サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

遺伝子の川(草思社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/02
  • 出版社: 草思社
  • レーベル: 草思社文庫
  • サイズ:16cm/235p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7942-2043-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

遺伝子の川 (草思社文庫)

著者 リチャード・ドーキンス (著),垂水 雄二 (訳)

自己複製を続けるDNAの川。その川の流れを遡ることは生命そのものを理解することである。またこれから、進化はどのような流れを辿るのか。徹底した論理思考で、ドーキンスが突然変...

もっと見る

遺伝子の川 (草思社文庫)

756(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

自己複製を続けるDNAの川。その川の流れを遡ることは生命そのものを理解することである。またこれから、進化はどのような流れを辿るのか。徹底した論理思考で、ドーキンスが突然変異と自然淘汰の真髄を語る。【「TRC MARC」の商品解説】

自己増殖を続ける DNA に導かれ、進化はどこへ向かうのか。遺伝子の川の流れをたどりながら、自然淘汰とダーウィン主義の真髄に徹底した論理思考で鋭くせまる。【商品解説】

著者紹介

リチャード・ドーキンス

略歴
1941年、英国生まれ。生物学者。C・シモニイによってオクスフォード大学に創設された科学啓蒙のための教授職の初代に任命され、活躍している。著書に、科学界のみならず思想界にも衝撃を与え世界的ベストセラーとなった『利己的な遺伝子』(紀伊國屋書店)、『ブラインド・ウォッチメイカー』(早川書房)など多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/09 23:04

投稿元:ブクログ

論理的でかつ分かりやすい文章。ドーキンス氏、科学者なのに並みの作家よりも名文家です。1995年の著作ですが、文章がいきいきとしているので、ちっとも古びていません。さらに、日本語のこなれ方が尋常じゃありません。読みやすさは垂水雄二氏の訳文に拠るところも大きいと思います。
J・Bテイラー「奇跡の脳」(新潮文庫)に引き続いて読んだため、なんだか自分のアイデンティティなんて無為なものだなぁ、と虚無感に襲われました。いや、決して空しいのではなく、清々しいような気分です。

2016/05/22 21:56

投稿元:ブクログ

難しいことを 分かりやすい比喩や 一言で表現している。遺伝子が 個体を器にして 何世代も 流れ渡るイメージで読んだ

神が存在するか否かについて、科学対宗教の様相を 少し見た。科学が一歩リードしている。今となっては、旧約聖書を読んでも、壮大なフィクションにしか思えない

自然淘汰は 効用最大化の結果である説は 面白い。次は ダーウィンの「種の起源」を読むつもり