サイト内検索

詳細検索

送料無料

エントリー限定! お店とネット利用で最大200ポイント(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 昭和の犬 Perspective kid
昭和の犬 Perspective kid
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 161件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/09/07
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:20cm/307p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-02446-5
  • 国内送料無料

紙の本

昭和の犬 Perspective kid

著者 姫野 カオルコ (著)

柏木イク、昭和33年生まれ。いつも傍らに、犬。犬から透けて見える飼い主の事情。『リアル・シンデレラ』以来となる長編小説!【「BOOK」データベースの商品解説】犬から透けて...

もっと見る

昭和の犬 Perspective kid

1,728(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

柏木イク、昭和33年生まれ。いつも傍らに、犬。犬から透けて見える飼い主の事情。『リアル・シンデレラ』以来となる長編小説!【「BOOK」データベースの商品解説】

犬から透けて見える飼い主の事情−。柏木イク、昭和33年生まれ。8歳で犬に咬まれる。咬み痕を笑う母。19歳、東京の歯科の貸間に住む。美人妻の秘密。49歳、遠距離介護。自らも病に…。『パピルス』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

姫野 カオルコ

略歴
〈姫野カオルコ〉1958年生まれ。滋賀県出身。著書に「受難」「ツ、イ、ラ、ク」「ハルカ・エイティ」など多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー161件

みんなの評価3.7

評価内訳

運命を受け入れると言うこと

2013/12/10 01:26

24人中、23人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:楊耽 - この投稿者のレビュー一覧を見る

2010年上半期第143回直木賞候補となった「リアル・シンデレラ」以来、三年ぶりの長編小説です。

昭和三十年代。滋賀県の南部に生まれ育った柏木イクが主人公です。
彼女の半生を、日本で放映されたアメリカの連続テレビドラマのタイトルで八つに章立てした連作形式の小説です。
各章のタイトルのドラマが日本で放映された時代を描写しています。
最初の「ララミー牧場」は、一九六〇年からの放映。小説はイク五歳からのスタートです。
最後の「ブラザーズ&シスターズ」は、二〇〇六年からの放映。小説はイクが五十歳になる年で終わります。

長いシベリア抑留で精神を煩った父親は、しばしば癇癪を起こしてイクや母親に当たります。
母親は、家庭運営や子育てをあきらめ、イクに嫌みを言いながら、ただ働きに出て、生きているだけの人です。

人間相手が出来ないイクの父親は、しかしながら不思議と犬の扱いが上手です。
成長するイクのかたわらには、父親の影響で、いつも犬がいました。
その時々に近くにいた犬を伴奏にして物語が進みます。


なぜ、こんな地味な小説に僕は熱中したのか。
これを考えるのが、この小説の味わいだと思います。

一つ思い当たるのは、
自分の置かれた環境を認識し、運命を受け入れる事の大切さです。

若い頃には、自分の育った環境を否定し、挑戦することも構わないと思うのですが、
一生をそのように過ごす人は、ごく少数の天才を除いて、破滅へ進む事になると思うのです。

もう一つは、たとえ歴史に名を残さずとも、
凡庸な自分を受け入れることが出来れば、
新たな幸せが見えてくる
と言うことです。

幸せとは縁遠い生活をしているイクですが、
犬の散歩で知り合った、軽くちゃらちゃら生きているように見えた近所の青年が、
それなりに家庭の事情があり、思うように生きられない中、軽薄だが楽しく生きているように振る舞っていることに気付き、
また、必死に見栄を張って家庭内の問題を取り繕っているように見える大家が、
実は、イクの不幸を理解し、温かく見守ってくれている事に気がつきます。

もしかしたら、一生気付かずにいたかも知れない周囲の人の心遣いに気付く人になっています。

阿刀田高がその著「旧約聖書を知っていますか」(1994/12新潮文庫)で、
「人の上に立つものは、正直者が馬鹿を見ないように気を使わなければならない。しかし、正直者本人は、自分が正直であることに満足するものなので、正直であることが報われなくても取り立てて文句を言わないものだ。」
と言うアレゴリーを用いて、キリスト教の信者は自分の信仰心に満足するため(信仰を持たない人と異なり)聖書のリアリティーの是非や、矛盾を気にしない傾向があることを説明していた事です。

本書「昭和の犬」は、このアレゴリーそのままの小説ではないか。
阿刀田高はアレゴリーを自分の意志を内に秘めた例に用いていますが、
本書の柏木イクは、与えられた環境に対して、不満を述べない形で内に秘めて、人生に於ける平穏に到達しています。

そのように考えると、この小説は
「声に出さない人の気持ちを文章にする」という意味で、文学の王道をゆく小説であると思い至りました。
さらには、平凡な人生を生きる多くの人に、自信を与え、生きる救いになるのではないかと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ねじ伏せられた

2014/02/05 22:04

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

浅田次郎さんの感想通り、ねじ伏せられた。
子供時代の章は、突然割れる父親を理解出来ず、どうして良いのか、ただただ立ちすくむ主人公イクに同情する。また母親のイクへの接し方は薄気味悪く恐ろしいほど。
イクのそれぞれの時代に犬がいる。
常に両親から逃れる事を望んでいて、やっと東京へ脱出したイク。
東京で出会った犬たちは、イクには、軟弱で飼い主がかわいいと思う気持ちがとても理解出来ない。
しかし、読後感は、なんとも清々しい。
イクが生きてきた時間が、犬と一緒にいることでキラキラ輝く時間に思わせられてしまった。
初めての読後感。
これからも姫野カオルコに夢中になりそう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

三丁目の犬

2015/12/20 03:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

昭和33年に生まれた柏木イクの半世紀。母は冷たく、父は言葉の虐待。でも、そばに犬が救いになっての成長記。3丁目よりは10年ほど後の時代だが、まだ、あの当時は、血統書などない犬猫が身の回りにいて、しかし、今よりは人との距離は近かった。姫野氏にはなかったノスタルジックな作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

犬と言いながら人の話かも?

2015/08/31 18:09

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:T.H. - この投稿者のレビュー一覧を見る

昭和という時代。私も生きた。家族がいた。隣人がいた。周りに犬もいた。猫もいた。でもまあ、冒険的要素、ほとんどなし!の人生だった。この小説、放浪記の主人公みたくな人なの?あっちこっちうろついて、その都度犬が出てくるみたい。主体は人か、犬か。人には人の生き様あり。犬もまた人と生きる。犬から人もまた見えてくるということなの?わかんない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

つかまえに行かないと逃げちゃう本。

2015/07/25 11:48

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

姫野カオルコさんは以前から読みたいと思っていて、でも手に取りにくそうというか、微妙な距離感を感じていた方です。
そして、この距離感という直感が、あながち外れてもいなくて、独特な立ち位置の方だなあと思ったのでした。

姫野カオルコさんの公式サイトがあります。
各作品をディープ具合で分類しているので、何を読むか迷っている人には良い手助けになりそうです。
わたしもこれを見ながら次作を検討しようと思います。
昭和の犬を読んで、もう少し読みたいと思ったからなのでした。

八篇の連作長編です。
流して読めば流したなりの、濃く読めば濃いなりの、なんというのでしょうか、
主張の少ない本なのです。かなり個性的です。
犬と猫が大事な役割で出てくるのですが、俗にいう動物モノとはまったく違います。

柏木イクという女性の、少女時代から現代に至るまでの生活を切り取ったものです。
淡々と生活しています。
各編には、だいたい犬、たまに猫との触れ合いがあり、イクのこころの一部を形成します。

犬。イヌ。あくまでも、「いぬ」。
ワンちゃんの話じゃありませんよ。
動物であり人間のパートナーである犬が、持って生まれた気質で生きるように、
イクも自然な立ち位置で生きていく、そんなイクの人生を描き出していきます。

子どもの頃、わたしの実家では犬を飼っていました。
今にして思えば、兄弟のような存在でした。
この本の中には、そんな生活の中で生きているいろいろな犬が出てきます。
ほとんど野生みたいな犬、流行で飼われた犬、愛玩動物という名の犬、ぬいぐるみ替わりの犬。

それぞれが本当の犬の姿であって、犬というものは飼い主を映す鑑ということを徹底して描き出しています。
この本では、何をよく見て読めばいいのか、捉えどころがないのです。
犬が鑑となるように、この本そのものが、読んでいる人の鑑でもあるような、
そんな不思議な存在に感じます。

著者の作品を何冊か読んでいる方で、自分の中でイメージを持っているような方にお薦めです。
きっと楽しみ方がよく分かるでしょう。

初めて読む人にはちょっとハードルが高いように思うのですが、
このまま終わるわけにはいかないと思ってしまったあたりで、
充分世界に引き込まれているのかもしれません。
姫野さんの世界を、ゆっくり探っていこうと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/03 18:46

投稿元:ブクログ

「リアルシンデレラ」がとても印象的で感動的だったので、前回直木賞獲れなかった時はとても残念だったけど、今回のこの作品を読んで、かつ賞を獲れたことで、なんとなくほっとしている自分がいる。長らく姫野さんのいろんな作品をぽつぽつ読ませて頂いているが、ここ最近の2作品が、わたしにはとてもしっくりくるとともに、姫野さんが書き続けてきたことが、いちばんいいかたちで成熟し、表されているように感じた。

2014/09/10 22:02

投稿元:ブクログ

ひどい育てられ方をしているのに、何故この人はぶれないんだろう。すごく自信をなくしても良さそうなのに、自分が世話になっている家についていい加減なことを言われると、守ろうとする。

最後まで不思議で理解できなかった。共感もできなかった。

最後の幸せの感じ方についての言葉もそんなに目新しさが無い。それに唐突過ぎる。

戦争の爪痕がそんなに描かれてはいないけれど、戦争が親の気持ちを壊したことは間違いない。昭和30年代はまだその余韻が残っていた時代なのかも。ちょっと世代が違うだけで、親子関係まで違ってくる。
戦争は、二度としてはいけない。

2014/01/24 02:20

投稿元:ブクログ

「昭和の犬/姫野カオルコ」犬がいつも傍にいたという小説。だけど、劇的にも涙ものにもしない。犬は主の悲しみを理解し慰めたりしない。ただなでたり、餌がほしい。そんなただの犬がいてくれてよかったという話

2014/01/26 00:11

投稿元:ブクログ

祝・直木賞受賞!
ちょうど読んでいる最中に報を聞きました。

滋賀県で育ち、家庭から脱出するように東京の大学に入った柏木イクという女性の50歳前までの話。
自伝的小説です。

父親は突然、理不尽に「割れた」ような怒り方をする。シベリア抑留が長く、悲惨な体験をしたのだろう。
そんな夫に絶望している母親もどこか壊れている。
イクは幼い頃はあちこちに預けられ、教会の託児所から移った初めての我が家は、仮設事務所だったので安く借りられたもの。
山中に一軒だけ建つ、「ララミー牧場」の家のようだと思う。
家には迷い込んだトンという黒い犬と、シャアという猫がいた。
シャアは人懐こく優しい気立てだったので、イクは犬と猫の性質を逆に感じて育つ。

身近にはいつも犬がいた。
ただし、当時は犬を飼うといっても、繋ぐことさえするとは限らず、名前をつけて餌をやれば飼っているという。餌も残飯を与えるだけ。
父親は犬に言うことを聞かせることが出来て、それは初めて会うドーベルマンですらそうだった。
(犬が主人と認めるような権威を発散していたのでしょうね)

そんな父のやり方を見ていたせいで、犬の扱いが上手いイク。
何のとりえもないと感じていたが、学生時代に貸間を転々として住んでいるときに大家の飼っている犬の世話をしたり、何かと関わっていた。
就職して住んだ家の大家の初音清香はお嬢ちゃまがおばちゃまになったような女性で、白い小型犬(ビションフリーゼ)のベルに洋服を着せて室内で飼っていた。
そういう犬を初めて見たイクは違和感を覚える。
まだ珍しい時代だったんですね。
だんだん懐かれると、かわいくなってくるのだが。

イクが35のときに父はなくなり、その後5年間は人が変わったように母は明るくなる。
だがその後は病気になり、人が変わったのも病気ゆえの変調だったのかと思われた。
両親がやや高齢だったので介護で往復するのも早い時期からあり、下宿先の初音家に病人がいたせいもあってか、どこか暗い印象を持たれるイク。

子供の頃飼っていた犬ペーにそっくりなマロンという犬に出会う。
思わずすぐに手を出して撫でたら、犬のほうもふしぎと嫌がらない。
連れていた老人が散歩で通りかかる時間を見計らい、10分ほど犬と遊ぶ時間を過ごすことになる。
ある日、ふとこれまでを振り返り、特別でない日々を送ってきた自分が幸せだったと感じるのだ。
父を苦しめた戦争を経験することもなく、平凡に生きてこられた。
そこに犬がいたせいで、父も母も癒されたことがあったのだろうと。

ラストで幸福感が溢れるようになるとは、これまでの淡々として苦味のある描写からは予測していませんでした!
親を見送った後の感慨というのは、実感としておおいに理解できます。
作者とは世代が近く、テレビ番組はわかる方が多いし、犬の飼い方の変化もまさしく!かなり知っています。
作者に比べると生まれたところが都市部なので状況も違い、ずっとのほほんとした育ちなので、申し訳ないぐらい幸せに感じますが(違う苦労はあるに���ても)。

「ハルカ・エイティ」と「リアル・シンデレラ」を前に読んでいます。
どちらも直木賞候補作で、女性の半生記という点は共通。
自伝ではないためか、この作品よりも優しい穏やかな筆致でした。
作品リストを見ると、もっと挑発的で強烈なタイトルが多いのですが、そうでないのを読んだようです。
この作品はやや離れた視点から幼い日のことを眺めていて、その冷静さがいいですね。
感情移入したい人には、あるいはややとっつきにくいのかも知れませんが。
感情がないかのように生きているイクに、実は大きく感情が動いていることが端々に見受けられるのが、読んでいて胸の詰まるところです。
犬のことをべったりと書いてはいないのが、犬を飼ったことのない人には入りやすいのか?わかりやすいのかどうなのか。
猫も犬もべたべた可愛がって育ててきた自分だったら、嫌いな人には付いてこれないぐらい甘い話を書きそうです(笑)

2014/02/09 10:29

投稿元:ブクログ

断片情報を面白く編集し伝聞する無責任な集合体が社会。自分が見えてること以外にも、要素があるってことを、主人公を通して気づかせてくれる。
子供時代の主人公、声が小さく大人の顔色を伺う感じに同情できず。東京にきてから大好きに。

2014/01/25 17:57

投稿元:ブクログ

祝!直木賞受賞。

今、自分の年齢と親の介護からも眼をそらさずに真っ直ぐに敬虔に生きてきたカオルコさんが著したこの本、重たいほどの感動を持って読み終わりました。
犬を愛でるという経験を通して自分の半生を思い起こすと滋賀県の良く見知った(かつて心酔した「ツイラク」にて)風景や方言と共に両親との摩擦や友達との距離感をまた深く思い出します。それは柏木イクでもあり、森本準子でもあり、私であったのかもしれない。
誰にも似てない、という評価、直木賞の選評であったと耳にしましたが、カオルコさんの本はずっと以前からこうでしたし、かつてのノミネート作もしかりですし、何を今更の撰者の言葉と思ったのですが、そこはそれ、本当にようやくの受賞、よかったよかった。
この本は直木賞受賞作はご苦労様でした賞などと嘯いていたこれまでの(ダレとはいわないけれど)私の直木賞本への思いを覆しました。多分にひいき目もありますが。

そんなに好きなのに!なぜ、発刊後即読みしなかったかというと『犬』だったから。これが『猫』だったらまた違ったのですが。

2014/07/26 21:12

投稿元:ブクログ

直木賞。主人公が不憫でならないけど、主人公は自分を不憫だって思っていないようだから、こんなこと感じたら失礼かな

2013/12/02 05:29

投稿元:ブクログ

犬を家族としてつきあう今とはずいぶん違った昭和の話。飼ったり関わってきた犬の思い出を綴りながら、父や家族との関係に言及していく。
飼っていた犬にそっくりの犬に出会い挨拶を交わすところは印象に残った。すこしせつない。

2013/11/11 18:01

投稿元:ブクログ

心苦しい幼少時代の話を読むのかと思ったけれど「宇宙家族ロビンソン」のあたりからそうでもないのかもと思い始める。
自分が理解できる昭和の時代に物語が入ったからか、この物語が時代と犬という設定だとわかってきたからか。
自分にの飼ってきた犬、また近くにいた犬との関わり合いが面白い。
「ペチコート作戦」に入ると、おとなしいと思っていたイクが大家さんの犬をあまりかわいいと思えず、思わず「アホ犬」と言ってしまうあたりが痛快!
あたしは犬がニガテ。はっきり言うと嫌い。
犬好きの人は、犬が苦手な人がいるとは考えれないようだけれど、いるんですのよ、確かに。

2014/07/24 19:18

投稿元:ブクログ

姫野さんを読み続けてきて良かった。っという気持ちになりました。初期の激しさが好きだったので、じわじわと実ったような、胸がジーンとしました。メンタリティや、受難や、時代を、こんなふうに表現できるのだなぁ。胸がふるふるしました。素敵な一冊です。