サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

夜の写本師(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 75件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/12
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/350p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-52502-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

夜の写本師 (創元推理文庫)

著者 乾石 智子 (著)

右手に月石、左手に黒曜石、口のなかに真珠。三つの品をもって生まれてきたカリュドウ。呪われた大魔道師アンジストに目の前で育ての親を殺されたことで、彼の人生は一変する。宿敵を...

もっと見る

夜の写本師 (創元推理文庫)

886(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

右手に月石、左手に黒曜石、口のなかに真珠。三つの品をもって生まれてきたカリュドウ。呪われた大魔道師アンジストに目の前で育ての親を殺されたことで、彼の人生は一変する。宿敵を滅ぼすべく、カリュドウは魔法ならざる魔法を操る“夜の写本師”の修業をつむが…。日本ファンタジーの歴史を塗り替え、読書界にセンセーションをまき起こした著者のデビュー作、待望の文庫化。【「BOOK」データベースの商品解説】

月石・黒曜石・真珠の3つの品をもって生まれてきたカリュドウ。大魔道師に育ての親を殺されたことで、彼の人生は一変する。宿敵を滅ぼすべく、カリュドウは魔法ならざる魔法を操る“夜の写本師”としての修業をつむが…。【「TRC MARC」の商品解説】

狙うは呪われた大魔道師。魔法ならざる魔法を操る〈夜の写本師〉。日本ファンタジーの歴史を塗り替え、読書界にセンセーションを巻き起こした著者のデビュー作待望の文庫化。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店福岡店

夜の写本師が背負うもの

ジュンク堂書店福岡店さん

"読み始めてすぐ、読み終えてしまいたくない、と思った。
ファンタジーという言葉をきくと、つい私は一瞬、この世の辛さを忘れさせてくれるような異世界を思い浮かべてしまう。
だがこの物語は誰に対しても甘くない。
暗く激しい、けして消えない憎しみはどこから生まれてくるのか。
こんな思いに身をやつすくらいなら、知らなければよかった、出会わなければよかった、信じなければよかった。
そんな風に闇にからめとられる瞬間を、傷の程度の差はあれど、感じたことがあるという人は少なくないのではないだろうか。
右手に月石、左手に黒曜石、口の中に真珠をもって生れ落ちてきたカリュドウ。
後に<夜の写本師>となる彼の歩む道は険しく、闇に覆われている。
その彼が生まれてきた意味を追いかけ頁をめくるたび、おもく、苦しい。
それなのに、不思議と読み終えてしまいたくないと思ったのは、この物語の根底にあるものが、悲しいものだけではなかったからなのだろう。"

みんなのレビュー75件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

世界観に浸りました

2016/02/29 17:00

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukka - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本には珍しい本格的ファンタジーと聞いて買ってみました。世界観の説明中心に淡々と語られていくため初めは主人公に感情移入できずにいましたが、読み進めていくうちにその世界観にどんどん引き込まれてしまいました。
主人公が千年前から生まれ変わる度に奪われてきた力を取り戻すという復讐劇なのですが、単純に敵を滅ぼして終わりではないところが好きです。温かみのある結末で読後感も良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すばらしいファンタジー

2015/08/23 16:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たま - この投稿者のレビュー一覧を見る

東京創元社の本の後ろの広告で、この作品に出会いました。
その時はまるで気にも留めなかったのですが、その後も同じ広告を数度目にすることで、タイトルがうっすらと記憶に残るようになりました。
しばらくして、次に読む本に悩み、新しい作者や作品を開拓したいと思った折に、ふっとこのタイトルを思い出しました。
ファンタジーであるということ以外の前情報は何もなく読み始め、一気に読み終わりました。
すてきなファンタジーでした。
世界に浸れるファンタジーでした。
乾石智子さんの作品はこの先、できうる限り追って行こうと決めました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これがデビュー作とは。

2015/05/10 11:32

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はる - この投稿者のレビュー一覧を見る

克明かつ精細な描写により構成された世界を舞台に、欠けたるものが再び満ちる物語が語られます。主軸となる千年にも及ぶ復讐譚はもとより、外連味あふれる魔法も、主人公に突然訪れる幻視ですら、現実味をもって迫ってきました。惜しむらくは、抑圧された社会についての描写が、写本師達が魔道師に立ち向かう理由に説得力を与えるには足りない気がしますが、それを相殺して余りある圧倒的な構築力、表現力、ストーリーテリング。読了に際し、全身の肌が粟立ちました。これがデビュー作とは。乾石智子さんという魔道師に出会えた僥倖を感謝します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

びっくりするくらい本格ファンタジーでした

2015/08/31 22:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うおざ - この投稿者のレビュー一覧を見る

びっくりするくらい本格ファンタジーでした。
日本にもこういう人が現れたのね、と驚く。

・・・というのは、大人向けだから。
上橋菜穂子も荻原規子も「児童書」発信だもんね。

こういう大人向けのファンタジー、しかも「本格」は、
ありそうでなかったかもなあ。

ラノベレーベルのファンタジーは、
面白いのもあるけどやはり「子ども向け」「マンガ・テイスト」だし、
新書判の大人向けファンタジーレーベルのは、
たまに大当たりがあるけど、大概はラノベの路線上にある気がする。

これは全然違う。

全編を覆うダークな感じは児童書では味わえない。
大人でよかった♪
あ、でも中学2・3年くらいなら、読める子がいると思うな。
というか、「ダーク」な要素は、
中学生くらいの子が一番必要としているのかもしれない。

この本は、ダークな世界をかいくぐって、
ちゃんとまっとうな穏やかな世界に戻ってくる話でした。


中学生って、ダークな世界に憧れるんだよね。
そう言えば、わたしがC・L・ムーアにはまったのって、中学時代だったっけ。
この本は、C・L・ムーアより本格派でまっすぐだから、
学校図書館にも入れていいと思うけど、どうかな。

ジェンダーの扱いが
「女性を抑圧する権威(ラスボス)」に対抗するという枠組みで、
物語の最後は、単なる対抗を越えて救いを求める話で、
それはそれで面白かったんだけど、

そういうジェンダーのとらえ方が、
たとえば「ハガレン」とかと読み比べると、
もう古いのかな、とかちょっと思った。
そう考えると、
作者さんは、わたしと同年代か若くても40代くらい。。。違うかな?(^-^;)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

異色のファンタジー。

2015/06/19 11:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポン太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

評価が高かったので購入。
面白かったの確かだが、自分にはちょっと馴染めない部分もあり4点評価。
ファンタジーなので何でもありと言われればそれまでなのだが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/07 10:19

投稿元:ブクログ

久しぶりにファンタジー読んだ。展開は早いんだけど、文章が好みじゃなくて(具体的には修飾語と体言止めの使い方が好みじゃなかった)半分まで頑張ってやっと面白くなってきたー!ってなった。
展開の早さを感じさせなかったけど、千年の復讐があの厚さで終わるんだからやっぱり展開早い。

2014/05/21 23:22

投稿元:ブクログ

久しぶりに地盤の堅い、根の張ったファンタジーを読めました。魔法の解釈が古き良き伝統を引き継ぎながらも新しくて、興味深かったです。
しかし、やや世界や魔法の説明が多すぎて、登場人物にあまり共感ができなかった気がしたのと、前半(正直言うととびらのあらすじ)で大筋が見えてしまったのが、個人的には残念。この手のファンタジー小説と比べるとページ数の足りなさと、内容の物足りなさを感じてしまいました。

とはいえ、完読しなければ、得られないものもたくさんあるので、最後まで読むべき、良いストーリーです。

2014/05/28 08:02

投稿元:ブクログ

右手に月石、左手に黒曜石、口のなかに真珠。
三つの品をもって生まれてきたカリュドゥ。
キーナ村で魔道師のエイリャに育てられた彼の前に、呪われた大魔道師アンジストが現れる。
目の前で育ての親を殺されたことで、彼の人生は一変する。
国を逃れ、宿敵を滅ぼすべく、カリュドゥは魔法ならざる魔法を操る〈夜の写本師〉の修行をつむが…
復讐を果たし、奪われたものを取りかえすことができるのか―

久々にどっぷり浸かったファンタジーでした-

ただの復讐譚でなく、千年前からの繰り返し、生まれ変わりの物語が波状に襲ってきて、私も溺れそうでした-

寿命の長さが不思議。

シルヴァインは純粋で騙されやすかったけど、ちゃんとアムサイストの本質をわかってたんだよね…
最初に奪われたから、他人のもの、力を奪い続ける羽目になったのかと思うと悲しいね。
だからって月の力を手に入れた瞬間に裏切るとかないわ-とも思うけど。

海で戯れる描写が凄く好き。
あと、写本師仲間と思いのほか仲良くなってたり、新しく奪われることなく与えられる関係になりそうで良かった-

2015/01/12 19:44

投稿元:ブクログ

ハードカバー版(図書館から借りた)も読んだけど、文庫になったので購入。

月、闇、海の三つの印を持って生まれたカリュドウは、育ての親エイリャが殺されるのを目の当たりにする。復讐を決意したカリュドウは・・・

二度目だけど、ぐいぐい引き込まれる。
前よりは登場人物の把握ができたので、より話に引き込まれたのかも・・・
常に闇を背負う魔道師。
宿敵アンジストと千年にもわたる因縁。
そして、アンジストの秘密・・・
ダークな部分ばかりだけど、ラストは爽やかに感じる。
詩的な文章は最初苦手だったけど、それがダークな部分を払拭してより引き込んでくれるのかも。

2014/11/01 20:22

投稿元:ブクログ

全体的に淡々と物事が進む印象。
前半は訳がわからず話に振り回されたような気がするけど、後半、前半にあった話が繋がり一気に読みました。
私は好きなようです。

2015/04/12 14:54

投稿元:ブクログ

めちゃくちゃ面白かったです。
読み終わったときに肌が粟立ちました。

こんなに上質なファンタジーを書ける実力者を知れてうれしいです。
日本だと、上橋菜穂子さんや荻原規子さんが取り沙汰されますが、ベクトルは違うものの、まったく負けてません。
ただ、この人の場合は「ファンタジー」に対して真摯に向き合ってはいるものの、「児童文学」とは遠いところにいる気がします。

主人公はカリュドウという少年なのですが、彼は右手に月石、左手に黒曜石、口の中に真珠を持って生まれてきます。
キーナの村で魔女エイリャに引き取られ幸せに暮らしていたものの、大魔導師アンジストの魔女狩りによってエイリャと同胞のフィンを惨殺されます。
雪豹に慰められながら、カリュドウは復讐を命の灯と決め、その身を闇に染めます。
カリュドウが<夜の写本師>になるまでの成長を描く筆致が実に見事で、エイリャを失って最初に弟子入りしたガエルクのもとで、カリュドウは力を付ける一方で傲慢さも身に着けていきます。
先輩にあたる女魔導師セフィヤをその傲慢により死に至らしめた、その瞬間から、カリュドウは頭を殴られたようにはっきりと外界を識別します。
優しく温厚なだけだと思っていた先輩弟子ふたりが、自分が思っていたのとはまったく違っていたことに気付く。この描写がすぐれている。
はじめカリュドウの主観で描かれる人物の描写は抽象的で、これがこの作家さんの特徴なのかと思っていましたが、それが復讐にとらわれ周りを知覚していなかったが故の表現だと気付いたとき、溜息が洩れました。
それから彼は<夜の写本師>として修業を積むこととなります。

そこからは冷徹に目的を遂行するために突き進んでいくのみ、なのですが、章の展開の方法もここから変わってきます。
カリュドウは<月の書>をひらくことに成功し、月と闇と海の魔女とアンジストとの因縁が語られます。
女だけがもつ力をねたみ、恐れ、シルヴァインを裏切ったアンジストへの復讐をとげようとして殺された魔女たち。その因縁を持って自分が存在することを知ったカリュドウは、文字通り「いままで奪われたすべて」を使ってアンジストと対峙します。

決着のあと、語られるのはアンジストその人の物語で、アンジストからシルヴァインに向けられていたものはやはり愛情だったのだということが明らかになります。
そしてそれを理解したカリュドウが、後継者にアンジストの本質たる紫水晶を含めてすべてを伝えようとするところで物語が終わる、クロージングまで含めて完璧に美しい。

電子書籍で買ってしまったことが悔やまれます。
紙で買い直そうかな。
純粋に素晴らしい本と作家さんに出会えたことが嬉しくてたまらないです。

2014/11/03 20:45

投稿元:ブクログ

びっくりしました。本を選ぶ時、出版元の腰巻とか宣伝文句は全く参考にしないので、実際に手に取るまで随分時間がかかってしまいましたが、他作品も読みたいと思う作家さんに出会えました。
比喩と体言止めの多い文体は実は苦手で、世界に入るまではちょっと大変に感じました。具体的な描写なのだか、抽象的な叙述なのだか見分けがつきにくいのも、異国の文化のイメージは豊かなのに、細部はともかく広く俯瞰した光景が思い浮かばないのも、なかなか取っ付きにくさを感じました。まぁ、普段アホのように濃密描写の小説を好んでいるせいかもしれませんが。
ぐぐっと心を引きつけられたのは、本の世界に投げ込まれた場面からです。何のことだか分からなかった三つの品物、三人の魔女、三つの時代、三つの人生が一つの物語に撚り合わされていく運命の妙が素晴らしくて、後は一気に読み切りました。
静と動の、光と闇の、そして男と女の、単なる対立項にならない、とても流動的で生物的な結びつきを窺わせる世界を感じました。読める限り、読んでみたい。以前読んだ『夢の蛇』を思わせる感触の本でした。

2014/05/12 21:40

投稿元:ブクログ

面白かった~!
あの厚さで、この濃さは素晴らしいー!
強いて言えば、アンジストの過去がもう少し読みたかったかな?過去と言うか、紫水晶を失った経緯というか。あんな悪魔な割にそこは描写がアッサリだったので…
他のも文庫になってほしい!

2016/03/21 16:10

投稿元:ブクログ

日本文学ファンタジーで久々に面白い‼思えるものに出会えました
世界観が事細かに設定されていてすっかり没頭して読ませていただきました

2016/03/10 13:59

投稿元:ブクログ

こういう国産ファンタジー読みたかったんだー
! こんなにどっしりして読み応えのあるファンタジーが書かれたなんて、本当にすごいことなんじゃないか。

翻訳物では味わえない、ストーリーと文章の確かな密着感が心地よく、何よりも話がおもしろい。翻訳ものだとこうはいかない。確かな言葉で確かな世界をどんどん構築していってくれる。所々で絵が見えてこないこともあるんだけど、充分自己補完が効くレベル。中東を思わせる乾いた空気と赤い岩壁を穿った人々の住居。そこに飾られた緑と花々の色彩は本当に美しい。

魔法がただの添え物にならず、しっかりと世界に根ざしていて、異世界感を味わえる。魔法が結構邪悪で生々しい(笑)呪いやまじないとしての魔法の描写がインパクト強かった。

終盤の一部はやや急ぎすぎて筆が滑り空回り、骨格が剥き出しになってしまった印象。でもちゃんと綺麗に話は閉じられてる。最後の最後でちゃんと救いのある、爽やかな幕引きだった。面白かった!

キャラクターに魅力を見出すというよりは、ストーリーや文章、場面の美しさを楽しむ文芸的な本。ラノベではない。ジブリ調に人物を想像すると結構しっくりきておすすめ。

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る