サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 世界の読者に伝えるということ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

世界の読者に伝えるということ(講談社現代新書)
世界の読者に伝えるということ(講談社現代新書) 世界の読者に伝えるということ(講談社現代新書) 世界の読者に伝えるということ(講談社現代新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/03/19
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/246p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-288255-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

世界の読者に伝えるということ (講談社現代新書)

著者 河野 至恩 (著)

クールジャパンを唱える前に、日本文化の発信に大切なことは何だろう? 日本発の文化を世界の読者の視点から見るために、比較文学と地域研究の視点から考える。【「TRC MARC...

もっと見る

世界の読者に伝えるということ (講談社現代新書)

864(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

世界の読者に伝えるということ

702(税込)

世界の読者に伝えるということ

ポイント :6pt / 紙の本より162おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

クールジャパンを唱える前に、日本文化の発信に大切なことは何だろう? 日本発の文化を世界の読者の視点から見るために、比較文学と地域研究の視点から考える。【「TRC MARC」の商品解説】

日本文化が世界で人気があると聞くとうれしい。コンテンツ輸出も重要だ。ただ、日本文化の発信にあたって、いま求められているのは、「日本発の文化を、日本以外の世界の読者の視点から見てみる」ことではないだろうか? 
アメリカで森鴎外を学び、大学で教えた経験も持つ著者が、文学と批評を例にして、比較文学と地域研究というふたつのアプローチを通して考える。


【目次】
序章 「世界の読者」の視点

第1部 ひとつめのレンズ 比較文学篇――世界文学としての日本文学

第1章 アメリカで学んだ、日本文学の大切なこと
第2章 「世界の読者」から読みかえる村上春樹
第3章 「世界文学」という読みかた
第4章 海外の大学から見る「日本文学の発信」

第2部 ふたつめのレンズ 地域研究篇――日本研究からみる日本文化・ポピュラーカルチャー・現代日本の批評

第5章 日本研究という視点
第6章 日本研究で「日本らしさ」を語ることのむずかしさ
第7章 日本のポピュラーカルチャーを研究する
第8章 海外の日本研究から読む、現代日本の批評

終章 すべての文化は「世界の財産」である【商品解説】

著者紹介

河野 至恩

略歴
〈河野至恩〉1972年静岡市生まれ。プリンストン大学大学院比較文学部博士課程修了(専攻は日本近代文学・英文学)。上智大学国際教養学部准教授。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/31 22:30

投稿元:ブクログ

いろいろな観点があるということ。
また、村上春樹が世界で多く読まれているとは意外。英訳を読んでみたくなった

2014/04/06 21:28

投稿元:ブクログ

グローバル化が進み、国教を超えた文化の流がますます増えることにより、日本発の文化を楽しむ人の多くは日本語を話さず、日本に行ったことがない人が大多数。
文化について世界のスケールで考えようとしているのは、文学研究だけでなく歴史や美術史も。グローバル化の中で文化をどのようにとらえるかは21世紀の人文学の大きな課題。
アメリカで戦後、地域研究が発達した背景には地政学的な目的もあった。政治的に重要なソビエト、極東アジア、中東などについて総合的な知識を持つ専門家を育成することが大きな目標とされていた。

2014/07/05 03:44

投稿元:ブクログ

文化は生まれた国のものなのか、世界共通の財産なのか?
これを文学やポップカルチャーを中心に考察する一冊。
文学の場合、原語でなければ本当の理解はできないのか? 翻訳することで失われるものはある。それを理解した上で、世界に問うことで文化は豊かになっていく。
うん、その通りだ。

2016/07/08 11:39

投稿元:ブクログ

【目次】

目次 [003-007]
序章 「世界の読者」の視点 009

第 I 部 ひとつめのレンズ比較文学篇――世界文学としての日本文学 029
第1章 アメリカで学んだ、日本文学の大切なこと 031
第2章 「世界の読者」から読みかえる村上春樹 055
第3章 「世界文学」という読みかた 079
第4章 海外の大学から見る「日本文学の発信」 105

第II部 ふたつめのレンズ地域研究篇――日本研究からみる日本文化・ポピュラーカルチャー・現代日本の批評 
第5章 日本研究という視点 131
第6章 日本研究で「日本らしさ」を語ることのむずかしさ 151
第7章 日本のポピュラーカルチャーを研究する 171
第8章 海外の日本研究から読む、現代日本の批評 201

終章 すべての文化は「世界の財産」である 229

おわりに(二〇一四年二月 河野至恩) [240-241]
おもな引用・参考文献 [242-257]

2014/11/12 22:52

投稿元:ブクログ

著者曰く、世界に向けて発信することとはどういうことか、と読み替えられるそう。

文学を読むのに、世界を目と学問的な目が必要らしい。

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む