サイト内検索

詳細検索

送料無料

経済・ビジネス・コンピュータ ポイント2倍(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ソードアート・オンラインプログレッシブ 2
ソードアート・オンラインプログレッシブ 2(電撃文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 取扱開始日:2013/12/09
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/383p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-866163-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ソードアート・オンラインプログレッシブ 2 (電撃文庫)

著者 川原 礫 (著)

アインクラッド第二層のボスモンスターを、激闘の果てに倒した“ビーター”のキリトと、その暫定的パートナーである細剣使いアスナは、次なるフロアへの階段を上る。第三層。そこで二...

もっと見る

ソードアート・オンラインプログレッシブ 2 (電撃文庫)

680(税込)

ソードアート・オンライン プログレッシブ2

680(税込)

ソードアート・オンライン プログレッシブ2

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ソードアート・オンラインプログレッシブ 2」が含まれるセット商品

商品説明

アインクラッド第二層のボスモンスターを、激闘の果てに倒した“ビーター”のキリトと、その暫定的パートナーである細剣使いアスナは、次なるフロアへの階段を上る。第三層。そこで二人を待ち構えていたのは、フロア全体を深く包み込む大森林と、初めての大型キャンペーン・クエストだった。森の中で戦う二種族のエルフの騎士たち。そのどちらかに加勢することで、クエストは開始される。“ベータテスト”時は必ず相討ちになっていた二人のNPCだが、キリトたちは黒エルフの女性騎士“キズメル”を生き残らせることになぜか成功してしまう。ベータ時との違いに戸惑いながらも、NPCであるキズメルと交流を深める二人。一方、他プレイヤーたちによって、ついに第三層初の“攻略会議”も開催される。そしてその会議の場で、キリトとアスナは、ひとつの重大な選択を迫られる…。【「BOOK」データベースの商品解説】

第三層へ上ったキリトとアスナを待ちかまえていたのは、フロア全体を深く包み込む大森林と、初めての大型キャンペーン・クエストだった。さらに攻略会議の場で、キリトとアスナはひとつの重大な決断を迫られる…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

読みたいけれど今更な

2014/09/17 21:43

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レイローズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

1冊で終了したアインクッラッド編を最下層からもう一度描こう、と言う2冊目ですが、やっぱりちょっと矛盾とか無理が出てきちゃいますね。
キリトさんもアスナも最初から攻略組で仲が良いように思えるのですが・・・
まあ、面白くてSAOの世界を壊してなければ良しとするか~って、感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/05/08 08:50

投稿元:ブクログ

第3層の話。
このあたりからオリジナル版では全く描かれなかった部分なので、ほぼオリジナル。

NPCなはずの黒エルフなキズメルのキャラ立ちが良すぎてキズメルがメインに。
関わっているクエストも少し上の階層まで続くものなので、今後もキズメルは出てきそうな感じ。

2015/05/03 19:46

投稿元:ブクログ

完結した最初のシリーズエピソードをやや設定を変えて焼きなおしという本編の補足というより矛盾する内容の別シリーズ。細かい部分は気にしない事にして、結構気に入ってます。ただ、エルフNPCのキズメルがメイン過ぎて、他のキャラが薄い。と言うより、新登場人物が少ない。焼き直しだから仕方ないか・・むしろ引っ張られて本編と完全に違ってしまっても面白いかな。まだ三層突破だけど、百層まで続けていいんじゃない?そのままアスナとのコンビ継続で(^.^)

2013/12/21 09:25

投稿元:ブクログ

表紙の女の方とまたイチャイチャすんのかーと思ってたらまぁ当たらずとも遠からずって感じでした。しっかりラッキーなんちゃら的なイベントを消化するあたりはうん、いつものキリトさんだな(笑)本編(でいいのか)の方で見せてた無双っぷりは若干鳴りを潜めているのは序盤階層なせいだろうか。そっちの彼も早く見たいなぁ。そんな大人しめ?夫のお株を奪う嫁の強さがまた。まだまだツン寄りなアスナさんですがちょいちょい見せる仕草が可愛くていいですね。

2014/01/02 09:02

投稿元:ブクログ

長編になる予定のこのシリーズ、今回は第3層攻略のお話です。

ボス攻略メインではなく、NPCを加えてのクエストメインのお話です。
ギズメルのNPCらしからぬ言動や、キリトを殺そうとする存在、トップギルド同士を争わせようとする存在等々、次への伏線も含めて1巻よりも楽しく読めました。

この頃からキリトは女運に恵まれてたんですね(笑)。
次巻がいつになるかわからないけど、早く出てほしいです。

2013/12/17 01:51

投稿元:ブクログ

SAOプログレッシブ二巻
アインクラッド第三層編

MMOのクエストシステムとNPCに焦点を当てた内容。後書きにもある通り、後半がかなり駆け足でそれまでとのテンポの差に戸惑ったけれど面白かった。(逆に前半はスローペース気味)
テーマ的もよかったし。

ただ、このシリーズどこまで行けるのかはやっぱり心配。今のペースだと例の70層に到達するのは何巻になるか。さすがにネタが尽きるだろうし、あまりにも冗長すぎる気がする。

あと、今回も終始、キリトとアスナはペアで行動してたけど、オリジナルのシリーズでもアニメでも、今までの展開に繋げよう途中で別れた上で再会する必要があるわけで。既にフラグたち捲りな上で別れるのが少し気になる。
どうするつもりなんだろ。あまり重たい展開にならなければいいけど。

2015/08/04 21:26

投稿元:ブクログ

アインクラッドを段階的に登っていく話.
今回は第3層.
負けイベントだと思って突撃したイベントで
相手を倒しちゃった.
あれ? 倒せるの?
そんな感じで.

黒エルフのおねいさん素敵です.
あとなんかお風呂成分多いね.

ベータ版とはどう考えても性能が違いすぎる一部NPC.
これは単なるアップグレードなのか,
それともこの頃からキリト氏の主人公特性的なアレで
イレギュラーを呼び寄せているのか.

私,気になります!

2014/01/18 10:27

投稿元:ブクログ

 『2013年 12月 10日 初版 発行』版、読了。


 文体はあいかわらず読みやすく、分厚い印象のあるページ数ではありますが、読み始めればスラスラ読み進められました☆


 今回はSAOの3層でのお話。あとNPCさんであるキズメルさんの物語でもあったり。予期せぬ展開に内心あわあわしながら、それでも心の成長が伺えるキリト先生と、マイペースながらもSAOの仕組みに馴染みつつあるアスナが印象的でした(^-^;;

 とはいえ、終盤からのキリト先生の本鯖での初デュエルやギルドとの関係、キズメルとの別離など、今後が気になる展開でもあります。

 次回は4層のお話な様子。のんびりと刊行を待っておりまする。

2013/12/21 10:01

投稿元:ブクログ

ま、主人公TUEEEEな話は相変わらずで。

本編が一応終わっていることもあっていろいろと仕込んでいるけど、これって作家としてどうよ、と思わなくも無い。
自分の作品のリメイクだからいいのかねぇ。加筆修正どころの話ではないが。

どこまでネタが続くのかある意味楽しみ。

2014/02/26 09:24

投稿元:ブクログ

SAO本編との矛盾に突っ込んだら負けなんだろうな。いや、面白いのでいいんですけど。
あとがきにもあるように駆け足気味だった後半部分が惜しい! また出てくるんだよね、キズメルさん?
この刊行ペースでどこまで行けるのか…まぁダレない程度に長く続けてもらいたいシリーズです。

2014/04/13 03:26

投稿元:ブクログ

キズメルさん超強い。ROのsignクエとはよく言ったものでほんとにそんな感じの長編クエをキリアス+ダークエルフのキズメルさんが10章まで進める話。最後で先にキズメルさんが離脱しちゃったのは大変残念。4層でキズメルさん待ってるといいな!な!
DKBとALSを引っ掻き回したコイフ被ったモルテさんの正体も気になる!

しかし読み終えるのに5ヶ月もかかってしまった。読み始めると3日くらいで読んじゃうんだ。笑 何はともあれ次が楽しみ!

2014/07/23 20:56

投稿元:ブクログ

SAOの世界を1層から書かれたプログレッシブの第2巻。
今回は3層の攻略編。

1巻を読んだとき本編と整合性が微妙にとれてなくて正直これを読むか読まないか迷っていましたが、好きな作者でアリシゼーションシリーズがちょっと合わなかったんでこちらを読もうという流れで買いました。
アインクラッド編と別物語と思って読むとなかなか楽しめました!
というより、バトルシーンの読みあいはやはりこの作品(作者)の持ち味なのでそこはホントに面白かったですね!

懸念はやはりこのペースで巻を重ねて最後まで書けるのかが気になる。
川原さんがアインクラッドに閉じ込めらるんじゃない(笑)

2014/02/11 15:08

投稿元:ブクログ

ソードアート・オンラインのゲームらしさを、キリトのベータ時代の知識やゲームセオリーから導き出される効率厨っぷりがうまく描いてくれているので、デスゲームでなければSAOプレイしてみたくなる。
それと同時にゲームらしくない部分もあちこちにばらまかれていて、そこから作中のSAO、茅場晶彦、ひいてはこのソードアート・オンラインという作品自体の特徴も浮き彫りになるのが面白い

2016/01/09 07:46

投稿元:ブクログ

新しいエピソードでまたこの世界を楽しめるという点が売り、相変わらず主人公がひたすら有利な安心感(笑)。ただ、前の話をなぞるだけでなく、NPCの謎など上手く話を組み立てて次に繋げている。

2014/01/12 18:31

投稿元:ブクログ

新年最初の本は昨年買ったまま読めていなかったコイツにしました。久しぶりに読んだけど、楽しかったー。展開も俺好みで進んでくれた点もポイント高くしてます。やっぱ王道ルートがいいよね。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む