サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 浦島太郎の知られざる顔 解き明かされた記・紀の世界

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

浦島太郎の知られざる顔 解き明かされた記・紀の世界
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/10
  • 出版社: ミネルヴァ書房
  • サイズ:20cm/238,4p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-623-07008-4
  • 国内送料無料

紙の本

浦島太郎の知られざる顔 解き明かされた記・紀の世界 (シリーズ〈古代史の探求〉)

著者 桐山 士朗 (著)

昔話でおなじみの浦島太郎。彼は実在の人物だったのか? はたまた何者なのか? 古事記、日本書紀をはじめとした史料を読み解き、また浦島伝説のルーツを丹念にたどることで浦島太郎...

もっと見る

浦島太郎の知られざる顔 解き明かされた記・紀の世界 (シリーズ〈古代史の探求〉)

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

昔話でおなじみの浦島太郎。彼は実在の人物だったのか? はたまた何者なのか? 古事記、日本書紀をはじめとした史料を読み解き、また浦島伝説のルーツを丹念にたどることで浦島太郎とその一族の真相に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • はじめに
  •  第Ⅰ部 ミステリーとその解除の手法
  • 第1章 「淡路洲」と「蛭子」の秘密
  •     ――記・紀の誕生と編集方針の謎
  • 第2章 海幸彦・山幸彦の秘密
  •     ――蛭子設定の舞台装置
  • 第3章 葦原中国平定の秘密
  •     ――武日照命・大国主・浦島の謀反
  • 第4章 出雲の惨劇の秘密

著者紹介

桐山 士朗

略歴
〈桐山士朗〉1944年岐阜県生まれ。法政大学社会学部卒業。NPO法人歯科医療情報推進機構理事。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価2.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/04/17 10:06

投稿元:ブクログ

記紀を併せて読む、そして、その編集方針に目を向けて、記紀の中にある訂正文書を読み解いていく…
という感じなのですが、その方法論は面白いなと思い読み進めたけれど、
どうにも、なぜそうなる?という疑問が出て、最終的において行かれた。
このように考えます、誰々と誰々を同一と考えます、等々、こうなのでこう、といわれても、そうなる根拠がよく分からないことが多く、うーん…という感じ。
入り口は面白いです。

2014/08/20 12:24

投稿元:ブクログ

北海道内某私立大学で教鞭をとっておられるH先生が長く浦島研究をされており、ご交誼いただく中でその竜宮城のように深い世界を楽しく教えていただいております。

ということで、手に取ってみたい本

2014/12/26 11:12

投稿元:ブクログ

古代史らしい(?)ミステリーと洞察に飛んだ興味深い本でした。内容の妥当性は正直よく分からないですが... 桃太郎、かくや姫と次回作も予定にあるようですので、期待しております。

2014/07/24 10:21

投稿元:ブクログ

昔話でおなじみの浦島太郎。彼は実在の人物だったのか。また何者なのか。本書は、古事記、日本書紀をはじめとした史料を読み解き、また浦島伝説のルーツを丹念にたどることで浦島太郎とその一族の真相、さらに卑弥呼やその宗女、壹興らとの関係をもあぶり出す。

日本の神話・伝説・民話 ランキング

日本の神話・伝説・民話のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む