サイト内検索

キーワードを入力

詳細検索

送料無料

全品ポイント2倍

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. アクセル・ワールド 16 白雪姫の微睡
アクセル・ワールド 16 白雪姫の微睡(電撃文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 取扱開始日:2014/02/07
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/281p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

アクセル・ワールド 16 白雪姫の微睡 (電撃文庫)

著者 川原 礫 (著)

囚われのニコを必ず救い出すと約束したハルユキは、大天使メタトロンの加護を受け、タクム、チユリ、そしてブラッド・レパードとともに加速研究会の本拠地に突入、幾多の障害を乗り越...

もっと見る

アクセル・ワールド 16 白雪姫の微睡 (電撃文庫)

616(税込)

アクセル・ワールド16 ―白雪姫の微睡―

616(税込)

アクセル・ワールド16 ―白雪姫の微睡―

ポイント :5pt

価格は予価のため、お支払額が変更となる場合がございます。

予約購入する

  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • PC
  • iPhone
  • iPad
  • Android

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
PC EPUB 無制限
iPhone EPUB 無制限
iPad EPUB 無制限
Android EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「アクセル・ワールド 16 白雪姫の微睡」が含まれるセット商品

アクセル・ワールド (電撃文庫) 20巻セット(電撃文庫)

アクセル・ワールド (電撃文庫) 20巻セット

商品説明

囚われのニコを必ず救い出すと約束したハルユキは、大天使メタトロンの加護を受け、タクム、チユリ、そしてブラッド・レパードとともに加速研究会の本拠地に突入、幾多の障害を乗り越えて、バイス、アルゴンと対峙した。ついに激突する両陣営…と思われた瞬間、突如空から降り注いだ謎の赤い光によって、“災禍の鎧”マーク2が誕生する。最凶最悪の力を持つ“鎧”によって、絶対絶命の際へと追い詰められるハルユキたち。しかしその時、メタトロンと完全にシンクロしたハルユキは、時間の静止した世界へと導かれる。全てを知覚することが可能なその世界において、メタトロンは語りはじめる。ブレイン・バーストが作られた理由。そしてバーストリンカーが存在する意味を―。【「BOOK」データベースの商品解説】

囚われのニコを必ず救い出すと約束したハルユキは、タクムたちとともに加速研究会の本拠地に突入。ついに激突する両陣営…と思われた瞬間、「災禍の鎧」マークⅡが誕生し、ハルユキたちは絶体絶命の際へと追い詰められる。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/16 00:31

投稿元:ブクログ

 メタトロン登場。そして、ハルユキを巡る競争にまた一人組み込まれていく……。恐ろしや、美少女ダ◆ソンハルユキ。
 存在意義をかけて戦うバーストリンカーたちの激戦に次ぐ激戦、とりあえず一区切り。…なのでしょうか。
長らくの黒幕、その片鱗をチラ見せしてくれた訳ですが、既に16巻を超えライトノベルなのかどうか怪しくなってきたAWの、更なる長編小説への布石に震えを禁じえません。
……続き、まだでしょうか?

 しかし川原作品を読む度に、文中の「あらすじ」パートの丁寧さ、的確さに感嘆してしまいます。記憶力に難がある私にも読み返さずに理解できる、親切設計!すてき!
 そして、自然物や情景描写の丁寧さ、美しさ、そしてやもすれば読み飛ばしてしまいそうな程クドいそれらを一字一句読ませてしまう筆力。
 ううむ、と唸りながら夢中になって、一気に読みきってしまうのでした。

2015/03/30 11:39

投稿元:ブクログ

白雪姫については、予想ってより流れから自明の設定だったようで(^_^;)
ともあれ伏線を増やして一段落。消滅した一人を除いて悪役なしのストーリーになるんだろうなぁ~メタトロン復活で、どうなるハルユキハーレムってとこか(笑)黒雪姫の影が少し薄くなってるような・・ヒロインなんだよね~
やはり楽しみなシリーズです。けっこう発想で刺激される部分もあるし。しかし、先は長そう・・

2014/02/18 00:25

投稿元:ブクログ

おお、「続く」じゃないのね。それだけで読んだ価値がある(笑)そしてここで新ヒロイン(?)投入、ということでいいんだろうか。表紙にもなってるのに思いのほかあっさり退場したと思ったらしっかり戻るのね、大天使様。そして相変わらず無意識にモテるハルユキなのであった。爆発しろ。ラスボスポジっぽい人も出たり、いろいろ謎や遺恨は残留してるもたいだけど、あとがき曰く次は明るめになるらしいから期待。

2014/02/15 23:51

投稿元:ブクログ

前回のつづき。災禍の鎧マークIIとの戦い。
メタトロン絡みでいろいろブレインバーストの謎に関わる事項が明らかに。
終盤に向けての展開で、メタトロンが犠牲になったところで、こんなインフレ装備(?)そのままにしとけないよなと少し冷めてしまったが、結局復活するのね。少し安心

2014/02/22 02:32

投稿元:ブクログ

とうとう、鎧編に一つの区切りがついた。長かった。
アクセルワールドの最終目的も提示されたし今後の真相解明に超期待!

2014/02/16 00:20

投稿元:ブクログ

11巻から続いた話もようやく一段落.その一方でアクセルワールドとしては多くの伏線が回収されておらず,いつ決着がつくのかは想像もできない.
正直6巻以降は無駄な描写やファンサービスが多く書きたいように書いている感じで小説として読もうとすると結構苦痛.序盤がとても面白かっただけに本当に残念.
それをラノベに期待するなといえばそれまでなんだけど.

2014/02/24 12:17

投稿元:ブクログ

今回もメタトロンたん表紙キタコレ!!


っつーわけで、正ヒロインの座を席捲せしめたメタトロンたんですが
今回も大活躍可愛い感じで素晴らしかったです。

そして今回長かったISSキットに纏わる一連の事件が、
一応の解決を迎えます。
まあ、要するにいつもみたく裏切りの待て次巻でなく、
ひとつイベント終わらせて終了ってこと。

個人的にAWに関してはバトルの良し悪しってあまり期待していないので
(フルフェイスアバターで表情云々とかってのがイマイチ慣れないのもある)
その辺のことはわりとどうでもいいのですが、

”AA”や”CC”に関連する話題など、物語の根幹に関わる情報が
今回のお話は小出しにされていて、
続巻への期待が個人的には高まりました。

あと最後のとこの件ですが、
良い悪いで言えば個人的には良いんですが、
別作品で似たようなこと2回くらいやってるからちょっと萎えたのも本音。

このことだけじゃなく、ちょっとワンパ感が出ることが多くなってきた気がしますよ川原さん。
まあ、こんだけの勢いで書いてたら仕方ないのでしょうが、
大事なシーンぐらいは使いまわしネタでなくスマートに書いてほしいなと思います。

2014/12/17 22:31

投稿元:ブクログ

くっそ長きにわたったISSキット編ついに決着。

つっても判明したことと云えば読者の9割は分かってただろう加速研究会の会長が白の王だったことぐらい、しかもその目的はといえば『ロードス島戦記』のカーラみたいな動機という実にベタな動機と来たもんだ。

とはいえなかなかに良キャラなメタトロンは復活したしニコの死亡フラグはどうやら完全に消化された(タクに関してはまだ分からんが)っぽいしまあとりあえずは良かったなということで。

2014/12/25 23:36

投稿元:ブクログ

遂にISSキット編完結!
引っ張った甲斐あって、かなりの満足感。
現実世界でも学園祭が無事に終わったし、メタトロンも生存確認でホッと一安心。
黒雪姫もチユリのサービスシーンもグッド!

とにかくハルユキ頑張った。
誰も一回もライフ0になってないとかスゴイよね。

インビジブルの最後の一つとか、サーベラスのこととか、加速研究会の会長や本拠地とか。
色々伏線は残っているけど、それは今後の楽しみに。

しっかしヒロイン力高かったわメタトロン。

サイト内検索

キーワードを入力