サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

三軒茶屋星座館
三軒茶屋星座館 三軒茶屋星座館
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/12/05
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/280p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-218718-3
  • 国内送料無料

紙の本

三軒茶屋星座館 (「三軒茶屋星座館」シリーズ)

著者 柴崎 竜人 (著)

「和真は俺の兄貴で…そして今日から、月子のもうひとりのお父さんだ」東京、三軒茶屋の路地裏に佇むプラネタリウム。“親子3人”の奇妙な共同生活が始まった…。読めば心温まる、人...

もっと見る

三軒茶屋星座館 (「三軒茶屋星座館」シリーズ)

1,404(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「和真は俺の兄貴で…そして今日から、月子のもうひとりのお父さんだ」東京、三軒茶屋の路地裏に佇むプラネタリウム。“親子3人”の奇妙な共同生活が始まった…。読めば心温まる、人生讃歌エンターテインメント!【「BOOK」データベースの商品解説】

東京の路地裏に佇むプラネタリウム、三軒茶屋星座館。店を営む和真のもとに、突然やってきた弟とその娘。“親子3人”の奇妙な共同生活が始まった…。心温まる人生讃歌エンターテインメント小説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

柴崎 竜人

略歴
〈柴崎竜人〉1976年東京都生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。東京三菱銀行退行後、バーテンダー、コンセプトプランナーなどを経て、作家デビュー。ドラマ「レンアイカンソク」など脚本も多数手掛ける。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

文教堂三軒茶屋店

住んだり勤めたりと三軒茶屋に・・・

文教堂 三軒茶屋店さん

住んだり勤めたりと三軒茶屋に関わって随分になるが、いまだに全体像を掴めていない。古き良き佇まいの映画館やバッティングセンター。店の外観とは裏腹にすこぶる旨い料理を出す長崎ちゃんぽんの店。果ては、かつて釣り堀まであったこの街は、時代も文化も渾然としている。それはまるで、夢の中の、西方浄土へと至る途上の異国の街を思わせる佇まいだ。

長く親しんでもまだまだ日々多くの発見があるのだから、初めて訪れた人は三軒茶屋の面白さに圧倒されるようだ。先日も上京した友人が三軒茶屋を歩き回ったあげく、「無いものはないんじゃないか」と感嘆の声を漏らした。
そこで僕はふと思ったのだが、三軒茶屋には星空がない。建物と建物に四角く切り取られた空を見上げても、星空と呼べるほどのものは見られない。思ったとおりに口にしたら、友人の顔が引きつったので、それ以上言わなかったが、僕は本当はこう続けたかった。
「星空はないけど、住んでる人ひとりひとりが星なんだ」と。

人は人生において明滅を繰り返し、人生という名の星座を成すのだと思う。こっぱずかしいポエミィなことを言ってると思われるだろうが、ここでぜひ読んでいただきたい素晴らしい本がある。
柴崎竜人「三軒茶屋星座館」(講談社)がそれだ。
三軒茶屋でプラネタリウムをいとなむ主人公のもとには、なぜか様々な悩みや問題を抱えた人達が集う。それを主人公が「気持ち良く、僕にしゃべっちゃいなよ」とうながし、星座にまつわる神話になぞらえて解決していくこの物語。

この物語の醍醐味は、主人公の星座の解説がやたらと面白いことだ。
神話の登場人物達がまるでギャルやチャラ男の風情で語られるのだが、なぜかこれが驚くほどしっくりくる。とっつきやすくするために換骨奪胎しているというより、神話の神々って元々そうなんじゃないかとすら思ってしまうほどストンとこちらの胸に落ちてくる。星座にまつわる神々の物語も、実は我々と何も変わらない。みんなずっと昔から同じで、これから先も変わらないんだろう。

人生の意味について考えることはあるだろうか? なぜ楽しいことと苦しいことが交互にやってくるのかと疑問に思ったことはあるだろうか?
ぜひ、この「三軒茶屋星座館」を読んでほしい。空に星はなくとも、地上は人という名の星で満ちている。人は輝いたり暗くなったりを繰り返しながら、ふたつとない星座をその人生で形作ることがわかっていただけるだろう。
「三軒茶屋星座館」これはあなたの心のプラネタリウムだ。


(評者:文教堂書店三軒茶屋店 中川浩成)

みんなのレビュー24件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

この軽くて下世話な語りのおかげで、単なる教訓話にならずに済んでいる。

2016/11/10 01:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:M77 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ボクシングジムやオカマバーの入る雑居ビル七階、バーのあるプラネタリウム。
客の悩みに合わせて館長が語る星座の神々はまるでチンピラヤクザ、それが何故かハマる。
神様だからと持ち上げていては見えなくなってしまう人間臭さが上手く表現されていて、偉い筈の神々にも愛嬌が感じられる。
時代や住む場所が遠く離れていても、その悩みは現代日本の登場人物のそれと何ら変わらない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/15 16:55

投稿元:ブクログ

会話の中の口調が軽いというか、軽く見せようとして頑張ってるけど少し若者の言葉遣いとはずれてるのかな、と言う感じがした。でも星座の話をなるべく軽く、現代になぞらえて書いてあることで、大学で受けだギリシャ神話の話よりいくらか分かりやすかった。
最後まで謎を明かさない部分があったのが少し気になる。

2015/03/14 00:04

投稿元:ブクログ

床が抜けた雑居ビルにプラネタリウム兼バーを開く和真。突然娘を連れて弟がやって来た所から始まる人情もの
各話、お客さんの抱える問題に教訓っぽい星座の話が展開される。始めの方はチャラ語というか、話し方が親しみにくかったけど、後半 家族の暖かみが感じられる過程が徐々に良くなってきた。
12星座分の話でシリーズものになるんだろうか?

2016/11/29 11:04

投稿元:ブクログ

三軒茶屋の裏路地にひっそりと佇むプラネタリウム兼バー。
星座の話を聞かせる店主・和真のもとへ10年ぶりに弟・創馬が娘・月子を連れて帰ってくる。星座館に3人で暮らすところから話が始まります。月子を中心として物語が展開していきます。
プラネタリウム星座館では、お客さんの悩みに応じて、星座の解説、星座の由来となったギリシャ神話の物語を和真が自身の言葉で語ってくれます。
それは、ゼウス・オリオン・ヘラクレスなどがヤンキーぽい言葉で、また欲望たっぷり自由な神様として登場し、わかりやすく語られます。
星座館に通う悩みを抱えたお客さんたちは、ストーリーと自分を重ね、すこしずつ前へ進む勇気をもらっていきます。
ちょっと切ないけれども、笑いもあり、そして人とのつながりが温かいそんな楽しめる小説です。
この本はシリーズ化され、夏、春の星座にまつわる本も出ています。

ペンネーム:ずぼら

2014/01/08 16:43

投稿元:ブクログ

路地裏にひっそり佇むおんぼろビル。
その一角にバーを備えたプラネタリウムがある。
ある日そこに長年海外にいた弟が一人の少女を連れてやって来る。

終章の盛り上がりに5つ星つけたくなったが
星の話がやや冗長なのと
わざとらしい決め台詞が余計に感じて星4つ。

でもそれぞれのキャラは見事だし
まだ謎は残っているので
続編が出るのを心待ちにしたくなる
あったかい秀作。

【図書館・初読・1/8読了】

2015/02/23 09:19

投稿元:ブクログ

面白かった~~!
★5こでいいかな

街中の雑居ビルにあるプラネタリウムバーに集まる人質のほっこり人情ギリシャ神話ストーリー

掛け合いもたのしいし
星座の話の語りがすごく面白い

聖おにいさんの漁師兄弟みたいな口調(笑)

もともとすきだったけどさらに星座とギリシャ神話がすきになった
こんなプラネタリウムあったら通いたい

2016/10/17 21:46

投稿元:ブクログ

星座にまつわる神話を粉々に噛み砕いて解説してくれるプラネタリウム。登場人物が皆個性的。二人のお父さんを信じてる月子ちゃんがかわいい。

2015/08/23 20:58

投稿元:ブクログ

続編と順序が逆で読んじゃった。
ギリシャ神話の現代語訳が面白い。
これだけで解説本作って欲しいね〜

登場人物が、昔ヤンチャだった人と子供とオカマと後輩と...
ストーリー的には、坂木司のハチさん便のやつといっしょ。

2014/06/30 23:19

投稿元:ブクログ

星座館を営む和真のもとに様々なトラブルが持ち込まれて、星座の神話をモチーフになんとなく解決していく様子は読んでいて面白い。星座の話も今風アレンジがわかりやすい。
和真自身にも過去のことを抱えている部分があり、それはだんだん明らかになったが、突然、娘・月子と一緒に帰ってきた弟・創真にはまだまだ隠していることがありそう。二人の抱えていることが明らかになったときに、二人の居候はまたもや和真から離れて行ってしまうのだろうか。二人のお父さんはどうなるのだろうか。
ジャケットとタイトルからもっとほんわかとしたお話なのかと思っていたけれど、思いのほか、何だかコメディタッチなのに、激しい?内容だったのかも。読んでいてだんだんと和真が月子の親という意識が沸いてきたように思う。まだまだ謎が残っているので、次巻があるのかな。

(今回、登録する際に検索したら2巻が8月に出るらしい。)

2015/07/16 07:03

投稿元:ブクログ

面白かった。ギリシャ神話も良かったし、ただどうしてだろう、和真のキャラが私には一貫性がないというか。
普段はへらへらっとしてて、後半実はっていう面が出てくるから二面性があるのは当然なんだけど、話し方のせいか、なんか違和感を感じてしまう。

2014/06/20 17:00

投稿元:ブクログ

OPACへ ⇒ https://opac.musashino-u.ac.jp/detail?bbid=9000954247

2014/05/11 23:02

投稿元:ブクログ

ビルのてっぺんにあるバー。
そこでは、プラネタリウムを観賞しながら、一風変わった解説を聞けて・・・。

ちょっぴり変ったバーに集まる人たちの、あったかい人情物語。

2014/01/30 23:39

投稿元:ブクログ

う~ん、薄い。

テレビドラマ化・映画化を意識したような作風はいつも通りだけど、こうも薄いとちょっと……。

展開・キャラ・舞台がイイ感じで噛み合って相乗効果発揮してる作品では気にならない作風も今回ばかりは気になってしまった。

次回作に期待。

2014/03/28 16:28

投稿元:ブクログ

三軒茶屋のプラネタリウムカフェを経営する和真のところにアメリカから弟が子連れで居候するという、ほのぼのしたストーリーで癒される…と思ったら後半からどんどん激しいドラマが展開していって読むのがやめられなくなりました。登場人物たちのキャラも良かったし、星座の神話を面白おかしく説明しているあたりも興味深かったです。

2014/05/18 23:24

投稿元:ブクログ

斬新な語りのギリシャ神話が面白い!
神を身近に感じて親しみがわくし、神…ろくなもんじゃないなって思ったり、楽しく星座のお勉強が出来ました☆
こんなステキな場所があったら顧客になりたくてしょうがないお店やなぁ(ღˇ◡ˇ)
星座のお話しとリンクさせて、親子3人のお話しが進んでいく。
なんだかまだまだ謎が残ったままのコトもあるから、続編があるのかなぁ?って楽しみにしてる本( ´◡` )