サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

太陽の棘
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 109件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/21
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/238p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390053-7
  • 国内送料無料

紙の本

太陽の棘

著者 原田 マハ (著)

私は、出会ってしまった。誇り高き画家たちと。太陽の、息子たちと―。終戦直後の沖縄。ひとりの青年米軍医が迷い込んだのは、光に満ちた若き画家たちの「美術の楽園」だった。奇跡の...

もっと見る

太陽の棘

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

私は、出会ってしまった。誇り高き画家たちと。太陽の、息子たちと―。終戦直後の沖縄。ひとりの青年米軍医が迷い込んだのは、光に満ちた若き画家たちの「美術の楽園」だった。奇跡の邂逅がもたらす、二枚の肖像画を巡る感動の物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

終戦直後の沖縄。ひとりの青年米軍医が迷い込んだのは、光に満ちた若き画家たちの「美術の楽園」だった。奇跡の邂逅がもたらす、2枚の肖像画を巡る感動の物語。『別册文藝春秋』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

サンフランシスコにある医院のオフィスで、老精神科医は、壁に掛けられた穏やかな海の絵を見ながら、光と情熱にあふれた彼らとの美しき日々を懐かしく思い出していた……。
結婚を直前に控え、太平洋戦争終結直後の沖縄へ軍医として派遣された若き医師エド・ウィルソン。
幼いころから美術を愛し、自らも絵筆をとる心優しき男の赴任地での唯一の楽しみは、父にねだって赴任地に送ってもらった真っ赤なポンティアックを操り、同僚の友人たちと荒廃の地をドライブすること。
だが、ある日、エドは「美術の楽園」とでも言うべき、不思議な場所へと辿り着く。
そこで出会ったのは、セザンヌや、ゴーギャンのごとく、誇り高い沖縄の若き画家たちであった。
「互いに、巡り合うとは夢にも思っていなかった」その出会いは、彼らの運命を大きく変えていく。

太平洋戦争で地上戦が行われ、荒土と化した沖縄。首里城の北に存在した「ニシムイ美術村」そこでは、のちに沖縄画壇を代表することになる画家たちが、肖像画や風景画などを売って生計を立てながら、同時に独自の創作活動をしていた。その若手画家たちと、交流を深めていく、若き米軍軍医の目を通して描かれる、美しき芸術と友情の日々。史実をもとに描かれた沖縄とアメリカをつなぐ、海を越えた二枚の肖像画を巡る感動の物語。【商品解説】

著者紹介

原田 マハ

略歴
〈原田マハ〉1962年東京都生まれ。関西学院大学、早稲田大学卒業。キュレーター等を経て、「カフーを待ちわびて」で第1回日本ラブストーリー大賞、「楽園のカンヴァス」で第25回山本周五郎賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店吉祥寺店

沖縄について考える

ジュンク堂書店吉祥寺店さん

<美術小説>というジャンルがあるとすれば、まさにこの作家さんが上がるであろう原田マハの最新作。戦後沖縄のアート集団と、米軍基地に勤める精神科医との心の交流をもとに、あまり肩ひじ張らずに戦争について、沖縄について考えさせられる小説になっています。小説中に出てくる沖縄画壇の画家たちの作品が見てみたい、アート村にも行ってみたい、沖縄の熱、を感じます。これから夏に向けて読んで頂きたい1冊です。

みんなのレビュー109件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

沖縄の画家

2015/08/22 10:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マッキー - この投稿者のレビュー一覧を見る

終戦直後の沖縄にこのような画家たちが住んでいようとは、あまり知られていないのでは。小説には違いないのですが、原田マハさんらしい美術の知識と尊敬のまなざしが垣間見えて、引き込まれました。一度はこれらの作品を鑑賞してみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

するめ小説の誕生

2014/06/15 02:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:RYOUOU - この投稿者のレビュー一覧を見る

読めば、読むほどに味わいが出てくる小説です。


151回直木賞受賞してもおかしくは無いと思いますよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/04/21 12:22

投稿元:ブクログ

内容紹介
サンフランシスコにある医院のオフィスで、老精神科医は、壁に掛けられた穏やかな海の絵を見ながら、光と情熱にあふれた彼らとの美しき日々を懐かしく思い出していた……。
結婚を直前に控え、太平洋戦争終結直後の沖縄へ軍医として派遣された若き医師エド・ウィルソン。
幼いころから美術を愛し、自らも絵筆をとる心優しき男の赴任地での唯一の楽しみは、父にねだって赴任地に送ってもらった真っ赤なポンティアックを操り、同僚の友人たちと荒廃の地をドライブすること。
だが、ある日、エドは「美術の楽園」とでも言うべき、不思議な場所へと辿り着く。
そこで出会ったのは、セザンヌや、ゴーギャンのごとく、誇り高い沖縄の若き画家たちであった。
「互いに、巡り合うとは夢にも思っていなかった」その出会いは、彼らの運命を大きく変えていく。

太平洋戦争で地上戦が行われ、荒土と化した沖縄。首里城の北に存在した「ニシムイ美術村」そこでは、のちに沖縄画壇を代表することになる画家たちが、肖像画や風景画などを売って生計を立てながら、同時に独自の創作活動をしていた。その若手画家たちと、交流を深めていく、若き米軍軍医の目を通して描かれる、美しき芸術と友情の日々。史実をもとに描かれた沖縄とアメリカをつなぐ、海を越えた二枚の肖像画を巡る感動の物語。

2014/09/07 21:07

投稿元:ブクログ

終戦直後の沖縄で、米軍基地の精神科医が実際に体験したニシムイ美術村の芸術家たちとの交流を元に書かれた作品。
いろいろ複雑な背景があり、なおかつ実話がベースということもあって難しかったのかもしれないが、正直言って、上っ面だけの浅い物語で終わってしまったなというのが率直な感想。
戦争があり沖縄があり米軍があって芸術があったなら、もっと深く描き込めたのではないか、そうするべきだったのではないかと思わずにいられない。

心温まる交流、それそのものはいいとして、その裏に見え隠れする現実こそを思い切って描いて欲しかった。沖縄を描く小説ならば。

2014/09/24 01:54

投稿元:ブクログ

沖縄に駐屯していた米軍兵士と沖縄人との友情の話、というのを読む前にうっすらと知っていて、勝手にすごく悲劇的な結末になるのではないかと思っていたので、期待が裏切られてよかった。
この作品のモデルになる人物たちが実在したという事実も興味深い。

2014/07/28 13:57

投稿元:ブクログ

むせかえるような濃い緑と透き通った水色から濃紺へのグラデーションが美しい海。そして、じりじりと照りつく太陽と自分の身体との境界を曖昧にするような湿度。
架けられている絵を見たわけでもないのに、そんな空気を感じられる作品。

戦争直後の沖縄にやってきた若い軍医と、貧しくとも逞しく、プライドを持って生きる画家たちの交流。
読みやすいのに、とても心に響いてくる。
沖縄未経験の私ですが、この実話を基にした作品の舞台になっているニシムイ美術村、ぜひ行ってみたい。

2014/06/06 15:29

投稿元:ブクログ

占領下の沖縄に実際にあったニシムイという芸術村、本格的に美術を学んだ沖縄に多い名前の画家たちと占領軍にアメリカから派遣された若き軍医たちの友情の話。

芸術家には、良き理解者、パトロンが必要。
全てを失った沖縄の地で、絵を描く日本人の理解者がその土地を廃墟としたアメリカ人・・・その若きパトロンの理解に打たれた日本人の原田マハさんが描いたお話し。思い入れのピンポン球打ち返し~また打ち返し~、みたい ^^

太陽の棘。太陽は恵みも生むし、人の肌や感情に突き刺す棘にもなるということかな? 突き刺さって温かい記憶に留まることもあるようだ。

どの程度、サラリと書くか、粘って熱く語るか・・・表面サラリと奥底で熱い・・・そんな話しが好き!
次の作品にも期待して星4つにとどめます。

2014/05/02 19:29

投稿元:ブクログ

沖縄が日本じゃなかった時代。
米軍の精神科医として沖縄にやって来たエドと
沖縄の若い画家達との出逢い。

絵心に乏しい私でも
彼らと共にスケッチがしたくなる。

【図書館・初読・5/2読了】

2014/06/22 08:22

投稿元:ブクログ

戦争直後の沖縄での、地元画家とアメリカ軍医の交流がテーマ。
印象深い表紙2つの肖像画。
絵が訴え問いかけるものを作品化する著者の筆力はすごい。

2014/06/12 18:00

投稿元:ブクログ

人と人との出会いは不思議。
仲間とドライブに出かけていなければ、ニシムイ・アート・ヴィレッジの看板に気づいていなければ、画家たちと出会うことはなかったのだから。
美術に関心があったということも大きいとは思うが。
表紙になっているような絵を描く画家かぁ。
絵を見ただけでしびれて、何度も何度も通いつめてしまいそう。とても魅力的な絵なんだもん。

2015/02/05 15:22

投稿元:ブクログ

終戦直後の沖縄で、軍配属の新人精神科医と、焦土で絵に生きる希望を託した若き芸術家たちの、魂の交わり。国籍、民族、宗教、どれも壁なんかじゃない。今のこの世の中だからこそ、人と人とが本当に大切なものだけを頼りに向かい合うこの話がずしりと心に響く。
とは言え、「良くできた話だなあ」と読後ファンタジーを読んだような心持ちだったところに、ずらりと記された巻末の参考文献、さらには著者による「謝辞」に愕然!なんとこれ、ほぼ実話に基づいていたとは…!
人と人は憎しみ合うためじゃない、お互いを敬い合うために出会うのだと思い出させてくれた。

2015/02/01 13:46

投稿元:ブクログ

終戦後の沖縄に駐留した医師たちと、地元沖縄の画家たちの絵画を介した交流。当時の日米関係と、地上戦の行われた沖縄という地を考えると、こんなに信頼関係のある交流が果たしてできたのだろうかと違和感を感じるほどに双方の豊かな人間味が描かれるが、実話に基づいていると知って驚き。
当時の、おそらく対等ではないアメリカ人と日本人の間で、こんなに美しい友情がはぐくまれました、というのがフィクションだとすればちょっと美しくしすぎた感があり、まさにそれも実話なのであれば、アートの力ははるかに想像を凌いでいると考えざるを得ない。

2014/12/16 15:10

投稿元:ブクログ

終戦から数年、朝鮮戦争が始まる前の沖縄で、若手画家達がニシムイ美術村に集っていた。そのアーティストと米軍医師との交流。
ニシムイ美術村という史実を発掘して固定しようという意思の下に描かれた作品。米軍医師の視点を借りることで、沖縄問題の根本を掘り下げることを避け、情緒を湛えた作品となっている。
最後のシーンは、伏線が明け透けで、逆に期待した通りで良かった。このまま映像化できそう。

2014/05/13 11:49

投稿元:ブクログ

アメリカ占領下にあった時代の沖縄が舞台。
ニシムイと呼ばれる美術村を訪れたアメリカの医師・ウィルと、若い画家たちとの交遊。
「ニシムイ」と検索して出てきたそばが美味そうで美味そうで。沖縄に行ける日が来るだろうか。

2014/06/02 14:23

投稿元:ブクログ

戦後の、アメリカ占領下にあった沖縄にこんな美術が息づいていたのだなあ。
「我々が去ることが友人たちへの一番の贈り物」
・・・・というようなセリフが心に残りました。
膨大な絵画が、実際に描かれ、保存されているということも。