詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

全品ポイント2倍(0620-30)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 男性向けコミック
  4. おおきく振りかぶって Vol.22 (アフタヌーンKC)

おおきく振りかぶって Vol.22 (アフタヌーンKC)(アフタヌーンKC)

  • 発売日:2013/11/22
  • 出版社:講談社
  • レーベル:アフタヌーンKC
  • サイズ:19cm/230p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-387936-0

コミック

  • 国内送料無料

おおきく振りかぶって Vol.22 (アフタヌーンKC)

ひぐち アサ (著)

紙書籍

596 ポイント:5pt

発送可能日: 24時間

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

540(5pt) おおきく振りかぶって(22)

紙書籍より:56円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

【講談社漫画賞(第31回)】【「TRC MARC」の商品解説】大人気本格高校野球漫画、最新刊! 監督は女性、選手は全員1年生。県立西浦高校の新設野球部に集った10人の選手...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

「おおきく振りかぶって Vol.22 (アフタヌーンKC)」が含まれるセット商品

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

【講談社漫画賞(第31回)】【「TRC MARC」の商品解説】

大人気本格高校野球漫画、最新刊! 監督は女性、選手は全員1年生。県立西浦高校の新設野球部に集った10人の選手は、弱気な投手・三橋を中軸に一丸となって甲子園優勝を目指す! 秋季大会初戦の相手は、夏大ベスト4の武蔵野第一。速球が持ち味のエース・榛名を相手に、西浦は堂々と渡り合う。5回を1対1の同点で迎えたが、武蔵野第一は三橋の“まっすぐ”に違和感を感じ始めたぞ! このまま武蔵野打線を抑え込めるか!?【商品解説】

ユーザーレビュー

全体の評価 4.3
4.3
評価内訳 全て(39件)
★★★★★(11件)
★★★★☆(18件)
★★★☆☆(3件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価4 投稿元:ブクログ

2013/12/11 23:36

花井キャプテンおめでとう!!
自分の弟が活躍したような気分になったよ。
ゴロで1点入った時の田島くんの「どこがだ!」かっこよかったな。
この人は本当に別次元。
だんだん意思の疎通ができてる西浦バッテリー、微笑ましい。

評価3 投稿元:ブクログ

2013/11/26 01:01

バッテリーって相手の調子が上がると、つられて調子が上がるんだな。三橋・阿部組は少しずつ通じてきてるし、榛名・秋丸組は、秋丸の自覚きてからが見もの。秋丸、しっかり練習したら、ものすごく手強そう。ナックルカーブ、本当に投げれるの?

評価5 投稿元:ブクログ

2016/06/04 13:22

三橋のまっすぐが打たれる日。三橋の中に中学時代の暗いトラウマが忍び寄った瞬間、これが本当の俺、それでも負けないと自分に言えるようになった三橋、そして阿部はそう言う投手と解っていたんだからここからは捕手の仕事…簡単に目に見える解り易い二人じゃないけど、信頼とはこう言うものなんだろう。苦境にこそ、発揮される原動力になるもの、それが信頼。
秋丸は考えることを止めてたんだな、圧倒的な個性を持った榛名の前で。何も考えずに「習慣」「反復運動」で出来てしまう行為、榛名の球を取る事だけをやっていて、それには特化したけど、そこに「頭脳労働」は全く含まれてなかったんだねぇ…

評価5 投稿元:ブクログ

2013/11/28 18:04

どれだけ才能に恵まれていても、天才と称えられても、
一緒に切磋琢磨してくれる味方の存在は欠かせません。
榛名くん、良かったね。
ようやく相方の覚醒じゃありませんか。
爪の先まで血が通うってどんなにテンション上がってんの(笑)
かわいいなぁ、やっぱり高校生だ。

一方、田島君の相方・花井君もホームランデビューですか。
田島君を孤独にしちゃぁいけません。
あんたが頑張らんで誰が頑張んの!頼むよ。

そして、三橋&阿部バッテリーにも大きな変化が・・・
1巻読んだ時はなんという設定じゃと驚きましたが、
あのとんでもない設定があるからこそ、
この変化に感動するんですよね。

さて、この試合もついに大詰めかな。

評価4 投稿元:ブクログ

2013/11/23 17:31

お……んもしろかったあ! かつてのチームメイトである、阿部くん擁する西浦と、榛名さん擁する武蔵野第一の、手の内を知られている者同士の駆け引きといったらもう燃えた。「くぅ~」という声がおもわず漏れてしまうほど。そしてお礼を言われて元気百倍な三橋くんと「しゃべりやすかった」と胸を熱く(?)している阿部くんのバッテリーに至っては、つい空を仰いで目頭を押さえてしまうほどのほっこりぶり。それぞれがじぶんの役割を理解していて、彼らの可能性を感じた。武蔵野第一のベンチも熱くなっていてどちらが勝ってもおかしくない試合だ。

評価5 投稿元:ブクログ

2013/11/26 05:28

ブクログの新刊お知らせメールを受け取ってさっそく書店へ。ブクログありがとう。花井くんのホームランに心躍りました♪ですが、武蔵野第一との試合、まだ決着つかんのか・・・長い・・・

評価4 投稿元:ブクログ

2013/11/24 21:03

秋丸!!!!
秋丸くんが徐々に頼もしくなってきて、気合い入ってきて、それに榛名さんも嬉しくなってって、見ててニヨニヨしてしまうよ。
三橋と阿部も田島と花井もお互いがいい関係になってきていて、ニヨニヨだよ。

評価0 投稿元:ブクログ

2013/11/22 18:35

立ち読みしたりして、雑誌でほとんど読んではいるのだが、発売日に本屋に走らずにはいられない『おお振り』
田島に褒められて、どっかーんした花井がちょーかわいいw

おまけマンガがどちらもすんごくいい話でござる。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/09/10 20:51

打たれても強くなった三橋君の成長もだけど、みんながそれぞれ成長しているのが良く出ていた巻。次なる魔球?が楽しみ。

評価4 投稿元:ブクログ

2013/11/29 10:52

秋丸覚醒か…??って感じの巻。

スーパースターも魔球も秘打もない、ごく普通の野球の試合展開が延々続くのに、なんでこんなに面白いのかなーと毎回思ってしまいます。
おそらく一球一球丁寧な試合描写、普通の高校生が頭脳を駆使して精一杯がんばっている姿に惹かれるんでしょうね。

試合は同点。三橋のナックルカーブは果たして?? というところで次巻へ。

評価4 投稿元:ブクログ

2013/11/26 21:09

 武蔵野第一戦も佳境に入り、ベンチ内も慌ただしく動く第22巻。両チームそれぞれ夏で経験したこと、そしてこの試合で感じたことを成長に結びつけていました。

 一分一秒変わっていく。モモカンも普段から言っていますが、この年代の少年少女の成長スピードは半端ないです。西浦では夏の大会で経験したことが活きているのが見て取れました。バッテリーの2人の意思疎通、水谷の成長、花井と田島の競い合いなど成長が描かれていました。なかでも花井はついに結果を得られ、田島の視野に入ることができたのが良かった。モモカンよろしくいい関係がスタートしたのでこれから先花、井がこの体験をどれだけ引っ張り、どれだけ執着しないかが面白いところだと思います。それと同じく、いい関係の兆しが見え隠れしたのが今回の武蔵野第一バッテリー。秋丸が今まで放棄していた考えること、挑戦すること、それらが今自分ができることと相まって蘇ってきたのがなんとも嬉しい。悔しい思いをするから諦めるって地味にやってる人が多いと思うんですよ。それでも、なぜかそこにまだいるってのが心の奥底では諦めてない証拠だから、秋丸には頑張ってほしいなぁ。諦めてしまう心の人の気持ちを汲みながら、じゃあどんな気持ちが成長につながるのかしっかり描いてるのはさすがひぐち先生だと思う巻でした。

 次巻はついに武蔵野第一戦ラスト。次巻予告はワクワクすることがいっぱいですし、水谷がどれだけやれるかも期待するところ。田島も今ひとつスッキリしない模様だから一気にフラストレーションを解放するシーンもみてみたいです。

評価0 投稿元:ブクログ

2013/11/26 13:42

秋丸編。または西浦バッテリー仲良し編。
『おお振り』は敵味方を気にせずに、「みんな良い方向に成長してほしい」と素直に願える漫画です。
というわけで秋丸君も練習がんばって。せっかく良い目持ってるんだから! 分かってくれてる味方いっぱいいるんだから!

そして三橋・阿部バッテリーは超仲良しですね。意思疎通ができとる…!というだけでもう感無量です。一巻の頃の彼らに見せてやりたい。
花井も成長著しいね。田島の身長UPが楽しみです。
ああ、夏も終わったけど甲子園いきたい。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/03/10 08:13

三橋と阿部の意志疎通が良くなったけど、
三橋の球が相手方に破られました。
逆転され同点に追い込んだけど、どうなる事やら。
秋丸が榛名に指示を出し、捕手らしくなってきたので油断は出来ません。

それにしても榛名の球速は秋丸次第というのは面白いです。
この子、この試合で何処まで急速が伸びるのか。
こちらも楽しみです。

評価5 投稿元:ブクログ

2013/12/28 01:47

三橋くんの素直さが可愛い。
花井くんと田島くんのこれからも楽しみになってきました。
選手たちの著しい成長。これだから高校野球って面白い。
監督をしてるモモカンも、うらやましいくらい楽しんでチームを育てています。

評価4 投稿元:ブクログ

2013/11/28 08:59

あーもう本当に三橋がすごく強くなっててその成長ぶりにまるで母の気持ち…ほろりとしちゃうよー。ゆっくりゆっくりだけど着実に積み重ねてきたもの。ようやく実って花が咲き始めてここ数巻は感動してばかりです。
はぁ?!何が?!て言われて前なら絶対びくついて貝のように口閉じたまま終わってましたよね。それをちゃんと言えた事がすごい。そして、はぁ?!て言っちゃったけどその努力に阿部くんもちゃんと気づいた事、ありがとうって言った事。阿部くんもちゃんと成長してますよね。それで嬉しくてぐってした三橋に西浦ナインが皆「お!」て思った場面が本当に微笑ましくて感動してほろりとしました。かわいくて転がった。皆かわいい。皆が三橋を見てて、それでテンション上がるのがかわいい。本当に皆いいこ達だなー。
そして花井!やってくれましたね!こっちも実を結び始めました。でもそれでようやく「やっと田島の視界に入った」なのかと思うと厳しいなー。田島の凄さ。でも田島は田島で戦ってる。もがいてる。ようやく田島を伸ばせるライバルとしての存在が出来る事で、田島も少しは楽になるのかな。長かったですね。ようやく田島と花井の関係がスタートするのか。だけど花井は本当にまだ視界に入っただけなんだなと最後のページで思いました。田島は全然違うところを見てる。全く満足してない。あれでも、悔しいんですね。すごいな。
榛名の思惑通りに三橋は折れてしまうのかと一瞬ひやりとしました。でも見せかけやまやかしじゃないんだよね、一歩ずつ着実に強くなってきたんだよ。確かな強さ。だからもうそんなには心配してなかったかもしれません。でも本当に強くなったなぁ。それに始まりが違う。榛名の読みは全く逆なんですよね。三橋は徹底的に自信がないところからスタートしてる。全部を否定されて、本当の自分、弱い自分を強制的に徹底的に知ってる。だから「知ってた」、それだけなんだなぁと。
でもようやく首を振ったのに、その球で逆転ってシビア!だけど阿部くん!素晴らしかった…阿部くんもものすごく成長してる…感激しました。ただの事実を述べただけのような、でもそれこそが重要なフォローに、どうして新球種を使いたいかの説明。意思の疎通ですよ!この2人は通じ合ってない事が怖かったんだから。もう全然違いますね!
と喜ばしいことばかりでなく、いやこっちも喜ばしい事なんだけど、秋丸の覚醒。野球をやり始めました。それだけで嬉しくて調子が上がってしまう榛名。良かったなぁと。榛名最初あんなに苦手だったのに、今じゃもう憎めない…。
巻末漫画の栄口の話もノスタルジックでしたが、カバー下の話はなんだか凄かったです。三橋母ってすごいんだなぁ。強いんですね。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

  • 買い物カゴに入れる

    発送可能日: 24時間 納期・配送の目安について

  • 買い物カゴに入れる

    ギフト購入する

    購入前にご利用中のデバイスが
    対応しているかご確認ください。

    PC iPhone iPad Android

    電子書籍版を立ち読みする

    hontoアプリの確認

    立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

    • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

    最新の「honto」アプリをご利用の方

    立ち読みする

    最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

    hontoビューアアプリ

    ビューアアプリについて

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.