OP 全品ポイント2倍(~7/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 8
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 8(ガガガ文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 取扱開始日:2013/11/14
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: ガガガ文庫
  • サイズ:15cm/359p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-09-451451-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 8 (ガガガ文庫)

著者 渡 航 (著)

後味の悪さを残した修学旅行を終え、日常に戻った奉仕部。そんな折、奉仕部に生徒会長選挙に関わる依頼が持ち込まれる。お互いのやり方を認められないまま、奉仕部の三人はそれぞれが...

もっと見る

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 8 (ガガガ文庫)

679(税込)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8(イラスト簡略版)

324(税込)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8(イラスト簡略版)

ポイント :3pt / 紙の本より355おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • PC
  • iPhone
  • iPad
  • Android

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8

648(税込)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8

ポイント :6pt / 紙の本より31おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • PC
  • iPhone
  • iPad
  • Android

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
PC XMDF 無制限
iPhone XMDF 無制限
iPad XMDF 無制限
Android XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 8」が含まれるセット商品

商品説明

後味の悪さを残した修学旅行を終え、日常に戻った奉仕部。そんな折、奉仕部に生徒会長選挙に関わる依頼が持ち込まれる。お互いのやり方を認められないまま、奉仕部の三人はそれぞれが別のやり方で依頼に対することに。分かっていた。この関係はいつまでも続かないことも、自分が変わることができないことも。「君のやり方では、本当に助けたい誰かに出会ったとき、助けることができないよ」その行動は誰のために…。それでも自分のやり方を貫く、もがこうとする“彼”は、大きな失敗を犯してしまう―。【「BOOK」データベースの商品解説】

後味の悪さを残した修学旅行を終え、日常に戻った奉仕部。そんな折、奉仕部に生徒会長選挙に関わる依頼が持ち込まれる。お互いのやり方を認められないまま、奉仕部の3人はそれぞれが別のやり方で依頼に対することに…。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (12件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/05/12 08:39

投稿元:ブクログ

何を以て問題が解決されたと見なせるのかは人によって違うということ、最適解が何かを見定めることは難しいと言うこと

2013/11/25 18:43

投稿元:ブクログ

緊張の巻。
7巻を読み直して臨んだ。

7巻で「ヒキタニさん何間違ったの?」という疑問が、私の結論を裏切る形で鮮やかに描かれ、そこにむしろ、「ヒキタニさんだからこそ」の<若さ>の苦さが描かれている。
頭が良すぎて人が良すぎると、こんなに苦い人生を歩むことになるのか。

それでもヒキタニさんは戦う。
屹立した孤高の存在に拘る。

渡航先生は天才。

2015/02/14 22:14

投稿元:ブクログ

正直、前巻で比企谷のやったことがどうしてダメなのか分からなかったんだけど、今巻で葉山くんの取った行動を見て理解できたような気がします。もし自分の友人が誰かを庇うためにわざと悪役を演じたら、そこにどんな目的があったにしても良い気分にはなれないですよね……。
今回はいつもの解決方法と違ったし一件落着!かと思いきや……次巻を早く読まねばなのです。
由比ヶ浜ちゃんや雪ノ下さんのことを、素敵な女の子、と語る比企谷くんに涙が出ました。

2013/11/25 07:16

投稿元:ブクログ

読者に違和感を与えつつ、物語としては完結させて、最後にその違和感の理由を形にして次回に引くとか、ずるいー。
超面白かったがゆえの、ずるさ。

2013/11/27 00:00

投稿元:ブクログ

咬み合わないこと、ままならないのが人生であり、悩み失敗し教訓を得、自分を築いていく過程の中で、ある境地に至ったとしてもそれはまだ道の途中である。行き過ぎた自意識をぶっ叩く展開、八幡とゆきのんがともに期待を裏切られたという感情を持ったことは糧になるとは言え重苦しい。

なにげにめぐりん先輩が言った答えに彼らは届かなかったのだが、遠回りしても行き着く先はそこになるのだろうということは示唆しているのだと思う。おそらくはこれから動きが激しくなるのだろう。ガハマさんが先に動くのかな。

2014/01/28 23:27

投稿元:ブクログ

8冊目.
修学旅行から戻ってギスギスしている奉仕部.
そんな中,生徒会選挙関連の依頼が静ちゃんから.

今回も八幡がダークですね.
そして新キャラの一色ちゃん.
なんだろう,このシリーズって腹黒い女子が多いよな.
いや,俺が今まで気づいてなかっただけか.
今回は出番少なかったけど戸塚可愛い.

で,スクールカーストの頂点集団に君臨する葉山と
最底辺の住人である八幡の共通点?がちょっと明らかに.

果たして彼が守りたかったものとは・・・.

続きも楽しみだー.

2015/10/24 19:40

投稿元:ブクログ

依頼した本人に翻意させたってのは、初めてじゃないかなと思ったり、あれ?いろはすって前にも出てたんだっけと思ったり、いろいろ、インターバル長めで読んでると記憶が曖昧だったり何だっけソレと思ったり大変である。
こういうのって、理想的には、完結してから一気読みなんだろうけれど、状況を選ぶよなぁ、その読み方。

2013/11/22 21:47

投稿元:ブクログ

8巻のメインテーマは「生徒会長選挙」。八幡や雪乃がいる奉仕部に対して生徒会長選挙に関する依頼が平塚先生経由で舞い込んできます。
予想できる展開はいかにして生徒会長に当選させるか、という話だと思いますが8巻は全くその逆。依頼内容は「生徒会長選挙で当選させないようにしたい」というもの。
立候補した、というかクラスメイトにいつの間にか立候補させられてしまったというサッカー部マネージャーの一色いろはが依頼人です。
見た目は可愛いけど八幡曰く自分の可愛さを上手く演出している嫌な女子高生といったキャラクター。
そんな彼女を当選させないように知恵を貸すわけです。

当然この作品の展開は青春でもなければラブコメでもありません。
主人公の八幡は「ぼっち」です。6巻の学園祭にて怠惰な実行委員を働かせるために自分を犠牲にした振る舞いをとったり、
7巻の修学旅行にて現状を維持するためにまたもや自分を犠牲にした悲しい解決方法を堂々と実行してしまえる主人公。
8巻では冒頭からそんな斜め上の解決方法を提示するんですが雪乃から即座に却下されてしまいます。
まるでそんな八幡の悲しい姿は見たくないとでも言うかのような姿勢で少し感情的になりつつも反発し、それに結衣も同調します。

ただ、雪乃や結衣の考える解決策も実効性に乏しく、且つ人に任せて裏から操作しようとするもの。
生徒会長選挙で依頼人を落選させることはできるかもしれないが、その後の生徒会運営に関しては考えが追い付いていない不十分な解決策。
当然八幡はそんな案を否定します。修学旅行で起こったとある事件以降、八幡と雪乃、そして結衣の関係がギクシャクしてしまい、
それが奉仕部の活動に大きな影響を与えてしまっているわけです。

さらに、そのイライラが影響したのかはわかりませんが、妹の小町にまで辛く当たってしまい一時険悪なムードにもなってしまいます。
そして家に帰り辛い八幡が街で暇をつぶそうとドーナツショップに入ったらたまたま居た陽乃と遭遇し、
八幡の人間関係に余計な口を無理やりはさんでくるんですね。八幡が昔告白した中学生時代の同級生、そしてリア充イケメンの葉山。
彼ら彼女らとの関係に口を出し無理やり遊びに行かされてしまうんです。

ここでの八幡の主張は一貫しています。自分の価値観と他人の価値観は異なっているのが当然。
だから、他人の価値観を無理やり押し付けてくるような奴らとは絡まない。
また、自分の内面に深く入ってくるような奴らとは距離を置く。
葉山や陽乃に対してもこのスタンスで押し通すわけですが、陽乃に電話で半ば強制的に葉山と共に遊びに行かされることに。。。

そう、この8巻では八幡は一色の生徒会長選挙落選のための解決方法を考える上で、雪乃や結衣との関係、妹の小町との衝突、
さらには葉山や昔の同級生との絡みと様々な人間関係が繰り広げられます。
ただ、八幡は1人でありそれは今も昔もこれからも変わらないわけで。
だから誰にも迷惑をかけず1人で解決策を講じ行動するのが当たり前だ���ずっと思っているし、その立場に誇りすら抱いているような堂々とした姿勢を取っていました。
でも、とうとうそんなスタンスを少し曲げ周りに協力を求めるようになります。材木座や戸塚、さらには川崎にまでも相談する八幡。
成長なのかどうかはわかりませんが、明らかにこれまでとは違うスタンスで行動し始めます。

しかし、その裏で生徒会長選挙の解決をするために、雪乃は雪乃で、結衣は結衣である解決案を持って動くんですが、
八幡はその行動だけは許せず材木座たちと作った解決案を実行し、雪乃や結衣の思惑をすべて消し去るべく暗躍するわけです。
うん、この解決方法がまた面白い。許されるのかどうか微妙な行動。
でも、強烈にインパクトを与えることができる手段。
結果、すべてが丸く収まるような結論を導き出してしまいます。

そんな結論が正しかったのかどうかはわかりませんが一見全てが解決したかのような状態にはなりました。
しかし、雪乃は八幡の行動に対し何やら煮え切らない態度で反応しており、今後この2人の関係がどのような展開を見せるのか全く読めなくなってきます。
八幡は絆や上辺だけの付き合いを否定する性格。でも今回、態度を多少なりとも軟化させたことが雪乃には快く映らなかったのかもしれません。
絆という薄っぺらく脆い欺瞞を信じる人とは違う現実主義者である八幡。
そんな八幡と何か似たようなものを感じている雪乃は八幡の今回の行動は許せなかった。
だからこんな態度を取ってしまったのかなとも思うわけで。

そしてなんだかんだ言いつつキーパーソンの結衣。彼女は八幡のことが好きなんだろうけど、
空気を読んだり八幡の言葉にショックを受けたりしつつなかなか自分の想いを伝えられないのかなと感じます。
しかし雪乃も八幡のことを憎からず想っている節が見受けられるのも事実。
でも八幡はそういう想いを事前に察知し現状維持を貫こうとして動くんでしょう。
ラノベ的な展開を考えるなら、今後八幡は似た者同志の雪乃と一緒になるのかなと思っていますが。。。

そんなこんなで非常に読みごたえのあった8巻。1巻から8巻まで全て読みましたが個人的にはこの8巻が一番好きになりました。
ここまで強烈に高校生の自意識ってやつを表現し、全く救おうとせず淡々と高校生活を描く著者の姿勢には尊敬の念すら抱かされます。
それにしても本気で9巻が待ち遠しい。またアニメ2期をもしやってくれるなら確実に見たいですね。
というわけでこれからまた8巻を再読したいと思います。

2014/11/06 23:28

投稿元:ブクログ

痛く胸に文章が突き刺さってくる。何これ、デシャヴ?……八幡の出す結論とすれ違うヒロインたち。決着はつくのだろうか。いづれは。

2016/04/12 01:13

投稿元:ブクログ

生徒会長選挙の巻。俺ガイルの隠れ人気キャラ、「いろはす」こと一色いろはが本格的にヒッキーに絡み始めた。雪乃やガハマさんが出馬する展開も見てみたかったな。

2013/11/28 20:04

投稿元:ブクログ

ラブコメのラの字も無い終始後味の悪い内容だった。
主人公は少しずつ変わっている様が伺えるが、奉仕部の三人が今後どのような関係になっていくのか。
雪乃がどう変わっていくのかが焦点になりそうだ。

八幡が自分を犠牲にしない問題解決の仕方をしていたことが個人的には一番ぐっときた。主人公の成長がこんなにも頼もしく感じるとは・・・

2014/03/27 22:02

投稿元:ブクログ

ちょ、陽乃さん怖い怖い。そして材木座が無駄にカッコいい。しかしもう青春でもラブコメでもないよね、これ。
雪ノ下からすると八幡の行動に思うところもあるようだけどひとまずはこれで良かったかと。

「雪ノ下さんが会長になってくれたらなって。で、もっと言うと、由比ヶ浜さんが副会長。それから……比企谷くんは庶務っ!」
めぐり先輩の言うそんな未来も見てみたい。

2014/11/24 23:08

投稿元:ブクログ

友もなく、彼女もなく、孤高の学園生活を送る少年達の残念な物語の第9弾。
生徒会選挙の問題が、奉仕部に持ち込まれ、3人別々に解決を図る。
そんな中、部活に対する気持ちに気づき始めて…。

完成度の高い巻だと思いますが、これくらいの展開は想定内、むしろシリアス面が強く出すぎて、ギャグ成分が不足しているように感じました。
いつもぶち壊してくれる材木座も活躍してしまったし…。
7巻のレビューでも書いたけど、八幡が普通に出かけて、会話しているのでぼっち要素がなんか見えづらくなっているような…。
思考はぼっちそのものかもしれませんけどね。
バランスを取るのって難しいですね。

2013/11/22 05:11

投稿元:ブクログ

自意識高めのぼっちさんがいい感じに空回ってくれた8巻。
7巻最後のバツの悪さ、人間関係のぎこちなさが、いい感じに物事の歯車を噛み合わなくさせてくれたと思う。

2013/11/20 01:58

投稿元:ブクログ

大切な場所を守りたいと思って行動してみたものの、昔の奉仕部の面影は薄れていく。これからどう物語が展開していくのか読めないが、次巻に期待する。いろはと八幡の関係が深まりそうな予感もする。

ガガガ文庫 ランキング

ガガガ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

サイト内検索

キーワードを入力