サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 早く正しく決める技術 決断に勇気はいらない!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

早く正しく決める技術 決断に勇気はいらない!
早く正しく決める技術 決断に勇気はいらない! 早く正しく決める技術 決断に勇気はいらない!
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/23
  • 出版社: 日本実業出版社
  • サイズ:19cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-534-05183-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

早く正しく決める技術 決断に勇気はいらない!

著者 出口 治明 (著)

「数字」「ファクト」「ロジック」を上手に使えば、物事は誰にでもシンプルに決められる! 余計なことに考えを邪魔されず、早く正しく物事を決めるために必要なルールを紹介する。【...

もっと見る

早く正しく決める技術 決断に勇気はいらない!

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

【期間限定価格】早く正しく決める技術

756(税込)

【期間限定価格】早く正しく決める技術

ポイント :7pt / 紙の本より756おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「数字」「ファクト」「ロジック」を上手に使えば、物事は誰にでもシンプルに決められる! 余計なことに考えを邪魔されず、早く正しく物事を決めるために必要なルールを紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

出口 治明

略歴
〈出口治明〉1948年三重県生まれ。京都大学法学部卒業。ライフネット生命保険株式会社代表取締役会長兼CEO。著書に「生命保険入門」「直球勝負の会社」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/26 08:14

投稿元:ブクログ

なぜ早く決断できないのか
余計なことが決断を鈍らせる

数字 ファクト ロジックできめる

決断できない人の共通の特徴は、時間も人も無限にあると錯覚してること

時間がなくてできないというひとは、ルールを決めておらず、たとえば、時間があいたらやろうと考えているからできない

決めるのがリーダーという人もいますが、ぼくはそうは思いません。リーダーは方向を示す人であって、なんでもかんでも決めるのがリーダーではない

部下が取ることが出来る範囲内で、部下に決めさせることが大切

直感で動くことが出来ない理由 人にどう思われるかといった、仕事に直接関係のないことを考えてしまうこと

行動して失敗したら、それはあなたが多数派であったという、ただそれだけのこと

フランスでは、カップルが喧嘩をしたら星を食べに行けといわれている 星付きのレストラン

2014/09/03 12:27

投稿元:ブクログ

ライフネット生命の会長兼CEOの著作ということで、同社のPRもかなり入っており、会社のマニフェストまで読ませてしまうが、アピールする勘所をとらえており嫌味には感じない。一方、テーマである「早く正しく決める技術」については、数字・ファクト・ロジックに基づく判断、本質とは関係のない余計なことを判断材料としないこと、身の丈に合ったリスクをとること、前提や常識を疑い素人発想も交えて岩盤まで掘り下げること、捨てる総量を決める、締め切り時間を区切る、幹となる計画をしっかりと練る、小さく生んでトライ&エラーで大きく育てる、上司は答えを出さない、直感も生かす、人生の3割の仕事を世界経営計画のサブシステムにつなげる、など、明快かつ有用な情報に、さくっ触れることができた。
14-129

2016/01/04 13:13

投稿元:ブクログ

「数字・ファクト・ロジックで決める」というのはシンプルでいい。

即実践できることも踏まえ、考え方を学ぶ上で名著だと思う。おすすめ。

2014/06/30 23:21

投稿元:ブクログ

基本的に、私は、ビジネス書の類でライターさんが書き起こした本はあまり好きではありません。

本書は、「はじめに」の1ページを読んだだけで、ライターさんが書いたものだとすぐわかりました。ちょっとガッカリしながらも、「うーん、それでも出口氏の哲学は尊敬に値するので、最後まで読んでみるか」という気持ちになり、結局読了しました。

すると驚きです。担当したライターさんが、編集後記として想いを綴っているではありませんか。しかも、納得の記述。その内容は、皆さんが手にとって読んで頂くとして、「ああー、やっぱり出口さんって、スゴイ方だな」とますます好きになりました。

出口さんのことはさておき、内容ですが、納得できることが随所にちりばめられています。とくに目からうろこが落ちるような記述ではありません。

でも、時々忘れてしまいがちなこと、目先のことに追われて見失ってしまいがちなことに対して、ハッとさせられ、軌道修正ができそうなアドバイスがちりばめられています。

「なぜ自分はそう考えたのか」を伝えることが大切だということを本書から改めて感じました。私は、話がくどいのですが、「くどくて結構! いいじゃない」と胸を張っていようと思いました。

2015/02/22 13:49

投稿元:ブクログ

どちらの方がベネフィットが高いかで決める。
その次にその提案をどうやって通すかを決める。
つまり、意思決定と提案を通すことの区別をしっかりとつける。

2016/09/08 17:52

投稿元:ブクログ

自身の決断にムダ時間が多いと感じているため、自分のスタイルを見直そうと読んだ本の一冊。意思決定する日を決める、決めるために最初に捨てる量を決めるなど、簡潔な言葉で決める技術を表現している本である。真面目気質だが新しいことに挑戦したくて思い悩む方に、特にオススメしたい。

2014/08/16 16:30

投稿元:ブクログ

どちらのほうがベネフィットが高いかを考える
話を切り出すタイミングが重要
数字、ファクト、ロジック
期限を決めて仕事を依頼
少数にするから精鋭になる
直感を信じる
直感を磨くには、旅、本、人
休めるときにはしっかり長期休暇をとる
仕事は人生のうちの3割

2015/06/21 00:46

投稿元:ブクログ

1.心構え
⚫︎仕事は人生の3割。たいしたことはないのだから、思いっきりやればいい
⚫︎ 小さく産んで、大きく育てる
⚫︎締切を設定する

2.計画
⚫︎最初がいい加減だとあとで時間がかかる。PDCAのCAができないのは、Pが足りないから

3.方向性
⚫︎数字・ファクト→ロジックから決める
⚫︎与件から整理、誰にでもわかるように表現する
⚫︎変数を増やす、そのためにたくさんインプットする
⚫︎変数は元データにあたる、時間軸と空間軸で意味を考える

4.具現化
⚫︎すぐにでも実行に移せそうだと感じさせるところまで具体化する

2014/12/10 05:50

投稿元:ブクログ

日常において、色々と選択して決める事が多いですが、場合によっては悩んで決めかねる事も。本著では、どのように決断するか、その選択となる物は何か。

タイトルにある「早く正しく」と言うのが、この内容からして当たっているのかは個々によるかと思いますが、一つの選択としてあるのかもしれません。

この手のハウツー本的なものは、書き手の経験に依るところが大きいので、読者は良いと感じれば真似てみる。そんな感じでしょう。

2014/12/28 07:30

投稿元:ブクログ

ライフネット生命創業者の出口さんの著書。
図書館で予約したのは数ヶ月前だったのでどういうモチベーションでこの本を読もうと思ったかは忘れたけど、
「聴衆が10人以上いれば全国どこへでも手弁当で講演しにいきます」とTwitterで呼び掛け実際年200回以上講演しているという、60歳を超えた生命保険会社社長というイメージとかけ離れたところが気になってのことだったような。

・ビジネスの判断は何事も「数字・ファクト(事実)・ロジック(論理)」で考える。上司をどう説得するかはそれから考えること。
・インプットは人・旅・本から。

2014/05/03 03:10

投稿元:ブクログ

テンポよく一気に読める。目新しい内容ばかりではないが、例え話を交えて、わかりやすく展開されている。時間と空間、変数を増やす、岩盤まで掘り下げる、多様性など。同じことをしては勝てないには改めて共感。著者のスピード感と実行力はすごい。講演会の話には驚いた。

2014/11/18 22:06

投稿元:ブクログ

【仕事】早く正しく決める技術/出口治明/20141117(86/260)
◆きっかけ
・日経広告?優柔不断な当方としてはタイトルに惹かれた。

◆感想
・長年日本のセイホを勤めた後に生保ベンチャーを立ち上げた、かつ読書家の著者から学べるものは多く、説得力がある。
・決めること、と提案を通すことは別のゲームというのは納得。分けて考えることが重要。
・早く決断する要は、数字、ファクト、ロジックの三点セット。その上でどちらがベネフィットが高いかで決めるのが原則。しがらみは決断を遅らせる根源。どう提案を通すかの方にもってく?
・7割の成功確率で動く、あとは動きながら考える。トライ&エラー

◆引用
・決めること、と提案を通すことは別のゲーム
・提案を通す、話を切り出すタイミング=①上司が自分の提案に類似するテーマの話を始めた、②上司の仕事がひと段落して余裕がある、③上司が機嫌いい。
・リスクは恐れるなといってもそれは自分の体力に見合ったリスクの話。
・数字、ファクト、ロジックで決める。どちらがベネフィットが高いかで決めるのが原則。考えなくてよい余計なことが決断を遅くさせる。=上司の顔色、社内政治、自分の経験の有無、過去の成功体験、仕事の哲学等々
・数字:タテ(時系列推移)、よこ(地域別)で見る。元データにあたる。
・ロジック:どちらがより多くの変数を持っているか。
・ロジック:幹と枝葉に分ける。
・決めるために、最初に捨てる総量を決める。
・7割いけると思ったら動く
・迷ったら直感で決める。
・大量のインプットで直感の精度が上がる。=旅、本、人。
・愚痴を言う、人を羨む、人に褒めてほしいと思う、人生を無駄に過ごす3要素。
・失敗すれば多数派。エジソン流に言うなら、うまくいかない方法を発見しただけのこと。
・結論を知ろうとするのではなく、思考のプロセスを知る。なぜそう決めたか?
・世界経営計画のサブシステム:この世界をどのようなものとして理解し、どこを変えたいと思い、自分はその中でどの部分を担うのか。

2014/08/31 17:17

投稿元:ブクログ

意思決定について分かりやすく、実践的に書かれており、スッと読めるが読後の満足感も得られる。また、出口氏の経験や人柄も知ることができて、そこも面白いところです。

人生訓(ビジネスマン) ランキング

人生訓(ビジネスマン)のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む