サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ごちそうさん 下

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/02/26
  • 出版社: NHK出版
  • サイズ:19cm/318p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-14-005640-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

ごちそうさん 下 (NHK連続テレビ小説)

著者 森下 佳子 (作),豊田 美加 (ノベライズ)

1932年、3児の母となっため以子、地下鉄建設工事に取り組む悠太郎、ラジオ局のアナウンサーになった希子、西門家に戻ってきた正蔵。順風満帆の西門家だが、め以子は家事や育児に...

もっと見る

ごちそうさん 下 (NHK連続テレビ小説)

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

NHK連続テレビ小説 ごちそうさん 下

1,028(税込)

NHK連続テレビ小説 ごちそうさん 下

ポイント :9pt / 紙の本より376おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1932年、3児の母となっため以子、地下鉄建設工事に取り組む悠太郎、ラジオ局のアナウンサーになった希子、西門家に戻ってきた正蔵。順風満帆の西門家だが、め以子は家事や育児に大忙し。長女・ふ久の学校での騒動や悠太郎の浮気疑惑、忍び寄る戦争の気配…。食べることを愛し、生きる力に満ちあふれため以子の物語、ついに完結。【「BOOK」データベースの商品解説】

両親が切り盛りする洋食店でおいしいものを食べて育った女学生の卯野め以子。激動の大正後期〜戦後をたくましく生きる女性の半生をダイナミックに描く。NHK連続テレビ小説の第14週〜第25週の放送台本をもとに小説化。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

和枝の「いけず」意地、め以子の食い意地。 両者の生き意地。

2016/01/09 01:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夜メガネ - この投稿者のレビュー一覧を見る

放送期間としては、お正月明け~3月の最終回までに相当。

NHK制作ドラマのお約束的に、戦時中パートに入ります。
(前後作品に見ても、第二次大戦エピソードがない作品のほうが少ないんじゃ…。)

さすがに食いしん坊も少しは飢えてくるのではと思いましたが、
逆境をバネに、"食いしん坊の新妻"から"振る舞い性のオバちゃん"に成長、
近所の子供たちから「ごちそうさん」の称号を戴くまでに成っております。

西門ファミリーが離れ離れに暮らすことを余儀なくされて、
め以子は長男と和枝の所へ疎開することに。 ここのシーンは印象深い台詞が多い。
まずは、長男・泰介がめ以子に語る、時代と立場への思い。
先に徴兵され、変わり果てて帰ってきた源太も美化しない要素として大切。
それを引き継ぐ形で一石投じるいい台詞だったと思う。

次男・活男を失い、底のない絶望に生ける屍となるめ以子。
あの明るい人でもここまで不幸になるのが戦争なんだ、と語っていた。
このあと、和枝の鉄の心とそのきっかけ、不器用ながらも筋の通った生き様だった。

初めてタイトルの意味・由来が納得できるドラマだったのはもちろん、
(安直すぎて口に出すと変だったり、「カーネーション」のように暗喩的すぎ・全体のイメージと合っていないものが多かったように思う。)
「いけず」役がいたから、多くのキャラクターが「イイ人」になれた。

個人的には、和枝の「小姑」という絶妙なポジションでの「いけず」が、
特に女子力が高くもない、「そんなに僻むところないんじゃないですかね…」という女子に突っかかる。
朝ドラの定義をちょいちょい打ち破ってくれたところも気に入った要因です。
例えば、姑がこの役割ではただの嫁いびり・家庭内パワハラ・モラハラですから。。。

星を一個減らしたのは、上巻同様に
「(キャラクター名)は○○のことを△△と思って~~したのだ。」
というように、「あ~…、それをわざわざ書くのは、ちょっと野暮ですよ~…」というところが目に付いた為です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/12/29 14:49

投稿元:ブクログ

出てくる食事の内容が、実際にドラマでちゃんと見ることが出来ていなかったので、本当に気になります。活男が亡くなったことが一番のショックでしたが、これだけ破天荒ながら明るく楽しい女性も楽しいなぁと思います。
賛否両論あるみたいですが…個人的には好きですよ。
いけずをする、和枝の気持ちもよくわかるし。和枝さんて、途中ですごく格好いい人だなぁと思いました。