サイト内検索

キーワードを入力

詳細検索

送料無料

全品ポイント2倍

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 食べるパワースポット伊勢うどん全国制覇への道
食べるパワースポット伊勢うどん全国制覇への道

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/09/12
  • 出版社: 扶桑社
  • サイズ:19cm/190p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-06914-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

食べるパワースポット伊勢うどん全国制覇への道

著者 石原 壮一郎 (著)

伊勢うどんに魅せられたコラムニストが始めた、伊勢うどんを応援する活動の、波乱と苦笑の道のりを描くほか、伊勢うどんを語る上で欠かせないキーマンへのインタビューなども収録。折...

もっと見る

食べるパワースポット伊勢うどん全国制覇への道

1,404(税込)

食べるパワースポット 伊勢うどん全国制覇への道

1,134(税込)

食べるパワースポット 伊勢うどん全国制覇への道

ポイント :10pt / 紙の本より270おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • PC
  • iPhone
  • iPad
  • Android

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
PC EPUB 無制限
iPhone EPUB 無制限
iPad EPUB 無制限
Android EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

伊勢うどんに魅せられたコラムニストが始めた、伊勢うどんを応援する活動の、波乱と苦笑の道のりを描くほか、伊勢うどんを語る上で欠かせないキーマンへのインタビューなども収録。折り込みマップ付き。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

石原 壮一郎

略歴
〈石原壮一郎〉1963年三重県生まれ。コラムニスト。2012年に「伊勢うどん友の会」を立ち上げ、13年には世界初の「伊勢うどん大使」に就任。著書に「大人の女養成講座」「大人力検定」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

食べるパワースポット!ありがたい伊勢うどん!

2014/04/09 14:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

うどんと聞けば、なに、なに?と飛びつきます。
それも聞いたことはあるけれど、食べたことのないうどんだったら、なおさらです!

伊勢うどん!食べたことありません。
噂はかねがね…。太くてやわらかい麺、それに真っ黒なタレをからめて食べる!
想像してみます。
想像つきません。

伊勢うどんをこよなく愛する石原壮一郎さんによる伊勢うどんラブの一冊!
食べるパワースポットなんて、ありがたいうどんなんですね。
この一冊を熟読して、食べたことないのに、想像もできなかったのに、
食べた気になってしまいましたよ、ワタクシ!(●^o^●)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/03/14 18:24

投稿元:ブクログ

伊勢うどんとは、伊勢独特のうどん。
真っ黒い濃厚なタレの上に太い麺が乗っているもので、初めて見る人は(これがうどん?)とびっくりするものです。
私も一度食べたことはありますが、美味しいというよりも伊勢の味体験という感じでした。
ちなみに入ったのは、おかげ横丁内にある「ふくすけ」。
この本でも紹介されています。

でも、そんな伊勢うどんをこよなく愛し、ほぼ人生のほとんどを捧げている著者。
その情熱にとにかく圧倒されます。

コラムニストである著者は、伊勢から20キロ離れた松阪市出身。
伊勢うどんは伊勢にしかないもので、そう遠くない松阪市に伊勢うどん屋が出来たのも最近のことだそうです。
それほど、伊勢以外ではマイナーだったものを、タイトルにあるようにどうやって全国に広めたのでしょうか?

茹でに茹でた伊勢うどん。コシなんてどこにもないものと思っていましたが、作っている人曰く「伊勢うどんにコシはある」のだそうです。
「コシがなければ長く茹でたら溶けてしまうから」というのがその理由とのこと。
たしかにそうですが、それでもコシはないように思います・・・

伊勢うどん友の会の主催者となった著者。
精力的に広報活動を行っていきます。

東京では「東京カルチャーカルチャーの伊勢うどん祭」を開催したそうで、テリー植田さん、田中ひろみさん、石黒謙吾さんなど、本書3ページの間に私の知り合いの名が続々登場していることに驚きました。
(石黒さんがダジャレのプロと紹介されていました。笑) 

B級グルメとしての切り口で都心へのPRを展開し、近隣の松阪市にできたよりもずっと短期間で、東京にまで伊勢うどんは進出したようです。
お店マップが掲載されていました。

全国展開するにあたってのこだわりの一つがネギ。
あの麺とタレに気持ちがいってしまって、ほとんどネギのことを忘れていますが、伊勢うどんは決まったネギでないと、本当の美味しさを味わえないのだとか。
三重県で採れる、葱の香りが強い中太の青ネギで「伊勢のねぎらいネギ」という名が付いているそうです。
関東のネギでも細いネギでもダメなのだとか。
どれだけネギで味に違いが出るものか、気になります。

著者はついには、昨年伊勢うどん大使にも任命されたとのこと。
個人の情熱が人に受け止められ、周りに浸透してことが動いていく、理想的なパターンです。

あの独特のクセのある伊勢うどんを、全国に広めようというその心意気がすごいです。
企画が通らない、広報が進まないという話はよく聞きますが、現実を打開していく一つのいい例が紹介されています。
ただ、そのためにはとことんその企画に惚れ込むことが必要ですね。

伊勢に嫁入りした人が、義母に伊勢うどんを出されて(さっそく嫁いびりかな)と思ったという話には、笑いがこぼれました。
たしかに見た目はイジメにしか思えない伊勢うどん。
知名度を上げるために、がんばれー。

サイト内検索

キーワードを入力