、ということともマッチした内容で、そうだよなぁ、そうだよなぁと思いながら読みました。

評価3 投稿元:ブクログ

2016/02/13 13:28

ほどほどに楽しく読めた。
残った言葉
・朝一にメールはチェックしない
・引き受けた仕事は5分限定ですぐやる
・上司への経過報告は翌朝を狙う
・自分の意見を押し付けずに聞き手にまわる
・手書きによる下書きをおこなう

評価4 投稿元:ブクログ

2015/03/28 07:28

ハーバード経営大学院でMBA、マンキンゼー&カンパニーで戦略コンサルティング業務等に従事した経験を持つ筆者がトップエリートが実践する「基本」を紹介。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/05/04 00:41

このての本はチェックリスト+αで読めば良いと思っている。大事なことは、他の本にも書いてあるのは当たり前のことである。

以下、自分が取り入れたいなと思った箇所(見たことあるができていないこと)

Chapter1.人との「つながり」に投資する
7.どんなに多忙でも週1回仕事に関係ない人と会う

Chapter2.自分の内面と外見を磨く
9.すみませんよりありがとう
11.読んだら3倍考える ①章毎のメッセージ ②章の要旨を因数分解、整理 ③主要メッセージを引き出す ④自分なりの意味合い
14.ネットでカンニングせず自分の頭で考える (so,what?(だから?) why so?(なぜ?))
16.常にポイントを3つに絞る習慣で瞬発量を鍛える
①論理力②優先度をつける管理力③説得力向上

Chapter3.時間に支配されず働く
Chapter4.決定的なコミュニケーションで成果を出す
Chapter5.利益を生む資料と会議で貢献する
36.マッキンゼーがプレゼン資料に1色しか使わない(資料そのものが明確で説得力あるから中身で勝負出来る)
37.資料は「紙芝居」「3W」で考える
41.会議で発言しないのは「欠席」と同じ
①会議の準備②自分なりの貢献を考える
42.会議ではホワイトボードの前に座る
①議論の本質を捉える力②視覚的に表現する力

Chapter6.世界に打って出るキャリアを高める
46.今より1つ上のポジションを意識してしごとをする

評価4 投稿元:ブクログ

2015/09/24 23:30

 相手の名前を覚えること。2週間に1度は靴を磨くことなど,どれも簡単だけどなかなかできないことですよね。そんなルールが48個紹介されています。まずは,ひとつひとつ,ですね。

評価0 投稿元:ブクログ

2014/01/02 10:48

優秀と言われている人が集まる組織で生き抜いた筆者なりの成功術が書かれている。優秀集団だからといって何か複雑なやり方や特殊なコツを持っているのではなく、ビジネスの基本を重視して行動していることがわかる。内容はわかりやすく説得力もあり。値段分の価値はあるかと思う。

評価3 投稿元:ブクログ

2014/01/19 14:31

ゴールドマン・サックス、マッキンゼー、ハーバード・ビジネス・スクールという経験を通じてのビジネスのスキルや考え方は、結局のところ基本的なこと+グローバル対応。
基本的なことだとは理解できるが、この本を読んで、ただ知識とするだけでは行動や成果に結びつかないように思われる。
ある程度、実務を経験し、失敗したり悩んだりしているクラスのビジネスマンにはお勧めしたい。
14-8

評価3 投稿元:ブクログ

2014/06/01 14:50

ブログに書きました。
20代後半から30代くらいのビジネスパーソンは、思い出しも含めて読むべきだと思います。

http://d.hatena.ne.jp/mamoruTIT/20140601

評価3 投稿元:ブクログ

2014/10/08 20:39

マッキンゼーとかハーバードビジネススクールとか一流な環境で切磋琢磨してきた著者が感じた仕事で大切な基本的なこと

世界の経済は限られた人間が動かしてるんだろうなぁ、と何故か思った。

内容は普通
目から鱗は落ちない

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.