サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ぼくはスピーチをするために来たのではありません

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ぼくはスピーチをするために来たのではありません
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/30
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-509019-7
  • 国内送料無料

紙の本

ぼくはスピーチをするために来たのではありません (Obras de García Márquez)

著者 G.ガルシア=マルケス (著),木村 榮一 (訳)

大の付く「講演恐怖症」で知られる作家が止むことを得ず生涯に22回だけ、文学、友情、軍隊、独裁者、教育、ジャーナリズム、祖国、スペイン語、ラテンアメリカ、そして世界人類が抱...

もっと見る

ぼくはスピーチをするために来たのではありません (Obras de García Márquez)

2,160(税込)

ポイント :20pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大の付く「講演恐怖症」で知られる作家が止むことを得ず生涯に22回だけ、文学、友情、軍隊、独裁者、教育、ジャーナリズム、祖国、スペイン語、ラテンアメリカ、そして世界人類が抱える切実な課題を、具体的なエピソードと数字を挙げながら真摯かつ自在に壇上から語りかけた。宿命的なその人生模様と思想上の確固たる信念をにじませる肉声の記録。【「BOOK」データベースの商品解説】

大の付く「講演恐怖症」で知られる作家、G.ガルシア=マルケスが、生涯に22回だけ壇上で語った全講演を収録。宿命的なその人生模様と、思想上の確固たる信念をにじませる肉声の記録。【「TRC MARC」の商品解説】

伝えに来たのです。皆さんに是非とも伝えなければならないことだけを――。かくして、大のスピーチ嫌いで知られるこの作家が、生涯に22回だけ、文学、友情、軍隊、独裁者、教育、ジャーナリズム、祖国、ラテンアメリカ、世界人類が抱える切実な課題を、具体的なエピソードと数字を挙げて、真摯かつ自在に壇上から語りかけた。宿命的なその人生模様と、思想上の確固たる信念をにじませる全講演の記録。【商品解説】

収録作品一覧

義務の学校 11−13
どのようにして私はものを書きはじめたか 15−21
あなた方がおられるので 23−25

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店

肉声から立ちのぼる作家としての立ち位置と信念

MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店さん

 4月に亡くなったノーベル賞作家のガルシア・マルケス。奇しくも新刊は、大のスピーチ嫌いと言われた著者が、17歳から80歳までの間に22回行われた講演を一冊にまとめたもの。文学は勿論のこと友情についてや、ジャーナリズムに政治と壇上で語られる肉声からは、作家としての立ち位置と信念とがダイレクトに伝わってきて、小説とはまた違った作家の真摯な言葉に触れることが出来る。執筆に19年を要した「百年の孤独」についてのスピーチがパッチワークのように散りばめられており、ファンならずとも一読の価値あり!!

文芸担当:菊地

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/10/02 15:04

投稿元:ブクログ

ガルシアマルケス「ぼくはスピーチをするために来たのではありません」 http://www.shinchosha.co.jp/book/509019/ 読んだ。約40年間のスピーチ20本は雄弁で問題提起に満ちていて、真摯な人柄が垣間見える。小説以外も外伝も知らなかったので暗殺危機や困窮時期を初めて知った(つづく

本の作りに欲を言えば、各章最後に記載された講演会名や会議名を、最初に判ったうえで読みたかった。どういう場でのスピーチか趣旨を知らずに読んでも、何を言っているのかピンとこない。巻末の訳者あとがきが充実していて、本編のリファレンスと外伝になっている。訳はもちろん木村榮一さん(おわり

2015/01/13 12:06

投稿元:ブクログ

ノーベル賞作家であるガルシア・マルケスの講演集。ガルシア・マルケスは「百年の孤独」でノーベル賞を受賞した。彼の話を聞きたがる人は多かったが、彼自身は講演が苦手だったようだ。それでもいくつかの節目で講演を行い、ラテンアメリカの発展のために尽力した。彼の講演スタイルは、まず自身のエピソードを紹介し、その日の聴衆に合わせて見解を述べるスタイルだった。これが彼の持ち味で、聴く人に感銘を与えるテクニックだったのだろう。彼は言葉の力を信じていて、言葉に纏わる面白いエピソードがいろいろ紹介されている。
軍人相手に講演した時の締めの言葉が印象に残った。「あなた方一人ひとりが背嚢に常に本を一冊入れておけば、皆さんの人生はもっといいものになるはずです」
現代の読書好きには当たり前の習慣だけれど、当時のコロンビアの環境、読書習慣のない人達に対して彼の想いが伝わってくる言葉だと思った。

2014/07/07 23:14

投稿元:ブクログ

今年4月に亡くなったガルシア=マルケスの講演録。
ぼくは死にませんではなく、ぼくはスピーチをするために来たのではありません。

彼はスピーチや講演がイヤでしょうがなかったという。えーそうかあ?中身読むとそんなことないような気もするけど。

南米の複雑な政治状況下で激動の作家人生を歩んできたガルシア=マルケスの言葉は、一語一語がさすがに重い。

新世界の基本ツールは想像力。文化がすべてと言い切る。並の人間が言っても説得力はない。

NHK100分de名著に「百年の孤独」を希望。

2014/03/17 18:16

投稿元:ブクログ

言葉は判らなくても、どんな風に語られたか、知りたいところです!

新潮社のPR
「伝えに来たのです。伝えなければならないことだけを――。かくて、スピーチ嫌いの作家が生涯に22回だけ壇上で語った全講演の記録。」

2016/10/02 14:58

投稿元:ブクログ

ガルシアマルケス「ぼくはスピーチをするために来たのではありません」 http://www.shinchosha.co.jp/book/509019/ 読んだ。約40年間のスピーチ20本は雄弁で問題提起に満ちていて、真摯な人柄が垣間見える。小説以外も外伝も知らなかったので暗殺危機や困窮時期を初めて知った(つづく

本の作りに欲を言えば、各章最後に記載された講演会名や会議名を、最初に判ったうえで読みたかった。どういう場でのスピーチか趣旨を知らずに読んでも、何を言っているのかピンとこない。巻末の訳者あとがきが充実していて、本編のリファレンスと外伝になっている。訳はもちろん木村榮一さん(おわり

2014/06/01 21:05

投稿元:ブクログ

巨星墜つ。
今年の訃報で何よりがっかりしたのはマルケスの死のニュースだった。
確かにかなりの高齢ではあったのだが、特に大きな病気の報せも無かったので、意外でもあった。
これで、益々ラテンアメリカの革命(旧い世代の政治的な革命では無く、より社会的な意味を持つ)は遠のいてしまったのでは、という感慨がよぎる。
その長く、輝かしい作家生活の中(本人はそう思ってないにしろ)で貴重な生の声を収めた本書は非常に興味深い。

2014/06/18 22:00

投稿元:ブクログ

とにかくガルシア・マルケスの文章が面白い。
彼は生前スピーチ嫌いだったそうだが、鋭いユーモアを誘うところから決してスピーチ嫌いが書くようなものではない。
おそらく、準備に時間がかかったのかもしれない。

文章がとてもいい。ガルシア・マルケスの作品をもっと読みたくなった。