サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 隠れ念仏と隠し念仏

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

隠れ念仏と隠し念仏(ちくま文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/08
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま文庫
  • サイズ:15cm/300p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-43172-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

隠れ念仏と隠し念仏 (ちくま文庫 隠された日本)

著者 五木 寛之 (著)

九州には弾圧に耐えて守り続けた「隠れ念仏」の歴史があり、東北には隠すことで結束した信仰「隠し念仏」がある。庶民の「こころの歴史」に焦点を当て、知られざる日本人の熱い信仰を...

もっと見る

隠れ念仏と隠し念仏 (ちくま文庫 隠された日本)

842(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

隠れ念仏と隠し念仏 ――隠された日本 九州・東北

756(税込)

隠れ念仏と隠し念仏 ――隠された日本 九州・東北

ポイント :7pt / 紙の本より86おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

九州には弾圧に耐えて守り続けた「隠れ念仏」の歴史があり、東北には隠すことで結束した信仰「隠し念仏」がある。庶民の「こころの歴史」に焦点を当て、知られざる日本人の熱い信仰を探る。「隠された日本」シリーズ第2弾。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/06/29 13:16

投稿元:ブクログ

個人的メモ。

少し前に読んだ「島田清次郎」に出てきていた暁烏敏がこの本では宮沢賢治に関係してほんのわずかだが書かれていた。

2014/06/14 00:25

投稿元:ブクログ

「隠された日本」シリーズ第2弾。
九州の地で一向宗弾圧の中密かに受け継がれていた隠れ念仏と、東北の地に根差した結果一向宗の本流からも異端視され、その存在を隠し続けた隠し念仏について取り上げている。
現代日本での宗教というとほぼ習俗と化したものか、胡散臭いカルト的なものがイメージとして浮かんでしまう。弾圧にさらされながらもその信仰を守り続け、受け継ぎ続けるというのはどんな気持ちなのか想像もつかない。私自身には明確な宗教心というものは無いが、古くから土地と生活に根差し、名もなき人々の精神的な支柱であり続ける信仰には厳粛な気持ちになるなにかを感じる。

ちくま文庫 ランキング

ちくま文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む