サイト内検索

詳細検索

紙の本 コミック・ライトノベル本ポイント2倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 実践IT戦略論 肥大化するシステムを超えて新たな事業価値を創造する
実践IT戦略論 肥大化するシステムを超えて新たな事業価値を創造する
実践IT戦略論 肥大化するシステムを超えて新たな事業価値を創造する 実践IT戦略論 肥大化するシステムを超えて新たな事業価値を創造する
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/12/04
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:21cm/177p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8222-4983-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

実践IT戦略論 肥大化するシステムを超えて新たな事業価値を創造する

著者 淀川 高喜 (著)

ITを活用した事業変革によって事業戦略を実現する、IT戦略の実践書。企業の事業特性や事業の発展段階に応じて、事業戦略と一体化した変革とIT活用の方針をいかに策定するかにつ...

もっと見る

実践IT戦略論 肥大化するシステムを超えて新たな事業価値を創造する

1,728(税込)

実践IT戦略論

1,728(税込)

実践IT戦略論

ポイント :16pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ITを活用した事業変革によって事業戦略を実現する、IT戦略の実践書。企業の事業特性や事業の発展段階に応じて、事業戦略と一体化した変革とIT活用の方針をいかに策定するかについて、指針となるIT戦略の選択肢を提示。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

淀川 高喜

略歴
〈淀川高喜〉早稲田大学ビジネススクール商学研究科博士後期課程在籍。野村総合研究所研究理事。日本ITガバナンス協会理事、情報処理技術者試験委員、経営情報学会会員。著書に「IT人材再生戦略」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.0

評価内訳

2014/01/12 23:52

投稿元:ブクログ

★事業戦略と変革とIT活用の関係の調査データや、ライフサイクルごとに選んだ企業の同一の切り口による事例分析が載っている。
当然ながらあなたの会社のIT戦略はこうすべきという答えは載っていない。しかし自分で考える際の参考になるだろう。

2014/01/29 23:57

投稿元:ブクログ

ITを活用した事業変革により事業戦略を実現するIT戦略の実践書との事。

IT戦略の基礎理論からフレームワークを立ち上げ
それを元に
しまむら、ウォルマート、東京海上日動、ウェルズファーゴ、コマツ、パナソニック
Amazon, cisco, IBM, apple
のIT戦略事例を紹介している。

筆者のIT戦略のフレームワークについて
アンケート調査により、その正しさを証明しているが、その部分がつまらない内容であるとともに
何がいいたいのか微妙に分かりづらい面もある。
また、論理が若干飛躍いている部分も大いにある。

経営戦略、IT戦略の一般的な理論
+ IT先進企業の事例を読めるという点ではおもしろい。

企業のライフサイクルは
「起業」、「成長」、「成熟」、「統合」、「分化」、「模索」に分けられる。
各ライフサイクルごとのIT戦略の事例を紹介している。

各事例は、以下のフレームワークでどのような戦略かを紹介している。
フレームワークによる分析に主軸がおかれるが、
分析することに何を言いたいのかいまいち不透明である。
分析して、似たような企業の事例を真似しよう。その後は、より高度な事例を真似しようという
趣旨らしいが、それにどこまで意味があるのかは不明。
解決より、分析に主軸がおかれている印象がある。

1.4つの軸で事業戦略を見直す
①Customer 市場と顧客
②Competitor 業界と競合
③Company 自社の強み

2.変革の実行内容の9象限
①製品・サービスの変革
②業務プロセスの変革
③ビジネスプロセスの変革
×
a.改善
b.再設計
c.創造

3.変革をマネジメントする。
①価値ガバナンス
②変革のケイパビリティ
③変革のメカニズム
④変革のリソース調達

4.変革のためのIT活用
①製品・サービスの変革への活用
②業務プロセスの変革への活用
③ビジネスプロセスの変革への活用

2014/11/12 15:44

投稿元:ブクログ

「経営戦略とITとの整合性の中身をズバリと表現したIT戦略論に出会ったことがなかった。そこで・・ビジネススクールに入学し,・・・先行研究から学び直すことにした。」とあるのだが,出会ったことがないのはこの人だけでは?

前半部分は学生のレポートとしか思えない浅い記述が連続する。後半も変な用語や論理的に導出できない結論が頻出。こんな人がコンサルやっていたのか?
自画自賛も甚だしく,これを教科書として使えだの,みんなで読んで議論しろだの,図々しいにもほどがある。

日経新聞の2013/12/22付のビジネス書ランキングでは2位だったらしいのだが,こんな本が売れるようでは日本のビジネス界はオシマイかもしれない。

2013/12/22 13:43

投稿元:ブクログ

日経新聞のビジネス書ランキングで2位
これからの企業に求められるIT活用の方法について、野村総合研究所の研究理事が解説する。
約600社へのアンケート調査や、有名企業の事例から戦略のあり方を分析。
事業の変革に向けたIT活用の方針としてIT戦略を策定すべきと指摘するる。

2014/09/28 14:40

投稿元:ブクログ

2014年5月に実施した学生選書企画で学生の皆さんによって選ばれ購入した本です。
通常の配架場所: 開架図書(3階)
請求記号: 336.57//Y73

【選書理由・おすすめコメント】
企業がITを活用してどのように戦略を立てているのかを学べる「情報」を知ることができそうだから。
(マネジメント総合学科2年)

2014/01/30 12:31

投稿元:ブクログ

前半はマーケティングの概論、後半は事例分析と、あなたはどうする?という内容。

前半はマーケティングの入り口として使えるかも。VRIO、SWOT、3Cなどの簡単な説明と関係が記載されている。

後半はストーリーとしての競争戦略」の超簡易版。

統計は、エラーがないのが気になった。

自分たち(読者)がどこに位置して今後どうしたいか、戦略をどうするか、は自分たちで考えろ、というのは当然。

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む