サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 勝つまでやめない!勝利の方程式

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

勝つまでやめない!勝利の方程式
勝つまでやめない!勝利の方程式 勝つまでやめない!勝利の方程式
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/03/07
  • 出版社: 中央公論新社
  • サイズ:20cm/189p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-004593-6
  • 国内送料無料

紙の本

勝つまでやめない!勝利の方程式

著者 安藤 宏基 (著)

ダントツ世界一になるためのグローバル戦略の秘訣とは? 日清食品の二代目が、「ハイスピード・ブランディング・システム」を可能にする社内改革と、構想中のグローバル・マーケティ...

もっと見る

勝つまでやめない!勝利の方程式

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ダントツ世界一になるためのグローバル戦略の秘訣とは? 日清食品の二代目が、「ハイスピード・ブランディング・システム」を可能にする社内改革と、構想中のグローバル・マーケティング戦略について綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

安藤 宏基

略歴
〈安藤宏基〉1947年大阪府生まれ。慶應義塾大学商学部卒業。日清食品ホールディングス代表取締役CEO。日本経済団体連合会常任幹事。著書に「カップヌードルをぶっつぶせ!」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/04/02 22:24

投稿元:ブクログ

おもしろかった。社長というのは、ブランドやソーシャルについてここまで知らないものだが、よく勉強している。(広告代理店に教えられているのかもしれないが)。カップヌードルがグローバルブランドになるために、どのような考えで、どのような活動(人事、組織、生産ライン、研究、購買)をしているかについて。ここまで書いてしまっていいのかと思うが、たぶん、書いてあっても、他社がまねをすることはむずかしいのだと思う。

2014/07/05 16:53

投稿元:ブクログ

2014年3月刊。日清食品の社長の戦略プレゼンテーションノート。
製品開発だけでなく、SNS などを使ったマーケティングの話も出てきます。
印象深かったのは「ラ王」と「カップヌードルごはん」の舞台裏。
ライバルの「マルちゃん正麺」が出てくるまでは「ラ王」を袋ラーメンとして発売する発想は無かったのだそうな。

◆【引用メモ】商品コンセプトは「カップヌードルがごはんになった!」というものだった。「そのままじゃないか」と言ったら、「これでいいんです」と言う。(略)私が「ヌードルは入っていないのにカップヌードルでいいのか」と聞くと、「カップヌードル味のごはんであることが直感的に分かるデザインにしてあります」と反論する。(略)自信満々である。(p.86)

2014/04/15 22:40

投稿元:ブクログ

日清食品ホールディングスCEOによる、「世界一になるための『プレゼンテーションノート』」。
同じくメーカーに勤める身としては共感する部分も多々。
最近のTVCM「リア獣」編に触れて、社長自ら「何が面白いのかさっぱりわからない」と堂々と言うあたり、懐の深さを感じさせられます。
個人的には、バックオフィス部門は管理するな、報告させるな、というくだりに、日々の業務を反省させられました。

マーケティング ランキング

マーケティングのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む