サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 笑えるほどたちが悪い韓国の話 また「竹田恒泰チャンネル」を本にしてみた!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

笑えるほどたちが悪い韓国の話 また「竹田恒泰チャンネル」を本にしてみた!
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/03/20
  • 出版社: ビジネス社
  • サイズ:18cm/258p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8284-1744-8
  • 国内送料無料

紙の本

笑えるほどたちが悪い韓国の話 また「竹田恒泰チャンネル」を本にしてみた!

著者 竹田 恒泰 (著)

ウソで塗り固めるのが韓国流、民族まるごとモンスター・クレイマー、“理”よりも“情”の判決連発…。韓国の正体を論理的に暴きつつ、そのアホらしさを笑い飛ばす。ニコニコ動画『竹...

もっと見る

笑えるほどたちが悪い韓国の話 また「竹田恒泰チャンネル」を本にしてみた!

1,080(税込)

ポイント :10pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ウソで塗り固めるのが韓国流、民族まるごとモンスター・クレイマー、“理”よりも“情”の判決連発…。韓国の正体を論理的に暴きつつ、そのアホらしさを笑い飛ばす。ニコニコ動画『竹田恒泰チャンネル』をもとに書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

韓国というお国柄を痛快に理解できる一冊

2014/08/13 16:26

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぶっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

竹田さんの小気味の良い語り口調で、最後まで一気に読んでしまえる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

韓国はたちが悪すぎて、ホントは笑えない。読み物としては面白い。

2014/08/30 08:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ooparts2000 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ストレス発散「笑ってやろう」と手にしたが実際には笑えなかった。「たちが悪い」話ばかりで、結論は相手にしないということだった。ただし韓国の反日宣伝活動に対しては世界に向けて広報活動をして情報戦で勝つこととしている。確かにそうかもしれない。

  どうも読後の満足感が少し低いなぁと思っていたが、著者が韓国で住んでいたり働いているわけではなく、新聞やネットで情報収集し分析していることからくるのかもしれない。良く研究しているが、どこか「軽い」のだ。というか竹田さんの軽妙な語り口が本でも楽しめるところに価値がある。読み物としては面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

韓国よもっと成長せよ

2014/05/16 21:52

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふじやん - この投稿者のレビュー一覧を見る

韓国はかなり経済が発展しているが、国民のレベルは二流である。人が見ていないところでもまじめに生きるのが日本人の考えである。韓国人はルールを守らない、ばれなければ何でもやってしまう。かわいそうな国である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/05/11 10:16

投稿元:ブクログ

この手の韓国本は、最初歴史書として読んだ。浅学にしてしらないことが多々あったから。しかし、今、いろいろわかってしまった後は、韓国本はすでに「エンタテインメント」カテゴリーに入った感がある。こんなバカなことまでやっているのか…というような。その種の期待に応えてくれる本だと思う。

2014/09/16 05:55

投稿元:ブクログ

どうもここんとこ嫌韓系の本が多いような気がしますが・・・たまたまですwっていうかこの本と先の「嘘だらけの日韓近現代史」だけです。

タイトル通り、「笑えるほどたちの悪い」話の連続で・・・w内容に関してはほとんど「おっしゃる通り」と思いました。ただ・・・韓国にも洞察力の優れた人とか、賢い人はいっぱいいるはずなのに、国策がアホすぎて結局、そういった能力が伸ばせなくなっている韓国人がたくさんいるのではないかとつい、心配してしまいます。

「竹田さんって実は性格悪い?」と思いつつ読み進めましたが、最後にすくわれるひと言が書かれてありました。
「国を批判しても、人を批判してはならない」
韓国人を韓国人と言うだけで軽蔑したり、差別したりしてはいけない。どの国にもいろんな人はいるもんね。

2014/04/26 16:59

投稿元:ブクログ

漢字を発明したのは韓国人
中国四大発明の一つ活版技術を韓国の発明としてユネスコ登録2001年
イギリス人は韓国人の子孫
祇園祭は韓国起源

・韓国中央日報
東日本大震災は天罰
原爆は神の懲罰


韓国人ってすごい

2014/04/12 22:45

投稿元:ブクログ

嫌なものに過剰に反応したりすると、自分の中に怒りが生まれてしまう。無視・無反応のほうが自分のためにもいいのかもしれない。著者の提言は納得できるものであった。

2014/07/11 09:05

投稿元:ブクログ

로보트 태권V(브이)ww. ← 이것이 원본입니까? 이고 우리지날 ww. 바쿠 리(朴 李)ww 원래이『マジンガーZ』 .

2014/04/29 20:38

投稿元:ブクログ

韓国は日本にとってどうでもいい国!GDPは日本の5分の1で、韓国との付き合いがなくても別に困らない、というところが強烈に頭に残った。

テレビや新聞など、韓国が反日の何かをやらかすたびに大袈裟に取り上げるから、韓国と仲悪くなることは困ること、よくないことのように感じられるけど、全然そんなことない!ということがよく分かった。

2014/04/18 15:48

投稿元:ブクログ

著者の意見には納得できるし、面白い。
この本に紹介されてる韓国の話は、本当にアホらしくて笑えてしまう。
著者が言うように、近所だからと言って自分から積極的に付き合う必要はないのかもしれない。

2014/11/02 09:06

投稿元:ブクログ

あまりにも、韓国を馬鹿にした嫌韓本で、うーんどうやねん的な。
日本にも、高度成長期にはパクリ製造で輸出依存型国家だったんやから、今成長期国家だから、少々ワガママな言動は仕方ないでしょう。
まぁ、たくさんの事実を指摘したまぁまぁ面白いろかった本かな…
あんまり、誰かに勧めたいと思えんな。

2014/10/26 17:00

投稿元:ブクログ

政治・外交の事が苦手と言う方にも読みやすい一冊。他の国を理解するにも、読んでいて面白くも為になります。

2014/09/15 10:06

投稿元:ブクログ

竹田氏は物静かにみえて行動派。世界中を旅してきている。
だからこそ見える日本やアジア。しかし読むほどに韓国は危ない。

2014/05/31 21:43

投稿元:ブクログ

最近グンと増えた「韓国の実態はこれだ」的な本。
竹田先生独特のユーモアや毒舌がたっぷりでとても読みやすい。

この手の話題ではやっぱり外せないウリジナルやパクり列伝は勿論、韓国の国家としての実状が、関連する日中韓の新聞記事と共に紹介されている。
前作『面白いけど笑えない中国の話』同様、読み進めながら「うわぁ…」と思う様な記事が多いのだが、個人的には韓国の方が国家として「手遅れ感」が強く感じられた。

2014/07/04 01:27

投稿元:ブクログ

韓国を知るのに最高の入門書。
「百貨店が崩壊する」とか
「パラオに建設した橋が崩壊する」
などなど・・
日本ではあり得ない状況に笑ってしまう
・・・いや死傷者もでてるし本当に笑えない国だなと。
竹田先生らしい読みやすい本です。

外国の社会・文化 ランキング

外国の社会・文化のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む