サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

東京自叙伝

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 30件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/02
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/423p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-771559-0
  • 国内送料無料

紙の本

東京自叙伝

著者 奥泉 光 (著)

明治維新から第2次世界大戦、バブル崩壊から地下鉄サリン事件に秋葉原通り魔殺人、福島第1原発事故まで、帝都トーキョウに暗躍した、謎の男の無責任一代記!史実の裏側に、滅亡する...

もっと見る

東京自叙伝

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

東京自叙伝

1,620(税込)

東京自叙伝

ポイント :15pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

明治維新から第2次世界大戦、バブル崩壊から地下鉄サリン事件に秋葉原通り魔殺人、福島第1原発事故まで、帝都トーキョウに暗躍した、謎の男の無責任一代記!史実の裏側に、滅亡する東京を予言する、一気読み必至の待望の長編小説!!【「BOOK」データベースの商品解説】

明治維新から第2次世界大戦、バブル崩壊、地下鉄サリン事件に秋葉原通り魔殺人、福島第1原発事故まで、帝都トーキョウに暗躍した謎の男の一代記。史実の裏側に、滅亡する東京を予言する長編小説。『すばる』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

維新から太平洋戦争、サリン事件からフクシマ第1原発爆発まで、無責任都市トーキョーに暗躍した謎の男の一代記! 超絶話芸で一気読み必至の待望の長編小説。世の中、なるようにしかなりません!!


【商品解説】

著者紹介

奥泉 光

略歴
〈奥泉光〉1956年山形県生まれ。国際基督教大学大学院博士前期課程修了。86年「地の鳥天の魚群」でデビュー。「石の来歴」で芥川龍之介賞、「神器」で野間文芸賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー30件

みんなの評価3.6

評価内訳

2015/07/18 03:40

投稿元:ブクログ

明治維新から第2次世界大戦、バブル崩壊、地下鉄サリン事件に秋葉原通り魔殺人、福島第1原発事故まで、帝都トーキョウに暗躍した謎の男の一代記。史実の裏側に、滅亡する東京を予言する長編小説。『すばる』連載を単行本化。

2014/12/31 11:08

投稿元:ブクログ

ものっ凄く読み応えあった。東京そのものを主人公にするにあたってのこの手法はとても画期的。ふざけてるなー不謹慎だなーと思いながらもそのおかしさが癖になった。果ては全部「私だ」だから大笑い。面白かった。

2014/06/21 07:27

投稿元:ブクログ

次々と「私」が入れ替わって、増殖していく、まさに「東京自叙伝」だ。
混乱しながらもページをめくる手が止まらない、圧倒的なパワーを持つ作品だった。

2015/04/14 15:20

投稿元:ブクログ

こりゃまたなんとも奇怪な。。。(笑
東京というひとつの街の集合意識としての「私」が語る、東京の歴史、というか日本史。
語り口がうまいのでついつい読み進めてしまうが、歴史的な出来事を背景にして延々と似たような描写が続くばかりで、お話としてはさほど面白いわけではない。行き着く先のオチもあまり気持ちよくない。風刺といえば風刺だけれど、明確な主張が見えるわけでもなく、いつもの奥泉節に煙にまかれてしまった感がある。
一歩間違えれば大傑作になっていたような気もするだけに、これは本当に惜しかった。

2014/06/29 11:57

投稿元:ブクログ

始め、とにかく語り口の文体が気になって仕方なかったが、そのうち、それが不思議なリズムとなって、全体に統一感を与えている感じがしてきた。面白い!物語は東京という土地の地霊の脈脈と受け継がれてきた記憶の羅列のようなもので、前半はなかなかに面白かったが、後半はあまりにも事件の羅列という感じで失速した感がある。それでも圧倒的な、日本人の精神にのしかかるような作品だ。

2015/05/10 15:20

投稿元:ブクログ

ぶっ飛んだ内容で、
最初はなんじゃこりゃと思いながら
次第に引き込まれていくものの、
事件や出来事の中身は変わっても
話の展開がワンパターンすぎて
途中で飽きてしまった。

2014/09/05 00:32

投稿元:ブクログ

この著者には苦手意識があった。「シューマンの指」がまるで楽しめなかったので。しかし今作は割りと楽しみつつ、サクサク読み進められた。
戦後の混乱期ぐらいまでは面白かったけど、その後はちょっとダレたかな。歴史の勉強にはなるけどね。

2014/11/01 08:31

投稿元:ブクログ

三島由紀夫の「豊饒の海」を一面に響かせながら、まったく相反する輪廻の物語。幕末から現代までの東京が鼠からやくざにまで生まれ変わり、その流れの面白さの上、細部に渡って興味深い。一気読み。

2015/03/06 12:28

投稿元:ブクログ

こんなヘンテコリンな話をよくまあ思いつくものだなあ。東京の地霊に幕末から東日本大震災までの歴史を語らせようだなんて、どこをどうしたらこういう発想が出てくるのだろう。作品ごとに趣向が違い、凝ったものばかり書いている作者だけれど、これはちょっと特筆すべきユニークさではなかろうか。

四百ページを超えるボリュームだが、とにかく語り口がなめらかで、つるつる読んで行ける。設定は突飛だし、バンバン人は死ぬし、戦争やら震災やら大火事やら異常事態ばっかり出てくるというのに、軽いノリの江戸っ子的話し言葉に、ついアハハ!と笑ってしまったりして。作者の確信犯的不謹慎さにまんまとのせられた感じだ。

しかしこれは、同時に、至極真面目な日本人論でもあり、戦争や原子力開発を推し進めた者たちへの告発でもある。大局を考えず、常に目先の興味を追い求め、まずいことは誰かのせいにし、決して反省せず、たやすく熱狂し、すぐ冷め…、ここで描かれているのはわたしたちの姿だ。その苦みが胸に残る、類のない一冊だ。

2015/01/06 09:32

投稿元:ブクログ

「東京の地霊」を名乗るものが、江戸時代以降その時々の人格または猫、鼠などに憑依して体験した東京の物語を一人称で語る不思議な小説。
この憑依している先の人物達がどうにもしょうがない奴らばかりで、「東京」ってこんな「なるようになるさ」的な歴史を刻んできたといいたいのかどうなのか。

結局、通り魔事件を起こした男の語った話として読むのが一番納得いくけれど…。

2015/05/07 23:43

投稿元:ブクログ

地霊として、様々な人・動物に憑依し、己が時代を語り、東京という土地の半生(歴史)を自叙伝的に表現する手法が斬新で面白い。
基本的にワンパターンだけど、飄々とした主人公の語り口や無責任さ・不謹慎さはちょっと癖になる。
なるようにしかならないという思想は、なるほど、どこか現代の東京的である。

2014/10/30 22:12

投稿元:ブクログ

地霊に東京の歴史を語らせるという趣向は面白い。ただ歴史をすらーっとなぞるだけなので、大きな仕掛けのあることを期待すると肩透かし

でも久々に奥泉光の「奇想」と「話芸」のコンビネーションが楽しめました。昔「我輩は猫である殺人事件」や「鳥類学者のファンタジア」を読んでわくわくした頃のフィーリングがちょっと戻った感じはあります。

2014/08/04 07:30

投稿元:ブクログ

江戸の終わり、明治の始まりまで「わたし」を中心に物語が展開されるわけですが、「わたし」という1人称でこれだけの時代を見るのは難しい。その仕掛けが面白かったです。
読み終わって見ると、あ~なるほど。タイトルどおり。と、思いますね。古い時代は当然見たことがないからわかりませんが、現代の描写は実感できるものがありますし、全般を通して、「東京」を通した世相がよく露されていると思います。
「わたし」は、結局、「東京」なんだなあと最後に気づきました。これを読むと、なんだか現代が「壊れてきている」ような気もして、社会というものを考えさせられる本でした。

2014/09/29 15:54

投稿元:ブクログ

江戸時代から現代までのありとあらゆる「私」の自叙伝。けっこう飛ばし読みしちゃったけど、こんな小説読んだことなくて、何度でも出てくる「それが私です」に笑ってしまう。アースダイバーみたく建物や人を通り抜けて地面の奥の奥に、なんかその土地の衝動というか、まさになるようにしかならない大きい力の流れがあるような気持ちになった。

2015/08/01 11:27

投稿元:ブクログ

内容はまさにタイトルどおり。幕末から現在に至る日本があまたの無責任な欲望によって形成され、また滅びつつある様を戯画的に、漱石的な文体で飄々と描く。冷淡なユーモアで淡々と綴られるこの物語は、読み進めるほどに怖くなってくる。