サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

図説世界を変えた50の哲学
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/25
  • 出版社: 原書房
  • サイズ:22cm/128p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-562-04993-6
  • 国内送料無料

紙の本

図説世界を変えた50の哲学 (シリーズ知の図書館)

著者 ジェレミー・スタンルーム (著),田口 未和 (訳)

倫理学からポストモダニズムまで、あらゆる思想を考察しよう! アリストテレス、ニーチェ、マルクス、フロイトなど、人類の2000年にわたる思想史上に現れた50の画期的な発見を...

もっと見る

図説世界を変えた50の哲学 (シリーズ知の図書館)

2,160(税込)

ポイント :20pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

倫理学からポストモダニズムまで、あらゆる思想を考察しよう! アリストテレス、ニーチェ、マルクス、フロイトなど、人類の2000年にわたる思想史上に現れた50の画期的な発見を、コンパクトにまとめて解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

哲学という言葉を広くとらえ、古代ギリシア・ローマ時代から現代までの、
厳密には社会学者や心理学者とみなされている人物も含めた偉大な思想家50人を取り上げている。【商品解説】

著者紹介

ジェレミー・スタンルーム

略歴
〈ジェレミー・スタンルーム〉イギリスの著名な哲学者、社会理論家、著述家。ジュリアン・バジーニと『フィロソファーズ・マガジン』を創設。ロンドン・スクール・オヴ・エコノミクスで政治社会学のPh.D.を取得。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/04/27 14:34

投稿元:ブクログ

ひとりの哲学者につき、解説とコラージュ写真(写真は若干ストレートすぎる印象も)からなる構成は、ふたつの視覚で哲学を捉えられて楽しい。でも、ひとりの哲学者も本によって印象変わるのは面白いなぁ。

2015/02/23 10:02

投稿元:ブクログ

http://catalog.lib.kagoshima-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB15475432

2014/04/05 22:28

投稿元:ブクログ

ジェレミー・スタンルームって、どんな人だろうと思ったら、共著ですが「30秒で学ぶ哲学思想 思考を呼び起こす50の哲学思想」(スタジオタッククリエイティブ)が出てました。

原書房のPR
「哲学という言葉を広くとらえ、古代ギリシア・ローマ時代から現代までの、厳密には社会学者や心理学者とみなされている人物も含めた偉大な思想家50人を取り上げている。
《シリーズ知の図書館》は、8つの主要テーマについて、それぞれ世界の主要人物50人を通して簡潔にわかりやすく解説した早わかりシリーズ。
計8冊刊行いたします。」
哲学・宗教の他は、心理学・医学・経済・科学・ビジネス・政治が予定されている。

2016/11/30 21:01

投稿元:ブクログ

最初に言い訳してるけど、それでも「なんでこの人が入っていないの?」と思うことが多い。
あとこれは著作者の問題か訳の問題か僕の読解力の問題かわからないけど、なんかよくわからない文章が多い。もうちょっと簡潔に書けたところがあるんじゃないかな。

最後に最大の問題。ぜ~んぜん「図説」じゃない!

哲学読みもの ランキング

哲学読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む