サイト内検索

詳細検索

送料無料

2016年7月期メディア化特集(~7/28)

美雪晴れ(ハルキ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 237件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/02/07
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/327p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7584-3804-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

美雪晴れ (ハルキ文庫 時代小説文庫 みをつくし料理帖)

著者 高田 郁 (著)

名料理屋「一柳」の主・柳吾から求婚された芳。悲しい出来事が続いた「つる家」にとってそれは、漸く訪れた幸せの兆しだった。しかし芳は、なかなか承諾の返事を出来ずにいた。どうや...

もっと見る

美雪晴れ (ハルキ文庫 時代小説文庫 みをつくし料理帖)

670(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

名料理屋「一柳」の主・柳吾から求婚された芳。悲しい出来事が続いた「つる家」にとってそれは、漸く訪れた幸せの兆しだった。しかし芳は、なかなか承諾の返事を出来ずにいた。どうやら一人息子の佐兵衛の許しを得てからと、気持ちを固めているらしい―。一方で澪も、幼馴染みのあさひ太夫こと野江の身請けについて、また料理人としての自らの行く末について、懊悩する日々を送っていた…。いよいよ佳境を迎える「みをつくし料理帖」シリーズ。幸せの種を蒔く、第九弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

名料理屋「一柳」の主から求婚された芳は、なかなか承諾の返事を出来ずにいた。一方で澪も、幼馴染みのあさひ太夫こと野江の身請けについて、また料理人としての自らの行く末について、懊悩する日々を送っていた…。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

神帰月 9−82
美雪晴れ 83−154
華燭 155−230

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー237件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

ご寮さんの言祝ぎ、澪さんの一歩、源斎先生のきもち

2015/12/29 13:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

ご寮さん、心よりお慶びもうしあげます。色々苦労されたご寮さんが幸せな人生を歩まれたこと、わがことのように嬉しく思います。あとは左兵衛さんの進退ですね。こちらもうまくいくようお祈りしております。澪さんも夢に向かっての第一歩、踏み出しましたね。すてきです。澪さんが色々な人たちから慕われているのは、澪さんの人柄、そしてなによりも相手を思ってつくりあげる料理があるからですね。いつも見守ってくれていた源斎先生の気持ちに少しきづかれたようで。。澪さん、わたしは嬉しいです。あと1巻で終わり。名残惜しいけれど、始めます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シリーズ

2015/10/02 07:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レレレのレ - この投稿者のレビュー一覧を見る

好きな作家さんで好きなシリーズですので、購入しました。この方の書く本は独特のほっこり感があり、とても好きな本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素敵な作品です

2015/05/10 09:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さと - この投稿者のレビュー一覧を見る

料理人として、どの様に生きて行けばよいのか・・・

答えが出そうなもので、出すのがとても困難なこの難題を
澪はどの様に考え今後に繋げていくのか・・・。

本書もページを捲る手が止まりませんでした。

物語全体を通して、少しずつ吉報に向かっている様子が目に映り、
読んでいて心地よかったです。

次巻で最終巻というのが念頭にあるため、
随所で最終話のストーリを色々考えながら読み進めていきました。

最終巻が待ち遠しいのと、
まだ終わってしまいたくない複雑な心境が続いております。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

番外編がいい

2016/02/08 14:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:maki - この投稿者のレビュー一覧を見る

摂津屋さん、ナイス^^
どんな横やりを入れられるかとひそかに心配してたけど良かったよ♪
番外編は、泣けたなぁ~。これって本編よりちょっと先のお話なのかしらね??などと思いながら、いざ明日から最終完。
どんな青空が待ってるのかな~

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「甘いことよのう」清右衛門の放った一言に…

2016/01/20 16:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sin - この投稿者のレビュー一覧を見る

「甘いことよのう」清右衛門の放った一言に穏やかでないものが胸の内にきざした。ここまで読み進めて行くうちに展開の暖かさに涙を頬に感じて来ただけに待ち構えるものの難儀さに気がついてドキッとしたのだ。そう!新たに商いをするための策や手続き!物語だからトントン拍子に収まるとは思っていても、もしかしたら…の危惧を澪はしかし見事に払いのけてくれた。それもこれも澪が己の信じる道からそれずに一心に前を見据えているからだ…ああ次巻完結『天の梯』が待ち遠しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

待ってました。

2014/02/19 19:52

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:競れぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

澪ちゃんに会えるのを首を長くして。
悩み、悲しみ、そして成長していく彼女に会えるのを楽しみにしてます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/02/21 01:05

投稿元:ブクログ

新刊!終わりに近づいてきた感じ。しかし毎度美味しそうなごはん達!丁寧に食べてくれる人達のことを思って作られるごはんは美味しいだろうなぁ。

2014/06/10 18:31

投稿元:ブクログ

+++
名料理屋「一柳」の主・柳吾から求婚された芳。悲しい出来事が続いた「つる家」にとってそれは、漸く訪れた幸せの兆しだった。しかし芳は、なかなか承諾の返事を出来ずにいた。どうやら一人息子の佐兵衛の許しを得てからと、気持ちを固めているらしい―。一方で澪も、幼馴染みのあさひ太夫こと野江の身請けについて、また料理人としての自らの行く末について、懊悩する日々を送っていた…。いよいよ佳境を迎える「みをつくし料理帖」シリーズ。幸せの種を蒔く、第九弾。
+++

前作では、哀しい出来事が次々に起こり、意気消沈していたつる家の面々である。本作では料理屋「一柳」の主・柳吾と芳の縁談に始まり、いずれつる家を旅立つ澪のあとを任せる板前・政吉も決まり、妻のお臼とともに、つる家に馴染み、あさひ太夫の身請け金を稼ぐ算段も少しずつ見えてきた。誰もがお互いのことを慮るつる家の面々とその周りの人たち。そして、おいしそうに料理をほおばるお客たち、もちろん澪が毎度工夫して拵える料理の数々。どれをとっても胸のなかにぽっと灯がともるようである。最後の最後の特別収録「富士日和」で小松原にも会わせてもらえた。次作では野江ちゃんとじっくり再開できるだろうか。待ち遠しいシリーズである。

2014/02/15 19:26

投稿元:ブクログ

少しずつハッピーエンドに向かっているのだとあたたかな光が心に灯る回でした。
澪の決心を周囲の人たちが後押ししてくれる。
どうかみんな幸せになりますように。
次回最終回。雲外蒼天の結末が楽しみです。

2014/12/04 23:14

投稿元:ブクログ

他の巻に比べてアップダウンは少ないが、
それでも一気に読めてしまうのは、
著者の文章力なのか、シリーズ効果なのか。

とりあえず最終巻も連続で読む。
どんな終わり方をするのか、
全然想像つかないのが、巧いなーと思う。

2015/12/06 16:00

投稿元:ブクログ

あ、もしかして澪の料理人としての方向性見つかった?多分そうなるかな~といろいろ予想しながら。
早く次が読みたいような読み終わりたくないような。
小松原のおまけが付いててちょっとほんわかしました。

2014/05/19 03:26

投稿元:ブクログ

この本で「みをつくし料理帖」も9巻となり、次の10巻でいよいよ完結である。

幼馴染の野江を身請けするため、そして自分の料理を極めるためにまっすぐに前だけを見て進んでいく澪と、若い彼女を支え、見守り、時には厳しく叱り、時には励ましてきた老若男女の人々の物語がもうすぐ終わる。

ただただ心のまことを尽くす人々の姿に自らの衿を多だし、時に涙を流しながら読んで来たこの本。終わるのがさびしい気もするが、同時に早く澪の夢がかなうのを見たい気もする。澪と野江、そして周囲の人々の人生はもちろんこのシリーズが終わってもずっと続いていくわけで、そういうことも考えさせられるこの9巻だった。クライマックスに向けて澪だけでなく、多くの人が自分の進むべき道を目指して歩き始めるこの9巻。大事に、大事に、澪の鼈甲珠を味わうような気持ちで読ませてもらった。

2014/05/17 20:32

投稿元:ブクログ

次で終わりだと思うと感慨深い。

天満一兆庵の再建、野江の身請け、つる家の料理人としての責任、己の料理人としての生き方。

これはまとまるのかー!? と思っていた

2014/09/23 16:51

投稿元:ブクログ

かまぼこ、って自分で作れるんだー!!おいしそう♪お芳さん、本当よかったなぁ。なんて善人があふれかえっているんだー、と思いつつも、澪をバックアップしてくれてる摂津屋もすごい。とうとう一歩踏み出すんだね。澪さん、がんばれー!

2014/02/25 08:55

投稿元:ブクログ

内容(「BOOK」データベースより)
名料理屋「一柳」の主・柳吾から求婚された芳。悲しい出来事が続いた「つる家」にとってそれは、漸く訪れた幸せの兆しだった。しかし芳は、なかなか承諾の返事を出来ずにいた。どうやら一人息子の佐兵衛の許しを得てからと、気持ちを固めているらしい―。一方で澪も、幼馴染みのあさひ太夫こと野江の身請けについて、また料理人としての自らの行く末について、懊悩する日々を送っていた…。いよいよ佳境を迎える「みをつくし料理帖」シリーズ。幸せの種を蒔く、第九弾。