サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. キャラクターメーカー 6つの理論とワークショップで学ぶ「つくり方」

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

キャラクターメーカー 6つの理論とワークショップで学ぶ「つくり方」(星海社新書)
キャラクターメーカー 6つの理論とワークショップで学ぶ「つくり方」(星海社新書) キャラクターメーカー 6つの理論とワークショップで学ぶ「つくり方」(星海社新書) キャラクターメーカー 6つの理論とワークショップで学ぶ「つくり方」(星海社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/02/26
  • 出版社: 星海社
  • レーベル: 星海社新書
  • サイズ:18cm/274p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-138548-1
  • 国内送料無料
新書

紙の本

キャラクターメーカー 6つの理論とワークショップで学ぶ「つくり方」 (星海社新書)

著者 大塚 英志 (著)

「キャラクターをつくる」とはどういうことか。いかに「つくれば」いいのか? 6つの理論とワークショップで、思考をキャラクターつくりに強制的にカスタマイズする画期的創作マニュ...

もっと見る

キャラクターメーカー 6つの理論とワークショップで学ぶ「つくり方」 (星海社新書)

907(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「キャラクターをつくる」とはどういうことか。いかに「つくれば」いいのか? 6つの理論とワークショップで、思考をキャラクターつくりに強制的にカスタマイズする画期的創作マニュアル。〔アスキー・メディアワークス 2008年刊に書き下ろしを加える〕【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/10/30 10:22

投稿元:ブクログ

 どんなフィクションであれど、創り手の中にないものは生み出せない。
 創り手の意図しない形で己の願望や何かが作品に込められるより、内側にあるものを表現するのが創造であり、フィクションとして整えた形で出してしまいなさいよ、って本なのかなぁって思った。
 隠しても隠しても己の内面は出てしまうものなのだろう。
 そして、それを知るか知らないかでは、作品の質が変わる気がする。
 利己的な己を知りつつそれをさらすのと、無自覚にさらされてしまうのと。

2014/02/12 16:18

投稿元:ブクログ

この本であなたは独創的なキャラクターを強制的に創らされる
属性の組み合わせなんかサイコロで決めてしまえ。主人公は自発的でなく受け身の人間だ。感情移入させるのは主人公にではなくバディーにさせろ。敵役は悪人ではなく主人公のダークサイドだ。ライナスの毛布からキャラクターをつくる。誰も語らなかったほんとうのキャラクターの本質と創り方。

2014/05/03 15:37

投稿元:ブクログ

キャラクターはつくるもの。
マンガ記号論…キャラクターはパーツの順列組み合わせからなる。
書くことで内面を立ち上げる。アバターに内面を語らせる。
ファミリーロマンス。以降対象。通過儀礼。アトムの命題。聖痕。均衡と不均衡。分離→移行→再統合。
この人の近代認識面白いけど疲れた。しばらくお休み。
ウォーホル展に行った。繋がっているな、と思った。「60年代はみんながみんなに興味を持った時代だった。麻薬が少しは関係あると思う。誰もが突然平等になるんだ。」
物語も何も作家に特権的なものではないと大塚英志は言っている。
2014/05/04読了。

2015/05/09 23:32

投稿元:ブクログ

ストーリーメーカーに続いて読了。
博識に裏付けられた理論の数々は、この本への「好き嫌い」以前に、ストーリーテラーなら必読の内容だ。特に、仏教の縁起を想起させる「私」(ペルソナ)への考察は、新しい形での人格教育としても応用できるかもしれない。
そして「好き嫌い」の別れる部分が、「ツール」を利用することで創作水準を上げようとする著者の姿勢である。ただ個人的には、この姿勢が日本のクリエイティブ分野に大きな変革をもたらすとさえ考えていて、僕も「創作」は教育することができると思うし、実際、教育者としての自覚だってある。
あとはキャンベルやプロップの物語論など、他の著書と被っている部分が多くあり、少しだけ残念だった。

2016/01/10 13:59

投稿元:ブクログ

関連書籍「ストーリーメーカー」と同じように読むことではなく、使うことが前提の一冊。普通、本で読んだ知識を現実で実践することで、初めてその知識を獲得できると思います。でも、この本は「読む」と「実践する」を繰り返しながら読み進めるため、勝手に内容を自分のものにできます。ただ、人によっては読むべきではありません。読み進めていくと分かるのですが、キャラクターは物語を回すための歯車という現実が待っているからです。好きなキャラクターを単純に好きであり続けたい人は知るべきでないことが書かれていると思います。