サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

あしあと
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/15
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/281p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390047-6
  • 国内送料無料

紙の本

あしあと

著者 勝目 梓 (著)

ある者はこの世に起こり得ない不思議と遭遇し、ある者ははるか彼方に封じていた記憶を呼び起こし、ある者は倒錯の性に搦めとられていく−。円熟の筆と技巧が冴えわたる全10篇を収録...

もっと見る

あしあと

1,836(税込)

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ある者はこの世に起こり得ない不思議と遭遇し、ある者ははるか彼方に封じていた記憶を呼び起こし、ある者は倒錯の性に搦めとられていく−。円熟の筆と技巧が冴えわたる全10篇を収録。『オール讀物』掲載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

官能×文学、作家生活四十年の到達点がここに――
本書の作者である勝目梓は、若き日に「文藝首都」にて中上健次らと研鑽を積み、かつては芥川賞候補にも挙がった。その後エンターテインメントに転向、1974年、小説現代新人賞受賞作「寝台の方舟」でデビューすると、バイオレンスロマンの第一人者として一世を風靡し、一ヶ月に執筆枚数が800枚を越えたという昭和のレジェンドである。
しかし、その創作意欲は衰えを知らず、近年は『小説家』『老醜の記』など私小説でも高い評価を受けた。そして80歳を超えてなお円熟味と凄みを増している作家・勝目梓が「おそらく生まれて初めて書いた不思議な作品」、さらに「私にとって最後の作品集」と語り、デビュー40周年記念作品として刊行されたのが本書である。
その言葉通り珠玉の十篇を収めたこの作品集は、官能と文学の新境地をさらに切り拓く一冊だ。ある者はこの世に起こり得ない不思議と遭遇し(「万年筆」「あしあと」)、ある者ははるか彼方に封じていた記憶を呼び起こし(「記憶」「橋」)、ある者は倒錯の性に搦めとられていく(「人形の恋」「影」「秘技」)……。
作品の年代は戦前から現代までと様々だが、作者自らが目にしてきた時代をそれぞれに切り取り、作品の奥行きをさらに広がってゆく。いずれも夢とも現実ともつかぬ時空を自在に往来し、エロスを妖しく漂わせる、まさに名人芸の粋に達した佳品ばかりだ。作家の逢坂剛氏も「創作意欲の衰えなどみじんも感じさせぬ、逸品ぞろいの作品集に仕上がった。勝目さんの小説は、とても傘寿を超えた作家とは思えぬほど若わかしく、清新な感性に満ちあふれている」(文藝春秋「本の話」)で惜しみない賞賛を送っている。
短篇小説を極めた本物の作家、渾身の作品集が見事に誕生した。【商品解説】

収録作品一覧

万年筆 7−33
記憶 35−62
ひとつだけ 63−90

著者紹介

勝目 梓

略歴
〈勝目梓〉1932年東京生まれ。様々な職に就きながら『文藝首都』の同人となり小説を発表。74年「寝台の方舟」で小説現代新人賞を受賞。ほかの著書に「死支度」「ある殺人者の回想」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2015/08/02 10:18

投稿元:ブクログ

図書館で予約した時に何がきっかけだったか忘れたため、ずいぶんと性に寄った短編集なのに驚いた。
あまりにも起こりにくい偶然が頻発するので「そりゃないでしょ」とストーリーから距離をおいてしまった。
小説は架空の物語なので都合の良い偶然は起きても仕方ないのだけれど、それをいかにあり得るかもと思わせることは大切だと思う。

2014/08/04 15:53

投稿元:ブクログ

ハードボイルドのイメージがあり
なんとなく避けてきた作家さん
新聞の書評欄に興味を惹かれ初読。
けど やっぱり苦手かな。
性描写、男くささ漂う10篇の短編集。

2014/06/01 20:27

投稿元:ブクログ

 夢、思い出、記憶、再会、生、死、因縁・・・
 それらのイメージを縦横無尽に使いながら――自在に絡み離れる縁――大人の情念の世界が綴られる。
 そこには、「若き」と「老い」が相対しながら融合する世界が展開される。
 それは、偶然なのか、はたまた宿命的な必然なのか・・・・
 村上春樹よりもさらに大人な世界だ。

目次
万年筆/記憶/ひとつだけ/人形の恋/秘儀/橋/一夜/影/封印/あしあと

2014/06/26 14:27

投稿元:ブクログ

新聞の書評欄を読んで惹かれて読んだ初読みの作家さん。性描写が苦手で何度も読みやめようと思ったが読みやすさと人間のドロドロとした情や欲といった内容は好みだったので読了。

2014/09/09 18:02

投稿元:ブクログ

【作家生活四十年の到達点がここに――】封印された記憶、摩訶不思議な事件、倒錯の性……夢とも現実ともつかぬ男女の因縁を徹底透視し、円熟の筆と技巧が冴えわたる佳品集。