サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

下町ロケット(小学館文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 715件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/12/20
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館文庫
  • サイズ:16cm/493p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-408896-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

下町ロケット (小学館文庫)

著者 池井戸 潤 (著)

研究者の道をあきらめ、家業の町工場・佃製作所を継いだ佃航平は、製品開発で業績を伸ばしていた。そんなある日、商売敵の大手メーカーから理不尽な特許侵害で訴えられる。圧倒的な形...

もっと見る

下町ロケット (小学館文庫)

778(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

下町ロケット お試し特別版

0(税込)

下町ロケット お試し特別版

ポイント :0pt / 紙の本より778おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

下町ロケット

778(税込)

下町ロケット

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

この商品が含まれているブックツリー

前へ戻る

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

研究者の道をあきらめ、家業の町工場・佃製作所を継いだ佃航平は、製品開発で業績を伸ばしていた。そんなある日、商売敵の大手メーカーから理不尽な特許侵害で訴えられる。圧倒的な形勢不利の中で取引先を失い、資金繰りに窮する佃製作所。創業以来のピンチに、国産ロケットを開発する巨大企業・帝国重工が、佃製作所が有するある部品の特許技術に食指を伸ばしてきた。特許を売れば窮地を脱することができる。だが、その技術には、佃の夢が詰まっていた―。男たちの矜恃が激突する感動のエンターテインメント長編!第145回直木賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【直木賞(145(2011上半期))】佃航平は宇宙工学研究の道を諦め実家の町工場を継いでいたが、経営はまさに崖っプチ。だが世界最先端の技術で特許出願をしていた佃製作所に、ロケット開発という思わぬ展開が…。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー715件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

池井戸潤、絶対の代表作!

2014/01/13 16:27

26人中、26人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

さすがに直木賞受賞作品です。掛け値なしに面白い小説でした。
 内容は、中小企業(とは言っても年商100億円ぐらいの優良企業)が、銀行からの理不尽な融資打ち切りや一流企業からの数々の無理難題等に、プライドを持って立ち向かい、見事に勝利していく爽快感溢れるストーリーです。最初はバラバラだった会社が、こうした出来事を通して、徐々に一体となっていく筋立ては、まさに池井戸氏の真骨頂だと思いました。
 また、主人公以外にも魅力的な人物が描かれています。銀行出身で外様と思われていたトノやホワイトナイト的存在の神谷弁護士、敵対する会社の中で唯一の理解者財前部長等々。私は、生真面目で線が細いと思われたトノの気骨溢れる行動や発言に結構感動しました。
 とにかく夢があって、感動シーンも多く、2日で一気読みしたのでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

がんばれ町工場!

2015/11/04 23:52

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

【ネタバレ】こういう頑張る小説大好きだ!最初の訴訟問題でどうなるかと思ったけど、ほんの序章だったのね。大きな山場は種類も緊張感も全く異なっていた。大田区民であるわたし、そりゃ佃さんを心から応援するわ。大手企業の考え方や方針も分かるけれども。弱肉強食ばかりじゃ夢がない。それが理だったとしても。池井戸さんは大きな力に呑まれ、儚く散りそうになっていく夢をいろんな切り口から書いてくれるから面白いんだなー。最後は大きく打上ってもう最高だね。社長の涙にわたしももらい泣き。第2弾も楽しみ。がんばれ、佃製作所。がんばれ大田区町工場。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

満足

2014/02/08 19:16

5人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハンニャバル - この投稿者のレビュー一覧を見る

最後まで驚けた。著者の別の作品が読みたくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ロケットに魅せられた社長の話

2014/02/19 13:00

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:てつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

幾多の苦難負けずにロケット開発に向けて邁進する社長の姿は、読んでいてとても気持ちが良いです。面白かったです♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

金融・経営・経済だけでなく、底辺をなす中小企業のことを良く知り、それに対して熱いエールを贈る作家だと思ったが、正にその通りでした。

2016/11/23 10:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

感動、感動の力作でした。386:『架空通貨(初出題名『M1』)』(2003年)を読んだ時に、金融・経営・経済だけでなく、底辺をなす中小企業のことを良く知り、それに対して熱いエールを贈る作家だと思ったが、正にその通りでした。
 当初は、単なる下町工場のサクセスストーリーだろぐらいに思っていたのだが、いえいえ、そんな単純なものではない。まずは、ロケット打ち上げで失敗し、引責辞任させられた研究員が町工場の経営者となるがロケットへの夢は捨てがたく、ロケットのキーデバイスであるバルブシステムの特許を取得することから始まる。佃製作所のライバル企業であるナカシマ工業は特許権の抜け道を利用して佃製作所を告訴、裁判の引き延ばし工作によって資金繰り困難状態に追い込み、倒産させることを狙う。しかし、ナカシマ工業のやり方を良く思わない正義派弁護士の助力により、逆転勝訴に持ち込み莫大な賠償金まで得る。しかし、ここからが本題。同時期に、世界的競争に打ち勝てるようなロケット開発を模索する帝国重工が開発したバルブシステムが既に佃製作所によって特許取得されていたことが判明したことで、特許を巡る駆け引きへと・・・・・・・・。しかし、佃社長は特許権は決して譲らず、あくまでも製品納入に拘る。何故、計り知れないリスクを冒し、利益率も低い、製品納入に拘るのか。これは、正に、日本的モノづくりの思想であり、長期的戦略のお手本みたいなお話ですね。本作では、サクセスストーリーになっているが、展開ではむしろ途中で破産してそらみたことかと言われかねないケースである。しかし、そこを敢えて挑戦していくところに本作の緊張感が生まれ、結末はと読み急がせる醍醐味となっている。
 いやーーー、この作家、どうしてどうして、社会の底辺を構成する中小企業の苦労を良く知っている、目を離せない作家ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

最高のエンターテイメント作品

2016/10/29 04:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しん - この投稿者のレビュー一覧を見る

エンターテイメント作品としては、上位1%に入る素晴らしい本だと思います。池井戸先生の作品は他にもう一冊読みましたが、この作品の方が断然よかったです。ページをめくるたびにドキドキして、最後の最後まで飽きませんでした。しかも、記憶力と理解力に乏しい私が読んでも、登場人物や事実の混同がありませんでした。難しい本が嫌いな方も、是非どうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

初めてがいっぱい

2016/09/12 02:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読書はじめました - この投稿者のレビュー一覧を見る

池井戸潤さんの本を初めて読んだ。
大企業の圧力に屈することなく立ち向かう佃製作所の姿にワクワク、ドキドキして、初めて一気読みした。
読書でこんなに感動したのは、初めてだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

面白いです

2016/07/01 19:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:zgok - この投稿者のレビュー一覧を見る

期待を裏切らない面白さですね。読んでいる途中も、読み終わった後も、仕事に対して誠実に向き合おうと思いました。仕事がどのような結果になるかはわかりませんが、失敗を恐れず、手を抜かずに精一杯がんばっていこうと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

良かったよ。

2016/06/28 10:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:今爺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

テレビでも放映されたが、本書では細部にわたってゆっくり読むことができ、感激した。テレビでも良かったが、反復できるのは書籍ならではと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

下町ロケット

2016/04/30 01:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:[s] - この投稿者のレビュー一覧を見る

夢を追い求めて、大企業にも屈しないプライドを持ち、周囲の困難な状況にも立ち向かう。佃公平以外の人物の面々がより感動できる作品にしていると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

とにかく面白かった!

2016/03/21 17:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まめ子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

知人に勧めれて読んだら文句なしに面白かった!ここでねたバラシをしたら、これから読む方々に申し訳ないので割愛させて頂きますね!ただし!読んで損はしません!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さいこー

2016/02/28 18:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やす - この投稿者のレビュー一覧を見る

テレビもいいけど、やっぱ原作ですね

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

感動

2016/02/19 00:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プリコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

読む前はどのような内容かをまったく知らず、正直あまり期待していませんでした。
しかし読んでみると、涙が出そうなほど悔しかったり、嬉しかったりしてとても読みごたえのある作品でした。
読み終えたあとは自分も頑張るぞという気持ちにさせてもらえました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これぞ日本

2016/02/14 08:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ロケット - この投稿者のレビュー一覧を見る

感動の大作だった。
日本のモノづくりにかける想いは、世界一だと思います。
コツコツ考え、しかも途中で投げ出さないのは、日本人ならではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

一気に読める

2016/01/23 16:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:k - この投稿者のレビュー一覧を見る

半沢直樹で知った池井戸潤。
あまりにもハマるので次々と作品を読んでますが、この下町ロケットも秀逸。
苦境に立たされる度に、どんでん返しが待っており、痛快さ満点。
読み始めたら止まらず一気に読んでしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する