サイト内検索

詳細検索

紙の本 暮らし・実用書/児童書・絵本ポイント2倍キャンペーン

幸福な生活(祥伝社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 422件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/12/12
  • 出版社: 祥伝社
  • レーベル: 祥伝社文庫
  • サイズ:16cm/337p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-396-33891-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

幸福な生活 (祥伝社文庫)

著者 百田 尚樹 (著)

「ご主人の欠点は浮気性」帰宅すると不倫相手が妻と談笑していた。こんな夜遅くに、なぜ彼女が俺の家に?二人の関係はバレたのか?動揺する俺に彼女の行動はエスカレートする。妻の目...

もっと見る

幸福な生活 (祥伝社文庫)

700(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「ご主人の欠点は浮気性」帰宅すると不倫相手が妻と談笑していた。こんな夜遅くに、なぜ彼女が俺の家に?二人の関係はバレたのか?動揺する俺に彼女の行動はエスカレートする。妻の目を盗みキスを迫る。そしてボディタッチ。彼女の目的は何か?平穏な結婚生活を脅かす危機。俺は切り抜ける手だてを必死に考えるが…(「夜の訪問者」より)。愛する人の“秘密”を描く傑作集!【「BOOK」データベースの商品解説】

素直に育った子供たち、理想的な妻。思い描いていたレールをそのまま歩き、順風満帆な人生を送っていたはずの男は…。意外な結末が訪れる全19話の掌編小説集。単行本未掲載作も収録。〔2011年刊に「賭けられた女」を新たに収録〕【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

母の記憶 7−24
夜の訪問者 25−42
そっくりさん 43−58

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー422件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

一気に読めちゃう

2013/12/20 20:27

11人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぐるんぱ - この投稿者のレビュー一覧を見る

短編集だから、一つ一つ結末が「え~?そこ~?」「こう来たか!」と、締めくくられ、次々読みたくなって、一気に読めてしまう本。読んでて疲れない。とにかく楽しくて、高校生の娘にも勧めました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

書名で勘違いしそうですが、

2014/01/15 13:43

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つくも - この投稿者のレビュー一覧を見る

サスペンス小説です。
『輝く夜』のような心温まる短篇集ではありません。
特に『隠れた殺人』は気持ちが悪くなりました。
詳しく感想を書きたいですが、ネタバレになりそうなので…。
短篇集なので、さっと読めておすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

切れ味抜群の爽快な一冊!

2014/01/14 18:34

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小泉佳祐 - この投稿者のレビュー一覧を見る

百田尚樹氏の作品は、「永遠の0」に続いて2作目です。
長編小説もすばらしいが、本作品の最終ページの切れ味は抜群でした。
“いかにも現実にありそうな話”ばかりで、大変おもしろいです。
気がつけば、知らぬ間に百田ワールドにいざなわれ、一気読んでしまう
「爽快な一冊」です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

軽くておもしろい

2014/02/09 17:09

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

題名にひかれて購入しました。ずっとミステリー物が好きで殺人だの犯人を追うなどの話ばっかり読んでいたのですがこの頃のほほんとした物が読みたくなって…短編集という所も購入の理由です。気負わず暇つぶしにぴったりの本でした。暇つぶしと言っても内容はどれもなかなかこっていて短い話の中にちゃんと物語がありました。おもしろかったです。これからも軽くてちょっと「クスッ」とするような本を期待します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ちょっとした合間に、ぜひ!

2014/02/24 09:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴろりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ボケとツッコミのような、展開と締めくくりが読みやすい。
たまに、オチがみえてしまうが、なぜか笑ってしまう。
物足りない終わりもあるが、次を期待してしまう。
百田マジックにやられてしまった自分に降参です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

電車内でお勧め

2016/02/13 12:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:chieeee - この投稿者のレビュー一覧を見る

ショート集なので、さっくり読めます。で、落ちだけはラストのページにあるので、なかなか楽しめます。数があるので、中には予想出来るものもあるんですが、ゾッとするものや、笑えるものもあるので、少しの時間で読めるのもいいところ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日常をひっくりかえす、「ひとこと」

2014/08/14 10:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

家族と過ごす、何でもない毎日。実はそれこそが、「幸福な生活」そのものなのかもしれない。そんな「幸福」を、たったのひとことでひっくり返してしまうショートショート集が本作品。たったの一言で、信じてきた物が、全て壊される。その言葉の破壊力に、ただただおののかされた。また作品構成も非常にうまい。全ての物語において、その「ひとこと」は物語の最後の最後の1文となるのだけれど。それはページをめくったそこに、本当に一文だけ書かれている。だから最後の最後までどうひっくり返るのか分からないし、また1ページに1文しかない事で、目に飛び込んでくる衝撃度がとても高くて効果的。さすがと思わされてしまった。
ただ難を言うと、どの作品もどっかで何か聞いたような内容だったことと、標題にもなっている最後の作品「幸福な生活」が何か後味悪かった事。ブラックな感じで終わるにしても、眉間にしわが寄るような物で読了したく無かったなぁと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

よかった

2014/03/18 05:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うさぎちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

一気に読んでしまいました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

テレビ屋の作品

2015/12/20 03:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「永遠のゼロ」や「海賊と呼ばれた男」は、リサーチャーをふんだんに使った長編。翻って本作は、頭に日rめいたヒントを基にした短編集か。リサーチャーに頼るのも放送作家の手法だが、こうした短編も、ひらめきお、例えばコントやギャグにするテレビ的な作りと言えなくもない。いずれの作品も、頭を使わず、軽く読める、これもテレビ。むろん、深みは全くない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

"幸福な生活"の裏にある最後の一行

2015/09/02 01:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とらのすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

19編の超短編が収録されている短編集です。どの話も最後一行にあるオチがブラックユーモアな感じでにやっとします。個人的には、表題の「幸福な生活」が、本当に題名通り"幸福"で好きでした。読んでいるとオチが想像できてしまうところもありますが、全体的にさらっと読めます。空いた時間にちょこっと読むにはオススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ん・・・

2016/05/07 03:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hal - この投稿者のレビュー一覧を見る

短編集なので ちょっと空いた時間で読めるのは良かったです。ほんの内容は んんん・・・単純で あまり面白くなかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ページをめくる楽しさ

2015/01/27 23:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とろぴかる - この投稿者のレビュー一覧を見る

ページをめくる楽しさを教えてくれる本です。さらっと読める長さの短編で、最後の1ページをめくるとそこには……。
 なれてくると「怪しいな」「妙だな」といった雰囲気が伝わってきて、結末が読めてしまうこともあります。そんな時でもページをめくると「やっぱり!」とスッキリさせられる。どきどきとわくわくの詰まった短編集です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/02/14 20:58

投稿元:ブクログ

ページをめくって最後の一行になる趣向。
それはわかるけれど、救いのない話も多く、全体の読後感はもやもや。

2014/01/24 00:33

投稿元:ブクログ

最後の一行で「なんだってー!?!?∑(゚Д゚)」ってさせる短篇集。
オチが読めちゃったのもあったけど、面白かったです。
そして読みやすかったです!

2015/03/01 23:47

投稿元:ブクログ

1話1話がかなり短いけれど、それぞれ話がはっきりしていて読みやすかった。
最後のページの1行に全てが詰まっている構成も憎い。ぞっとするし、何が仕掛けているんだろうと探り探り読み進められる感じも面白かった。
解説がクドカンだったのもかなり高ポイント。

祥伝社文庫 ランキング

祥伝社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る